2018/06/24

オシロスコープ National VP-5220Aを修理する

オシロスコープ National VP-5220Aが手元にあります。
GND線波形見どころ
[[WARNING]]アナログオシロスコープはブラウン管に3000V以上の高電圧がかかるので電源を切って一日立ってからコンセントを抜いて修理にかかりましょう。自己責任です。
半年に一度必ずやることがあります。
症状はまず上半分の波形が倍の高さになります。やがて上半分の波形にノイズが載って、やがてどこに振ってもノイズが乗るようになります。
これを治すには蓋を開けて左後ろにある大きな抵抗器が3つぐらい載っている垂直アンプ基板を取り出して
半田クラックをなおす。それだけです。
なんか円錐状のハンダがヒビが入っているとか富士山みたいにゴツゴツしているのを直して終わり。

20MHzのオシロスコープなんて当たり前だと思っていたがなんとこの中古で買ったものは
調べると由緒正しい「最初の」20MHzオシロスコープらしい。
トランジスタだらけで、ICはTL062が一つぐらい。とにかくこんな部品で立派なオシロスコープができているのはすごい。もはや工芸品。
しかも岩通のはよく苦労して修理されているが、このオシロスコープは簡単に治る。とにかく先人たちは素晴らしい。
こういう努力を我々はやっているだろうか。
スポンサーサイト
2018/05/21

リククーブログのURL変更

https://rikukuu.blog.fc2.com/
にこのブログのURLが変更されました。
プライバシー対応の時代に適用しましたが、このブログはトラフィック監視を逃れると潰される可能性もあるので、試験的です。
なのでHTTPのリダイレクトは302となっております。
追記:どこからなのか詳しくは言いませんが やはりHTTPSでも誰かがトラフィックを見ているのは間違いないようです。
だからってTorを使うと他人の犯罪が自分の罪になったりする。
とにかくやましいことはしないのが肝心だし、やましいことをしていないのなら、堂々と監視を受け入れるしかないでしょう。
せめてLinuxを使ってみませんか?
2018/02/14

社内に一人パソコン整備係を

職場?でちょっと遊び半分でやっていたパソコン整備を一ヶ月半サボっていたら
4台中2台のパソコンに障害が発生して、チェックディスクとsfc /scannowとアップデートをやることに。
あいや、遊びではないれっきとした残業だったのかもしれない。

パソコンが壊れるのはだいたい画面の中の問題であり、知識がある人はネットの情報を元に、治すことができます。
ほぼ唯一パソコンのせいなのはオーバーヒートですが、デスクトップで年に1度、ノートパソコンでは3ヶ月に一度はホコリを吸い出す必要があります。オーバーヒートは明らかにパソコンを遅くするために、はっきり言ってこれは義務です。

つまりパソコンが50台もあれば、毎日どこかのパソコンが整備が必要になって、予備のパソコンも用意して、整備専門の係がいると、業務が捗るという
計算が成り立つかもしれません。
企業はもちろん病院でももちろんです。
また特注の業務ソフトを使っていない中小会社向けの緊急修理サービスも商売になるでしょう。

で、どんな資格がある人間がこういうことができるか・・・
シスアドもそうだと思うのですが、国家資格は特定の会社のソフトの知識を覚えるわけではないので、Windowsのシステムは実際に経験しないと覚えられません。もっとも覚えてらっしゃる方も結構いると思われます。
同じようにMOUS合格者でもWindowsのシステムを知っているのかというと100%そうとは言えません。
多分向いている人が会社にいるのならすでにエラー解決に取り組んでいるはずです。
「インストール」「アンインストール」「デバイスドライバ」に詳しいとか、うちで自作PCを使っているとか、PCゲーマーとか、自分のノートパソコンを分解してHDDやメモリ、はてはCPUを取り替えたらしいとか、などなにか光るものを見つけていただければとおもいます。
2017/05/26

チップの受付はしません。

経済的自立のためにユグドアというサービスを通じて寄付の受付をしようと思ったのですが
母に うちは金があるの!!と断言されたので、中止を考えています。
今までの家での会話からしてどうもわかりません。
追記:父にも言われたので、チップの受付をやめます。
2017/04/14

核兵器対策(EMP電磁パルス含む)

[[[[[BRAKING NEWS]]]]] 核兵器の問題が非常に現実に近いですね。
Jアラートの奇っ怪な警告音がなったら、まず攻撃ターゲットと考えられる軍事基地と都心の影になるところにはいって
(つまり頑丈なビルの窓のない所 つまりゲーセンや大きなトイレ)
それもできないなら直ちに目を閉じ手で塞ぎ床に伏せてください。これで失明は避けられます。
自宅でもとにかくトイレとか窓のない部屋に入りましょう。
数時間は外にでないべきです。これで死の灰を逃れましょ さらに放射能対策としてできれば2週間は籠城です。

あなたの命が無事でも電子機器がやられるEMPはよくあります。
これは原水爆の爆発したところの周り、広範囲に影響を与えるため、上空100kmでも逆に日本中の電子機器が止まる。
電子機器への対策として、今から直ちに例えばTRUSCOの工具箱の工具を全部取り出して例えばスマホ、タブレット、モバイルWifiやモバイルバッテリー、ACアダプタ、ライトニングケーブル、USBメモリやSDカードやSSDなどのフラッシュメモリ、そしてラジオを詰め込みましょう。鉄製の密閉箱が大事です。
コンセントは必要なときだけ使い、なるべく全てをコンセントから抜いておきましょう。
さらに、パソコンはそれが収まる鉄の箱がなかなかない、少しでも被害を減らすためにバッテリーを抜いて、Jアラートがなった時に直ちに電源を切ってコンセントから抜きましょう。
電子工作をやっている方は工具箱に半導体、特にCMOSプロセスのものまで入れておいたほうがいい直感があります。
また直ちに電子工作ができる人が作れるものとして、スパークギャップがあります。
いわゆるサージキラーではパワーが瞬時かつ強すぎて間に合いません。スパークギャップをコンセントに入れるといいでしょう。
太陽電池システムはもうわからん! EMPのせいで停電、電力網の破壊があれば、ひもじい生活を余儀なくされます。
昔のそろばん、タイガー計算機、機械式レジ、石油発動機や発電機、アナログテスター、ストーブ、蓄音機、電子回路のないおもちゃ(プラレール含む)、そして本や漫画!役に立ちます。

あとは、今起こるべき未来を望むべきです。人間の脳内から未来は展開されます。