FC2ブログ
2018/11/13

消された日本のテクノロジ:WideStudio

Windowsが世間ではどのコンピューターにも入っていると思われています。
しかしコンピューターはWindowsだけではない。
Linuxが事業用のコンピューターでは頑丈で侵入されにくく、いろいろやりたいことができる為 ほぼ主流だし
その前はSolarisというのがよく使われていました。
また日本のOSであるTRONシリーズもある。
embedded(限定された機能の)コンピューターもある。超小型コンピューターはラズパイがでるまえは結構しょぼかったのね。

さて、こういった色々なコンピュータで動くソフトウェアを作る羽目にあったらどうする
WXWidgetか?Qtか?GIMPをWindowsに入れる時についてくるGTK+か?
こういうのはそれぞれのコンピューターのGUIのやりとりを同じようにしてくれるGUI Toolkitで、
たとえば Qtを使って動くGUIのソフトは、同じソースコードで、Qtをいれた WindowsでもLinuxでもSolarisでもそこでコンパイルして動いてしまう。
これらは結構勢いがあるし、ドキュメントも機能も豊富だ、
その辺に実は 日本から WideStudioというのがでていたのです。
WideStudio / MWT
開発環境から含めて用意され、ちょっと足りないことはあるが 
VisualStudioのUIデザイナーやいきなり必要なコードだけ書けるとかをまねして、文字コードの違いを吸収するとか結構先進だったのね。
だが機能が足りないというのはわけがあって、なんとほぼたった一人の日本人が作ったらしい。
オープンソースなのに 日本で日本人がやるとあんましコミットがない、よくあることで、やはり外人に無視されたらしい。
一応ホームページやソースリポジトリはまだあるが、どうもQtなどはドキュメントが膨大で英語なので分かり辛く、
そこは日本人ならこういうのがあると、しっておくだけで気が抜けるし、最初にGUI Toolkitをやるなら、これかもしれません。
私も中学のころにこれをいじってみた記憶があります。中学の俺でいちおう判ったというのは驚きだと思う。
そうだ VisualStudioも1万円以上したあの頃、gccコンパイラとUIデザイナー込みでただでGUIプログラミングできるのはこれしかなかったんだ。
スポンサーサイト
2018/09/26

多摩電子 Axing 単三モバイルチャージャー TID33LW が故障

多摩電子工業の モバイルチャージャーがコンビニでよく売ってあります。
コンビニだから、問題あるものは売っていないだろうな・・・

その内のTID33LW 単三電池4本からiPhoneを充電できるものを買いました。
充電すると 最初は音もなく充電もすすんだ が なんかプーッと音がするんだけど?充電も遅い
普通電源装置で今時プーっと音がするのは異常ですね。

どうやって分解するんだ

抵抗器の足で電池を入れる方にある爪を開き、そこから力でバキッとあけた
基板はよくできていて、中華電解コンデンサーが470μFと意外と容量が大きい
が、C3とC5の平滑セラミックコンデンサーがついていないですね。

今の電源装置は高周波を使っており、出力電圧の変化には電源IC自身がかなり高速で応答します。
こんな電解コンデンサーではなく、セラミックコンデンサーを平滑に使わないと、逆に安定しません。
C3とC5にたった1μFを付け足す。なんとか足付の部品を取り付けることができた

これで音もなく、電池を使い切るまで静かで確実に充電できるようになりました。
これからは電解コンデンサーを使うぐらいなら村田の高性能セラミック22μFあたりを使ったほうがよほどいい時代です。
他の単三電池モバイルチャージャーにも改良が求められます。

これは1万円以内で買えるDSOキットの中の電源もそうです。
2018/07/19

真資本主義時代に消費者も自分の利益を求めよう

昔から動物の世界でも弱者は捕食者から身を守り戦ってきました。
進化の過程でそれぞれ違う得意技を身につけた。
今、人間が自分の身を守らず知識もつけずやられていくようでは、
更に強気者が強くなり世界はヒャッハー化それとも社会主義ディストピアか
消費者も戦いましょう。多分ぴんほーるがみつかる。それぞれひとつだけ、強力な技を身に着けて生き残ることができる。
そうすれば人間社会も自然界のルールになり、たくましい命が輝く

世界の正体を知りたい。自分の本質を知りたい。人生の目的を・・・
だがそれを教えてくれるという人には絶対近づいてはいけない。
自分で掴むべきことを教えてくれるというのは乗っ取りです。カルト宗教とか
この世界の秘密は自分で解き明かそう。宇宙は言葉にできない 結論が他人と違っていてもきっと真実。

あとヘヴィメタルファンは何をやっても本当に許されるみたい。
2018/06/24

オシロスコープ National VP-5220Aを修理する

オシロスコープ National VP-5220Aが手元にあります。
GND線波形見どころ
[[WARNING]]アナログオシロスコープはブラウン管に3000V以上の高電圧がかかるので電源を切って一日立ってからコンセントを抜いて修理にかかりましょう。自己責任です。
半年に一度必ずやることがあります。
症状はまず上半分の波形が倍の高さになります。やがて上半分の波形にノイズが載って、やがてどこに振ってもノイズが乗るようになります。
これを治すには蓋を開けて左後ろにある大きな抵抗器が3つぐらい載っている垂直アンプ基板を取り出して
半田クラックをなおす。それだけです。
なんか円錐状のハンダがヒビが入っているとか富士山みたいにゴツゴツしているのを直して終わり。

20MHzのオシロスコープなんて当たり前だと思っていたがなんとこの中古で買ったものは
調べると由緒正しい「最初の」20MHzオシロスコープらしい。
トランジスタだらけで、ICはTL062が一つぐらい。とにかくこんな部品で立派なオシロスコープができているのはすごい。もはや工芸品。
しかも岩通のはよく苦労して修理されているが、このオシロスコープは簡単に治る。とにかく先人たちは素晴らしい。
こういう努力を我々はやっているだろうか。
2018/05/21

リククーブログのURL変更

https://rikukuu.blog.fc2.com/
にこのブログのURLが変更されました。
プライバシー対応の時代に適用しましたが、このブログはトラフィック監視を逃れると潰される可能性もあるので、試験的です。
なのでHTTPのリダイレクトは302となっております。
追記:どこからなのか詳しくは言いませんが やはりHTTPSでも誰かがトラフィックを見ているのは間違いないようです。
だからってTorを使うと他人の犯罪が自分の罪になったりする。
とにかくやましいことはしないのが肝心だし、やましいことをしていないのなら、堂々と監視を受け入れるしかないでしょう。
せめてLinuxを使ってみませんか?