2018/07/15

Overunity Chargerの検証

フリーエネルギー技術開発の特徴と種々相 という有名なサイトに14 改良型ジュールシーフ回路によるジョニー・アウムなどの発電器
というのがあります。この人、ジョニー・アウム氏は他にもこのような回路を作っている
Overunity Charger - johnnyaum3 - YouTube
この回路、どうも完全にフリーライセンスではない。これはSteven-Johnsさんの8x Overunity回路の真似が入っていますね。
で、オシロスコープ波形を見ても、これが戻り電流が増えているとは思えない。
じゃあ何をするのか。私の実験で一般的な、1:1のトランスの一次巻線にFETでパルスを加え、二次でダイオード一本で電気を戻し、
デューティ可変を使う、意味のないインバーターと
この人のアイデア、すでに満充電されている電池と、空の電池を並列につなぐアイデアをやってみます。さらに意味のないインバーターと並列にします。

電池は満充電済みがパナループ 2000mAh 充電されるのが一回目は三洋2100 二回目はVOLCANO 単三3本づつ直列
トランスはフェライトコアTDK ZCAT1518-0370で10ターンで100μH パルスは25kHz程度 デューティは電圧が落ちないように調整して結局15%ぐらいでしょう

最初、満充電直後のパナループは4.2V
一回目、2組の電池は4.1Vで落ち着いた
二回目、2組の電池は4.0Vで落ち着いた

・・・あれ?そうです。どうもパナループが容量を半分以下まで使い切っているとは到底思えないのね。
これはCOP=500%以上はあるかもしれない。じゃあインバーターには意味があったのか?
それに感触としては急速充電器並みに早いですね。
とにかくジョニー・アウム先生にはなにかしてあげたいです。

・・・と思ったら、充電した電池を負荷に適用するとすぐに電池がなくなった。
どうも、同じ電圧でも、充電してそうなった電圧と、放電してそうなった電圧というのは、だいぶ意味が違うみたいで何より。
まだ諦めない。
スポンサーサイト
2018/07/15

ソニータイマーの噂と真相

ソニータイマーというのは
ソニーの製品が保証期間がすぎると直ちに壊れることが多いために
タイマーが仕掛けられていて、自己破壊するという都市伝説なんですが、
ちょっと真相がつかめました。
冗談だと思ってください。

ソニータイマーはかつてのスラッシュドット・ジャパンで ソニーの品質が一定であるというほめことばだと思っていたという書き込みや
ちょっと頑丈に作ったほうがコストが安いという書き込みもありました。

話をぶった切るようで済まないが、量子もつれあいの話をしましょう。
どんなに離れていても全く同じふるまいを同時にする量子もつれあいは マクロな領域でも起こり、
人間の一卵性双生児でも起こるという話があります。たしかどちらかの今考えていることがある程度わかるという話だったはずです。

・・・つまり、ソニーの製品は徹底的に品質管理されていて、双子どころか全く同じものがいくつもある
そのうちの一つが壊れると、量子もつれにより同時にみんな壊れる

・・・そう、徹底的な品質管理が逆効果なのです。だから中華に先を越される。あ、だからあくまでこれも冗談ですよ。
2018/07/11

鉛蓄電池の復活に「マブチモーター」?

鉛蓄電池の復活法はいろいろあるものですが、
電子回路を作るのが面倒ですね
私も今日 失敗しました。
しかし、やることはひとつで、電池から電気を出して入れるだけなのです。

直流モーターも何もつないでないで動かすと、電気が少しだけ流れているようでいて、電気を出し入れします。
またカーボンブラシのノイズが適当なパルスを発生させてくれます。
どうせ微弱なパルスです。

最適なモーターとして、Canonのインクジェットプリンターの一番でかいモーターを採用してみます。
Canonの特注のようですが、どうも、マブチモーターのマークが書いてあります。
これは大きさととても多い極数の割に、何もつないでないで動かすと僅かな電流しか消費しません。定格電圧はおそらく30Vでしょう。
それに静かです。棚にしまうと冷蔵庫ぐらいの音です。
これに仮接続の安全のために、0.5Aのヒューズもつけます。

果たして、独立太陽光で使っている電池 LONG WP1236Wは復活するのでしょうか?
このページの更新はしばらく待ちそうです。
2018/07/09

ブックオフ・ハードオフはなんのためにあったのか

最近、ブックオフが低迷しています。
また、ハードオフも5chのスレッドがもう伸びなくて、静かになっています。
あの頃の喜びはどこへ行ったのでしょうか。

鳴り物入りで強烈な勢いで増えたブックオフとハードオフ
とにかく中古本が安くて、気軽になった。
ハードオフはジャンクコーナーも充実した。故障を直して使ったり何かの部品を取り出すのに都合が良かった。

でも変わったのはインターネットの出現です。
これによって、これらの商品を転売するせどりが非常に多くなった。
そしたらブックオフは何をやりだしたか
あるとき、朝日新聞社にしては非常に優秀な本である、「心のプリズム」の最初のバージョンが
棚の下の方においてあり、下の方だから どうも 安く売られているようです。
その後新刊で出回った新装「心のプリズム」は、インターネットで マスコミ自身に都合の悪い言葉がいくつかなくなっていると指摘がありました。
またあるとき、魔法使いの読みそうな本がまた下の方においてありました。あとでオカルトブログで、絶版で非常に高値で売られている大事な本だということがわかりました。
これらは全部せどりされたでしょう。
そして、こういった貴重本は、ついにインターネットオークションだけで取引されるようになった模様です。

ハードオフもつまらなくなりました。
面白そうな機械は あるときは、異常に安く価値のないみたいに売られ、あるときは、すごい高値で、間がありません。
ハードオフで売るとか、買うことは、双方に利益が相当に少なく、インターネットオークションだけで取引されるようになりました。

これからの時代、もはや中古屋で偶然価値のあるものを見つけ出せたという出会いはもうなく、
はじめからその存在を知っている人だけが素晴らしいものを買うようになるのです。
知っているだけでなく、非常に高いお金を出さないと実際には買えません。
知らないことはこれからの時代、損です。たまには賢い人が打ちそうなキーワードで検索して、背伸びしないと、
もはや生き延びることさえできないかもしれません。
だが、違法ダウンロードでも何でもなく、一番重要な情報は無料で広められていることも重要な知識です。
たとえばオカルトでは基本的な情報としてシルバーバーチと魂の法則(ブックオフで500円だったがワタシ的には低すぎる)
が無料で公開されています。
Wikipediaは理系の知識はわりかし正確だし、パソコンならタイピング練習は無料サイトで可能で、
このように遊びではなく んなんと 勉強は 無料で始めることができ、そのうち買うべき本や機械がわかるようになります。
また違法ダウンロードでも何でもなくそこそこの品質のゲームがオープンソースでダウンロードできます
例えばSpeed-Dreamsがレースゲームとして基本的なものです。が、英語だけ対応も多いので、勉強が必要です。
このゲームには背景があって、前身のTORCSが自動車メーカーで自動運転の技術構築に使われていて、同じように自動運転プログラムを走らせることが可能なのだそうです。
実はLinuxもIT企業の寄付が大きく、フリーライドしているのはPC-Linuxユーザーなのです(が将来ハッカーになるかも)。
2018/07/08

災害に備えて太陽電池を用意する!

いま個人で手に入る最大のフリーエネルギー「太陽電池」で災害に備えよう

いざというときにモバイルバッテリーの太陽電池は全く役に立たない。満充電まで15〜40時間がかかる
40cm程度の太陽電池パネルなら窓際にかけても晴れていれば一日1回のスマホとタブレットのチャージが可能

まず、独立太陽光発電 で検索して、 必要なものを買おう。
災害が近い もしくは 来ていると、非常に高い値段になるはず
今のうちに中華太陽電池でもそれなりの品質のものを買おう

太陽電池を取り付ける場所がない場合、窓に立てかけておくが、
出力は明らかに下がるので、特別な知識が必要
2014/09/09 太陽電池を使いたいが、屋根や壁につけたくない 窓越しにしたい

スマホは 基地局が3日分のエネルギーを蓄えているので、その間に災害掲示板が使える 逆に通常のアクセスは無理
今のうちに大事なデータをクラウドからダウンロードしよう

その他、いろいろな災害対策を自分で考えること、完全に専門家を当てにするのはだめだ
EMP対策も必要かもしれない

なお 太陽電池一式を用意したら、いつもの暮らしでもたまに使ってなれておこう

すでに災害に遭われた方々は、なるべくテクノロジーに依存しない生活を考えてください
多分お金すらなくとも農家などと物々交換が可能ですし、生き延びるだけなら人間なんとかなります
職場には無理をして出勤をしない運動が流行っています。いまこそブラック上司から開放されるときです
悪しき個人主義をみんなでやめるならこんな時しかありません みんなで抜け出すべきです