FC2ブログ
2018/10/17

もう一つのフリーエネルギー「無動力」の世界

ここに上げた動画にあるものはほとんどニュートン力学で可能なもので、動力がいらない。
身の回りにフリーエネルギーを実現できる、それこそ、当たり前のニュートン力学だったのだ。


これぞ一部でかなり有名な、動力無しで川をのぼる船の模型だ。動力は川の流れそのものだ。


aLQという機械でもない、単なるバネが、足を前に出すのを助けてくれるので、20%楽に山を歩ける
また福祉施設で使うことも治験されているが、すべての歩行弱者が使って足を傷めないような信頼性は まだないそうだ。チャレンジャーのG3は自己責任でどうぞ
このような道具は複数の会社から出ている
無動力・2万5000円のアシストスーツを試す!…国際物流総合展2018 carview


自動ドアには電気もモーターやセンサーも全く必要なかったのだ。つまり前に立っている人の体重だけでよかったのだ!
ただし欠点があり、子供一人の体重ではドアをうまく開けられない。教育上、ドアを開けることを覚えるほうがいいのかもしれない。


これはワークの重さで目的の場所へ行って、戻ってくる台車
なかは歯車ぜんまい仕掛け 工場で大いに使えるし、信頼性も高い

自動ドアができるのなら、人の体重でワークを上昇させることもできる。特にトヨタとその下請け工場で、「からくり」というコードネームで呼ばれる無電源機構や無電源装置がたくさん稼動している。
おそらくその全貌は頑なに企業秘密であろうが、
部品を3個だけ手に渡すとか、次の工程に部品を持っていく、取り替えやゴミ捨てなど、くだらないことはすべて無電源でできそうだ。
カイゼンの次はからくりで決定である。もはや製造業でからくりを知らない人はもぐりらしい。


水撃ポンプという機械が昔あった。重力で下がってきた水の勢いで、その10%程の水を2倍の高さまで上げることができる、
が、中国や台湾では更に改良されて、小型で効率もさらに上がっているようだ。結構実用されているかもしれない。


日本ではついに高潮の水で上昇する防潮扉が発明された。電気は避難メッセージをいうだけに使い、勝手に高潮で閉まる。
無動力かつ人的操作が不要な陸上設置型フラップゲートの実用化


これは工場で金属プレス(女性ならクッキーの型抜きがわかりやすい)のくずをプレス機のおすちからで別の場所へ運ぶ機械
こんなくだらないことで、電気でコンプレッサーを動かして、空気の音がうるさかったのだそうだ。

無動力、しかも省エネで工場空間をクリーン化する方法があります。
自然に空気の当たりやすい壁を探して、このフィルターを取り付けると、空気がろ過される。扇風機がいらない。そんなこともできるのか?

ゲルマラジオというのが電子回路の入門でよく使われる回路だ。何しろAMラジオ電波だけが電源なのだ。
もはやいろいろなサイトで実験されており、リンクを貼ることはない。
実験的なものであり、普通は聞こえても僅かな音量なのだが、都心を始め、AM送信アンテナの近く数kmに限って、
相当な数のゲルマラジオが存在すると考えられる。
これらの強電界エリアでは、エアコンのアース線につないだり、大型の同調コイルを用いる、無電源なのにトランジスタ搭載などで、スピーカーを鳴らすことだって不可能ではない。
未だに研究中の技術であり、とんでもないものが出てくるかもしれない。

最後に:これは議論を呼びそうだ。バネでワークの重さを打ち消し、適当な高さまで楽に上昇させられる。
この準備として、ワークの重さでめいいっぱいバネを圧縮する必要がある。これは本当なのだろうか。
スポンサーサイト
2018/10/12

燃料、もしくはフリーエネルギーの不都合な真実

近くになくなるであろう、Yahoo!ジオシティーズのホームページを手元に保管する計画をやっています。
その途中で、非常に気になるページを発見した
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/1599/199908a.html
オカルト系の音楽家による、おそらく秘密結社に近い側からの1999年の重大な警告が発せられています。

いわく、フリーエネルギーは発見者のもとでないとうまく使えない、
それは使う人、人間自身が神の力の現れでないとフリーエネルギーは与えられず、
チャクラやオーガズムとおなじで乱用すると身を滅ぼすということです。
このような「奇跡」は神のもとでないとおこらない、さらにどのスピリチュアル系からも聞いたことのない大天使の話があります。
我々にとってかなり不都合なことですが、この啓示は何を意味するのでしょうか。これは本当なのでしょうか。

一方 最近はSCP財団のサイトを読んで、適正な科学技術の概念を探っているのですが、
フィクション集だと言われながら、悪魔工学という記述が気になります。
悪魔とはマクスウェルの悪魔でもあり、適切な使い方をせずに乱用すると、やはり精神が錯乱して身を滅ぼすのです。
そして悪魔工学とは 突き詰めれば電子工学そのものだということも明らかになっています。
コンピュータを始めとするエレクトロニクスは、歯車のような自然法則のままに動く機械と違い使役される存在であり、
人間の意図通りに動くようにできるし、みんなそうしているわけです。つまり使い魔だったのだ。
そこで、それが行き過ぎると、身を滅ぼす、と言っているのです。
日本ではかつて電子部品に顔がついた姿で描かれたことが多く、電子部品に奇妙な愛着を感じるエンジニアは少なくないでしょう。
奴らは良心がなくとも、心はあり、ちゃんと愛情を与えて整備しないと、逆に災いをもたらすのです。
逆に、適切な知識と愛情をパソコンに投入すれば、パソコンを長持ちさせることが可能です。
マイクロソフトはパソコンは金銭的な理由から4年で取り替えるべきだと言っています。
実際これ以上ながく持っている個人は本当にコンピューターが好きな人だけでしょう。

さらにもう一つは、これもジオシティーズなのだが、出典を忘れました。
普通の科学のサイトであり、フリーエネルギーを非難している人ですが、
電気を取り出せたとする。電気の消費はすべて熱であり、フリーエネルギーで電気を取り出して使いすぎると
どの道 地球温暖化する。しかもフリーエネルギーなので一人で何kWも使えるのでとんでもない地球温暖化が起こる、と。
肯定派の言うマイナスの抵抗、熱を吸い込むフリーエネルギーマシンなら熱が循環してこれは避けられるでしょうが、
アトランティスのクリスタルなど、特に周りの環境に変化なしとされるものは実はかなり危険と言えるでしょうね。

この3つが我々研究家、そして、将来のフリーエネルギー社会に突きつけることがあります。
フリーエネルギーは宇宙の調和や発展のために使わないと、うまく動作しなかったり、無理やり動作させたら大きな災いをもたらすということなのです。
そしてフリーエネルギーマシンそのものも、よく整備して愛情を与えないと、これも災いにいたり、使用者の自分も愛さないといけないことです。
莫大なエネルギーが、もう与えられています。実にガソリンや軽油だってウランだってそうです。
フリーエネルギーや燃料を使うことが[削除済]との取引かもしれないのは呆然だ
そういうことではなく宇宙から直接エネルギー取得の許可を貰おう
どう使うのか。人類の未来はそこで決まってしまうのです!
今ではいろいろなスピリチュアリストがフリーエネルギーを口にしており、1999年よりはかなりフリーエネルギーが安全になっているでしょう、が、絶対に忘れてはいけないこと、それは破壊的な行為にフリーエネルギーを使ってはならない。

私がやっているフリーエネルギーの研究は多分、それを人類が使う資格を持つまで、
投稿した回路がよく追試とかすると・・・で片っ端から使えなくなるのは、
実は宇宙自身の意思なのかもしれません。

やはり今のところは、太陽電池/太陽熱や風力、小水力、大気圧の時間差、温泉熱、井戸水の上下でエネルギーを賄うことができたなら、これほどの喜びはありません。
私はフリーエネルギーに気を囚われて、本当に人類が持っていいエネルギー源という考えがなかなかできないのですが、
それは一体なんだと思われるでしょうか。多分人間の方も我慢が必要だと思われますが、道はあるはずです。
コメントください。

更に; こんな科学文明で本当に良かったのか?
2018/10/09

日本で科学技術はどうあるべきか

日本はハイテクの国だとか、素晴らしい職人の国である、と言われてきました。
いまテレビは盛んにそれを喧伝しているけれど、
実際、日本では、例えば職場でも、学校のクラスでも科学技術ってどう思われているのでしょうか。
また、なぜしばしば、日本の研究は日本の企業の予算がつかずに海外資本になるのでしょうか。

日本はハイテクの国だということになっている。しかし
アニメオタクがもはや王座を獲得したのに対して、技術オタクの地位はそう高いとは言えない。
むしろみんな日常の話から科学技術の話を避ける。
プログラミングをやっているとか、半田付けをやっているとか、逆にみんなに話したら引かれる。
みんな本当は科学技術に興味などない。結果職業エンジニアでも、本当には社会的に勝つことはない。投資もない。
工業高校の先生も、本当はどれだけ自分の教えていることに興味を持っているか、です。
日本の電子回路/デジタルの教育は非常に抽象的だったり、何も知らないものにはこう簡単にいえばいいみたいな風潮があり、
実際教科書にのっていることで奥儀までたどり着けないことが普通です。
なんとAMラジオの包絡線検波、トランジスタによるヘテロダインのアナログ乗算も理論が適当で、間違いがあるというのです。
更に真空管、FET、トランジスタの特性の違いも文で説明しないというのです。
https://ji1nzl-official.blogspot.com/にくわしい。
またあるアナログエンジニアは新しいトランジスタ回路理論の教科書を出して亡くなりました。
またCMOSばかりのロジック回路の今未だにTTLでもないECLが載っている教科書が大学で使われることもあります。
日本では科学はまだ錬金術であり、魔法の世界とほぼ同じ階級があるのです。
科学教育に裏切られた私みたいに、疑似科学にロマンを求めてしまうのです。もうすぐ永久機関の時代だとね。

NHK総合でかつてプロジェクトXという偉大な番組が毎週火曜日よる9時に放映されていました。
日本の戦後を豊かにした素晴らしい地上の星たち。技術屋がどんな困難も乗り越える。
最初はすごいウキウキしてみていたんですが、なぜかだんだん妬みがわいてきて、だんだんつぶしたくなり、最後には番組自体がつまらなくなった。
おかしい。あれほど素晴らしい番組を見てなんで心が傷つくのか、そしてそういう自分の思いがまわりまわって日本の技術を退廃させているのか?
どうもあの番組自体に問題があり やはりマスコミだから、脚色を盛大にやって、地上の星は神格化され、業界人の真の思いはまるで番組にならなかったらしい。
新幹線の島秀雄をはじめ、真の功労者をほぼ隠されています。まるで宗教とか、ソビエトのプロパガンダだったわけ。
こうでもしないと技術開発は番組にならないのが日本のおかしなところだし、みんなの妬みを誘って技術力低下なら、恐ろしい。
あまり知られていない本を読まないと、真実は見えません。たしか「メタルカラーの時代」にさえ非難があります。
実際に開発した人が著者である本、実際に会社で上司であった人が著者である本なら、信頼できるという話もあります。

また現代ではあるIT企業ではどうもカルト宗教見たく新人をその人が一番苦手な部署に必ずつかせて、
びちくそに自分の才能や自我そのものに絶望させ、ロボットにしてしまうところもあるようです。

日本という国の作りとして、心の国、情緒の国というのがある。
日本の偉大な数学者である岡潔がなぜか哲学の口演をよくやるようになる国です。
多分理詰めとか、定量とか苦手な頭なのでしょう。
その代わり心をガチガチに鍛え上げる国です。他人の思いをよく汲み取りながら、自分を思い切りねじ込むこともできます。
そういう心の次元の国です。協力するのも喧嘩するのも心でやります。

はたしてそういった日本には本来優れた科学技術は必要なのでしょうか。
むしろITが普及するとだめになってしまう。ウォークマンまでは日本だったが、iPodにやられる。
みんなが協力して働いていたのが、パソコンやスマホが割り込んできて逆にだめになる。
高度成長時代は安くて高品質が海外輸出でうけたからみんな頑張ったのであって、バブル以降はうやむやですね。
だからITで会話とか電子マネーとか苦手なのです。みんな。本当は心で全部できるからです。
心を21世紀のハイテクは置き換えようとしているのです。

それでは、結局日本はどんな発明やどんな製品で行けばいいのか?
私はグッドデザイン賞をみてなんでもないファイル(物理)とかカッターとか醤油差しとか鍋とかがいっぱいあるのを見て、
これが日本だと思わずを得ない。どれも人間の機能を置き換えるものではなく、補強するものです。
もう技術、技術、ハイテク、それをむやみに追い求める時代は終わりです。核でなくともそれで地球を壊してしまうでしょう。
人類に丁度いい技術とは何でしょうか。人類の手に負えない技術を、世界は必死に研究しているのです。
ハイテクはもう安いコストではできません。修理も運転操作も人間の頭を超えないとできない、作っただけでろくに動かせない、むしろ何に使ったらいいかわからず悪い事に使うような代物になってゆくでしょう。
人間の機能を置き換えてしまう「破壊的」なハイテクは中国やアメリカにまかせて、
日本は本当に幸せのために必要なもので売っていきましょうか。

原発の問題は自分で考えてみてください。私から言うとあんなものを動かすような精神的な用意が日本にはできていません。
堂々とアニメのザ・シンプソンズで暴走した原発を止めるというテーマをやっている国こそがうまく行くのです。

で、私だけではないのだなと思ったのは、宗教などで厳しい教育を受けている子供は、娯楽のだいたいを禁じられるが、
それこそプログラミングや電子工作、ロボットで切り抜けることが結構多いと思われることです。
これが常套手段になるはずです。科学技術で豊かではなく幸せになろう!
そのために科学技術の勉強は先生がなんと言おうと苦しまずに楽しくやろう!(Newton別冊から入ってもいいぐらい)
程よくハイテク製品を買ってそれなりにっ楽しく過ごそう!
興味のない人でもホームセンターにいって自分で簡単な何かを作ってみよう
2018/10/02

永久機関の扇風機

またゴシップ科学記事書きます!
報ステ 古館氏 永久機関の扇風機を発明か??
https://togetter.com/li/697379
こういった記事があります。
また先程終わったドラマ「半分、青い」でも子供の頃から永久機関を作ろうとした律と、何をやるかわからない鈴愛が、ついに創ったのは「そよ風扇風機」でした。
どうも公式にはバルミューダの協力があったらしいのですが、有名人とマスコミが、この流れは?
なぜ、永久機関=扇風機 という図式があるのでしょうか。
本当だったりして!
Keppe Motorは海外で発明されたモーターです。
こいつはいろいろな特性が悪く、主な用途がどうしても扇風機になってしまうのです。
唯一良好な特性は・・・!なんと日本でも特許が出願されており、この文献にその技術が明かされています。
電磁モーターおよび作動トルクジェネレータ機構 ekouhou.net
IPC種別はH02K53/00で、堂々と永久機関の主張だ!
なお本当はケーパモーターと発音するのが正しいらしい。
しかも扇風機は悪い事には使えないマシンなので、特に永久機関でもカルマや、宇宙のエネルギーの流れに対する悪影響が少なく、構わない。
普通このような怪しいサイトは5年もしないうちに消えますが、Keppe Motorは何年もビジネスに挑戦しています。賞も取りました。

こいつの原理は?

強い電磁石を巻きたい。でも、モーターにはただ強い電磁石は使えません。
すばやく磁気を出すことが重要です。それには結局巻数を減らさないといけない。だから無駄に電気を食うのです。
それだけでなく、モーターは発電機なので、巻数の多い電磁石を使うモーターは、自分が発電してしまって、電池から電気を送り込んでも、ほとんど食わないのです。これでは出力も出ません。
ニューマンモーターというのがこれを解決できたと言われています。つまり回転軸の磁石の周りに鉄芯のないコイルを巻きます。
これは発電機としての作用が少ないので、更に、ほとんど発電しない低速回転と、信じられない巻数、3000Vの高電圧電源で解決しました。非常に大きくてゆっくり回るので、強いモーターだらけの今、あまり実用できません。
電磁石は自分にながれた電流エネルギーを返すことができるインダクタンスですが、電気の方向転換が必要だし、モーターの発電機作用が邪魔をしてしまいます。
一方のKeppe Motorはニューマンモーターと同じような構造でありながら、特別な回路で方向転換して、電気を回収できるのです。このため出力が消費電力より(以下略)
2018/09/26

多摩電子 Axing 単三モバイルチャージャー TID33LW が故障

多摩電子工業の モバイルチャージャーがコンビニでよく売ってあります。
コンビニだから、問題あるものは売っていないだろうな・・・

その内のTID33LW 単三電池4本からiPhoneを充電できるものを買いました。
充電すると 最初は音もなく充電もすすんだ が なんかプーッと音がするんだけど?充電も遅い
普通電源装置で今時プーっと音がするのは異常ですね。

どうやって分解するんだ

抵抗器の足で電池を入れる方にある爪を開き、そこから力でバキッとあけた
基板はよくできていて、中華電解コンデンサーが470μFと意外と容量が大きい
が、C3とC5の平滑セラミックコンデンサーがついていないですね。

今の電源装置は高周波を使っており、出力電圧の変化には電源IC自身がかなり高速で応答します。
こんな電解コンデンサーではなく、セラミックコンデンサーを平滑に使わないと、逆に安定しません。
C3とC5にたった1μFを付け足す。なんとか足付の部品を取り付けることができた

これで音もなく、電池を使い切るまで静かで確実に充電できるようになりました。
これからは電解コンデンサーを使うぐらいなら村田の高性能セラミック22μFあたりを使ったほうがよほどいい時代です。
他の単三電池モバイルチャージャーにも改良が求められます。

これは1万円以内で買えるDSOキットの中の電源もそうです。