2018/06/19

フリーエネルギーの実験はこれでしばらくお休み

フリーエネルギーのプロジェクトを中断しないといけない事態になった。
どうも、最近、CMOSオペアンプがよく壊れる。どうしてだろうか。
今日も、回路が朝と同じ動作をしない。
調べるとデュアルオペアンプの片方のマイナス入力がVDDとダイオードでつながっている。
おかしい。
おかしくないもう片方のオペアンプを使っても、コイルがピューピューいうし、明らかに電気を食っている。
いろいろな部品を調べたら、セラミックコンデンサの容量を測定したあとに回路が治ったので、
どうも何者かにセラミックコンデンサに異常な電荷をチャージされ、オペアンプのマイナス入力端子を壊し、
その後も誘電ヒステリシスによって特性がおかしくなっていたようだ。
容量を測定することでエレクトレットのようなおかしな電荷のチャージはなくなった。

そして私の背景にあるものを探ると、これは実は決して、陰謀とか集団ストーカーではない。察しがついている。
知識があればコンデンサーをかなりの電圧に充電することなど全く簡単なことなのだ。
そして私には陰謀や集団ストーカーなどではなく、敵が存在するのだ。そこもまたピラミッドパワーの研究をやっている。
もうこれ以上フリーエネルギーの研究ができる環境などではない。

とにかくこの回路を試してほしい。実は左半分はこんなに単純なのに、MPPTとしても使えるはずだ。
これはコンデンサーが直前のサイクルの電圧を覚えているからできる。
15kΩは金属被膜や集合抵抗をおすすめします。
インダクタは東北金属(今はNEC/TOKIN)のSN400の巻線を解いて半分づつにしてバイファイラにしたものだ。
とりあえずこれで電池の電圧が上がるかもしれない。回路をシミュレーターにかけたところで何もないはずだ。
今までの実験のとおり、電池はある程度熱エネルギーを変換して電気を出すので、それを戻すだけだ。
検証はまだ完全ではない。いざというときに使えることを祈る。
この回路がラスト?
・・・・・・・・
オシロスコープで波形の反応がなかった。この回路もだめで、このじめじめ温度で電池が勝手に復活するほうがマシということかな。
ただ、上手く行ったときは 半固定抵抗でオペアンプの2つの入力の電圧をきっちり揃えていたような・・・
半固定抵抗を使いもう少しだけ実験を進めたが、やはりフリーエネルギーではない。しかし発振の仕方が特徴的で、やはりMPPTの効果があると思われる。
リニアテクノロジーなどがすごい専用ICを用意して作ってきたMPPT制御が簡単にできるとすれば 一大事だ。

悔しいが、なんかだめだ。
そして、フリーエネルギーで悩み抜いてきた私としては、THRIVEやSIRIUSやヘラトリトピックスをみて、いくら高尚な目的とか心の中で言い訳しても、やはりフリーエネルギーの研究はほぼ人間の我欲だ。気がついたら我欲だ、自分たち人間のためだけのものだ、
やっていて科学の研究の雰囲気じゃないなとは感じていた。マジだ。すぐ前の記事も見てください
フリーエネルギーとかに関する問題は 頑張らない 解決法が良さそうだ。
スポンサーサイト
2018/06/18

未来に向けて「機械を作らない」考え方

科学技術によって、人間は、いろいろな困難を切り抜けてきました。
かつて自然界はときに人間を襲い、畏れ多いものであり、神に祈りを捧げ、お祭りもイベントではなく儀式だったのです。

科学技術によって自然界の脅威から人間は自分たちを守ることができるようになりました。
自然界から、エネルギーを集め、豪勢な暮らしができるようになりました。

今、エネルギーの不足の問題、それに、技術の進歩でより危ないことができる今、
振り返って我々は幸せだろうか。

インターネットがなくても、人間には予感があり、潜在意識でつながることができました。
いまコンピューターやネットは人間の能力をそいでいるところもあります。

今緊急の課題として、エネルギーの不足が叫ばれています。
新たにエネルギーを用意するのは、とても大変なことになりつつあるのです。

翻って、過去から様々な人間の発明があり、機械を作り、それにエネルギーを与えることで、自分たちを楽にしてきました。
機械はますます複雑に、小さく、速く、強くなってゆきました。そしてそうした機械はよく売れました。

しかし、未だに石油に変わるエネルギーを供給するのに、どの国も不安を抱いており、日本では原子力を捨てられません。

機械の設計はとても複雑になっています。日本がバブルの頃はビデオデッキでも一人が仕組みを覚えることができたそうですが、
今の機械は部品そのものが多機能であり、人とのやり取りで設計するようになりました。
日本の産業界だけでなく、世界の産業界が、脳や心の限界に突き当たるかもしれないのです。

いま身の回りは機械だらけです。なんでも機械を作って解決、機械の中でエネルギーをどんどん使って解決、
人間がどうしてもやりたいことの一つです。
そんなシステムの設計がいつまでもできるとは思えません。人間だけの地球でもないし。

時代に逆行するようですが、単純で、エネルギーを使わない、人力でさえも動く、そうしたシンプルな解決の仕方も重要になってきているのです。
社会全体が、ハイテク機械がほしいという我欲から離れ、苦労を誰かや自然に押し付けずに自分で幸せになる必要があるのです。
多分そうした丁度良い機械や必ずしも科学に頼らない仕組みを設計できるのは日本人だと思われます。逆に 必要以上の機械を日本人に作る力がない。
最近、CASIOの樫尾4兄弟の3人目、和雄さんがなくなってしまいましたが、CASIOって中毒にもならずなんかこれがあれば生きて行けるようなほんわかしたのばかりつくっているでしょ?

科学技術力はむやみに追い求めるのではなく 必要に応じて作られるべきなのです。現実的に兵器システムだけはしつこく追い求められるでしょうが。

これからは物事を解決したいならより単純なやり方を選ぶほうがいいでしょうが ただ自分ですら、いつもそれができるとは思えません。
2018/06/15

シガロフ効果

最近、ロシアの検索エンジンである、yandexからのクローラーが多くなってきた。.ruからのアクセスも増えた。
ロシアといえばフリーエネルギーの研究がもう少し開かれている国だ。もう一度あれを見ようか。

本邦初公開のシガロフ効果について

アンペールの法則とか、フレミングの法則はみんな知っていると思いますが、
もし、電磁石巻線の隣が電磁石だったら?
むしろ同じ巻線で磁石と巻線をやってしまったら?

最近、U字に電線を曲げると温度差が出ると、日本で観測された

skif.bizをGoogle先生に翻訳してもらうと、驚愕の理論が乗っていた。
電線をくの字に曲げるだけで、そこに力学的エネルギーが生じる。
\ →
/ →
船に乗せてまさに矢印のように前に進むという。直流、交流、関係ない。
必要なのは電流だけ。
同じようにU字に曲げてヘロンの蒸気タービンみたいにすれば、回るのだそうだ。


sigalov.png



これが可能な理由はどうもファラデーが腑に落ちなかったアンペールの法則の間違いから来ているらしい。
今なお160年も見捨てられたままの現象を1950年ごろにシガロフ博士が拾い出した。周りからは変態と思われたそうだ

更に驚くのは鉄のレールとの相互作用で 上がN 下がSの金属磁石を鉄道車両に乗せ左右の端をレールと電気接触させると(しかも、どうも車輪ではない、モーターブラシらしい)走り出すと書いてある。
もうおそロシアはよくわからん! ビクビクしている。こんなのが本当だったら我々のモーターは何だったのか?もういやだ

skif.bizは他にも多数の異端発明が載っており、第三帝国の秘密兵器の噂も少し載っている。チベットの山=巨大ピラミッドの話もあり、世界のピラミッドは線で結べることもわかっている。
破壊なく我々の文明を続けるために、何ができるのだろうか。逆に、何をやってはいけないのだろうか(この記事もビクビクしながら書いている)
2018/06/12

CSS25EU3BK6GでSMARTを表示できるようにする

Century シンプルBOX2.5 USB3.0+SATA6G USBハードディスクケース CSS25EU3BK6Gの
ファームウェアを書き換えることで、SMART情報を表示できるようにできて、運が良ければUSBブートができるようになります。
この装置にはJmicron製のJMS561というチップが使われているようです。
他社も同じチップを使っており、cloudshell2という製品で同じ苦情が来ているので、jmicronがファームウェアの書き換えソフトをリークしました。
私もうまいこと完全に成功できなかったため、手順は詳しくは話せません。ウィルス感染なども含め、完全に自己責任です。このページを理解できない人は何もしないでそのまま使うことをおすすめします。コメント欄に報告を待っています。
なお中の基板によって違うチップが乗っている可能性もあるので、念の為には蓋を開けると出てくる金属の爪をこじ開けて基板を見る必要があります。
なおJMS561は本当はRAIDのチップだそうです。

https://wiki.odroid.com/accessory/add-on_boards/xu4_cloudshell2/firmware_upgrade ODROID WIKI

の、手順を参考にします。
JMMassProd2_v1_16_14_34.zipをダウンロードして展開します。
展開したフォルダーにjsm561_fws.zipも展開します。ファームウェアのバイナリが展開されました。

JMMassProd2_v1_16_14_1.exeを管理者権限で起動しましょう。

RD Versionにチェックを入れ、jmicronとパスワードを入れます。
もし中古パソコンでユーザー名がUSERならたぶん飛ばすことができます。

私は手違いでこいつのファームウェアを更新できたはいいものの
Jmicronが用意したINIファイルを書き換えて更新したため
Jmicron製のUSBハードディスクの情報になってしまい
シリアルナンバーも別になってしまいましたが(これって商用ソフトとかで都合が悪いのね)

おそらく Save INIで.iniファイルに製品の情報を書き出し、その.iniファイルのファームウェア指定をさっきダウンロードしたファームウェアのファイルパスに書き換えて(2つ項目があります)、Load INI して、Startを押すことになると思われます。

ファームウェアは最新が強く推奨されており、現時点でv158.001.000.004が最新です。
できれば再起動もかけてください。
Linuxでsmartmontoolsを使うときは、オープンソース界隈のハードウェアデータベースに登録されていないために、使える機能を指定する必要があります。

smartctl -d sat -a /dev/あなたのJMS561搭載外付けHDDのデバイスファイル

でSMARTが閲覧できるようになります。
UASPも有効にできるみたいですが、古いWindowsやLinuxで障害が出ることがあります。これはOSの問題であり、UASP無効のファームウェアもあります。なお相変わらずTRIMは使えないようです。
USB3.0でのUSBブートが使えるようになるかもしれないですが、端子の不良なんかでだめになってしまうこともあります。
2018/06/10

二重巻きで巻き数が違うコイル

近年たまに引っかかっていた現象があるんだ。

トランスのタップ、0Vのと違う電圧のタップがいくつかあるんだけれど、
0V端子から複数のタップを接続して電流を与えると、どうもインダクタンスは0みたいなんだ。
また、二重巻きコイルの片方の巻線を少なくしてもう一回並列に接続しても、やはりインダクタンスは0みたいなんだ。
この両方で、打ち消し巻きではない。
Update:静電磁界の実験:少なくとも巻線の電気抵抗が極めて少ないとき、ともに磁気が出る。電磁石になる。
Update:動電磁界の実験が完了。トランスの巻線としては、入力、出力、ともにまるで使えないことがわかった。
とりあえず、このコイルがあれば、あらゆるモーターは遥かに低い電圧で動くかもしれない。
動(dynamic)電磁気と静(static)電磁気の明確な定義はとても難しいみたいだ。
都合よく解釈すれば
そう、これらのインダクタンスのないコイルを使えば、モーターの回転を制限するものは、巻線の電気抵抗だけになり、いつでも最大トルクで、軸受の許す限り超高速回転してくれるはず。
海外のミニ四駆を遥かに超える超高速なミニカー、フェンスカーやスロットカーで使われている可能性もある。
これで電気自動車も更にやっちゃえ。
これもまた実験したい。
新しい時代だね。

RE280の65ターンコイルを8ターンだけショートコイルにしてみる。
結果、すっと起動してすっと止まる、回転数の低くてトルクの太い、無負荷電流も多い、サーボモーターのような特性になった。
残念ながらSelf Runningはならず。これは昔コアレスモーターが出る前に使われていた、電気を通す鉄の塊を芯にした電機子のサーボモーターに似ている。
というわけで dynamic電磁気がいくらかモーターに働くことがわかった。今度は非対称二重巻きコイルと行きたい。

RE280のコイルをもう一度考え直す。三極モーターは右と左でコイルの数が違うが、
片方が一つのコイル、もう片方が直列で2つのコイルで、磁束数が巻数と電流に比例するので、結局磁束数は同じであり、
こういった場合にコイルのインダクタンスは0にはならない。0にするには同じ電流で違う巻数が望ましい。
解析的に解いた(電卓を叩く)結果 先程の実験で1ターンなくなった64ターンのコイルを 内側38ターン 外側26ターンで分けて、並列につないだほうが良さそうだ。
結果わずか0.4Vで回転を始める素晴らしいモーターになった。まるでソーラーモーターだ おそらく速度起電力がないために完全に抵抗負荷になっているはずだ
安定化電源で1.25Vを印加すると無負荷で0.6Aも流れる。このとき回転を止めると、4.7A流れる。
逆に定電流源で0.9A位を流すとちょうど良さそうだ。
低い電圧を出せる電源システムも用意したい。

Update:先日言ったよね。そう、無負荷電流と回転を止めた電流がだいぶ違う。ということは相変わらず速度起電力が存在するということ。
ということで、村田製作所の特別なインバーター(切手サイズで出力がなんと6Aも用意できる。0.6V出力でも1A出すときは80%を超える効率)
でもうまく動かせなくて、結局、
未改造のRE280とのペアで、電動発電機でセルフチャージというのは、大失敗だった。
なにしろインバーターのほうが意外とギブアップする。機械接点のある直流モーターを安定して駆動できない。
世の中に出ている電動発電機でセルフチャージの動画は、どれだけ本物があるのだろうか。
むしろ日本人がそういった動画をほとんどアップしていないことに、真実があるはずだ。


[LICENSE]この技術は公知の技術となります。いやまじで公知にしないと何されるかわからない。