FC2ブログ
2018/07/15

Overunity Chargerの検証>聖なる横槍

フリーエネルギー技術開発の特徴と種々相 という有名なサイトに14 改良型ジュールシーフ回路によるジョニー・アウムなどの発電器
というのがあります。この人、ジョニー・アウム氏は他にもこのような回路を作っている
Overunity Charger - johnnyaum3 - YouTube
この回路、どうも完全にフリーライセンスではない。これはSteven-Johnsさんの8x Overunity回路の真似が入っていますね。
で、オシロスコープ波形を見ても、これが戻り電流が増えているとは思えない。
じゃあ何をするのか。私の実験で一般的な、1:1のトランスの一次巻線にFETでパルスを加え、二次でダイオード一本で電気を戻し、
デューティ可変を使う、意味のないインバーターと
この人のアイデア、すでに満充電されている電池と、空の電池を並列につなぐアイデアをやってみます。さらに意味のないインバーターと並列にします。

電池は満充電済みがパナループ 2000mAh 充電されるのが一回目は三洋2100 二回目はVOLCANO 単三3本づつ直列
トランスはフェライトコアTDK ZCAT1518-0370で10ターンで100μH パルスは25kHz程度 デューティは電圧が落ちないように調整して結局15%ぐらいでしょう

最初、満充電直後のパナループは4.2V
一回目、2組の電池は4.1Vで落ち着いた
二回目、2組の電池は4.0Vで落ち着いた

・・・あれ?そうです。どうもパナループが容量を半分以下まで使い切っているとは到底思えないのね。
これはCOP=500%以上はあるかもしれない。じゃあインバーターには意味があったのか?
それに感触としては急速充電器並みに早いですね。
とにかくジョニー・アウム先生にはなにかしてあげたいです。

・・・と思ったら、充電した電池を負荷に適用するとすぐに電池がなくなった。
どうも、同じ電圧でも、充電してそうなった電圧と、放電してそうなった電圧というのは、だいぶ意味が違うみたいで何より。
まだ諦めない。

どうも、回路自体に電気を増やす作用がないと行けないみたいだ。
田崎の永久機関[検索]の理論により、電子は金属中でも自由に動き回るエネルギーがあり、そこを押してやると、群速度は電子同士の反発によって加速する。
GNDからLC共振回路に電気を入れて、VDDから吐き出すことができる。昔はMOSFETのデータシートにgmという値があり、負性抵抗を意味した。
BAT_BUCKET_1.png
設計要素は2つ 74HC04の6並列で150mAが限界 インダクターがこれ以上電流を消費しないうちに、スイッチが切り替わるように
LC共振回路の共振周波数を設定する
おそらく電磁輻射の少ない、可動部品のない まさにエコロジースタイルだ。更に私にしては珍しく良く動いてくれる。これはセルフチャージャーであり、電池の電圧が上がるようだ。
これが広まるならバッテリーデサルフェーターの普及の形になればいいね。

次の早朝 熱くて眠れないときにはハックしろ!386BSDはそうやってできましたという話がある
昨日米軍のヘリがやたら飛び回ると思ったら 計算間違いで高い周波数で発振して通信を妨害していたみたいだ
セルフチャージャーなるか?
100kHzを狙った
オシロスコープで波形を見て、ZCATの巻数を27ターンにした。これで適切な周波数になったはず。
これでだめならSteven Johnsさんの回路しかないかも。
しかし共振周波数で動いてくれない(10倍)ので米軍ヘリに妨害を与え、よく飛び回ってました。しかもワニクリップの首が切れた。この回路上手く行かない

なぜフリーエネルギーの記事は嘘ばかりなのか

ここのところ私の方でも、どういうわけかインターネットで回路図を公開しようとすると、
絶対に気を付けているのに何かの間違いが多い。
また、Creative Science Researchというところの図面は、旧バージョンが無料で見れるのですが、それについて、再現の報告はなくStudio-Teslaさんにdebunkされるしまつです。
なんとこのようなマシンを無料で作れるようにするとできなくなってしまうのです。
要するにフリーエネルギーマシンはジェダイのライトセーバーと同じで、自分で自分のものを発明しないといけないらしいのです。
無償で公開することは努力しないで成功するということで世界のエネルギーにひずみをもたらすので できなくなってしまう
そうでなければ、とんでもない金額を払うか・・・
無償でアマチュア研究させ、インターネット情報共有で多くのマシンが無効化されるのはKeter案件なのでこのブログの記事で自分で発明するというのを阻害する文章は削除、収容されました。
どうも本当に動作できる回路図はかけない。何か間違いを正してできるようになったらそれだけの報告します
*何らかの悪影響がある場合は削除されることがあります*
*自分で発明したマシンで災害、国難、不平を乗り越え、未来を作っていこう 思い思いのマシンがいっぱいあれば効く*定性的な熱力学をつかめ 化学の反応式は逆工程がある
*EMIに注意 電波管理局だけでなく軍や自衛隊までヘリで様子を見に来ます。回路の近くでラジオにノイズでなく発信音が乗るならかなりやばいです。
*発振周波数は250Hz以下もしくは30kHz以上で 近隣住民に迷惑をかける恐れがあります 近くの子供が耳がキーンとすると言ったらかなりやばいです 更に秋の虫が春から家の前で叫ぶようになります

新マシン


それでも神様からかなり強烈な啓示があり、上記の根性で作ったはずの新しいマシンを試験的に公開することになりました
なお、Cは寄生か部品なのか(反対の端子もつなぐ)どっちかでもついていないと・・・この値も変えると面白いです。
なんだこれは
冷房をかけると止まります。

限定公開

SOEの地震予知で警報が出たため実験も何もしていない回路を公開 なお別途パルス発振回路が必要
災害がなければ3日で削除
BAT_PWM_15.png
>>失敗しました。ここからは相当にアナタ次第だと思われます。

??

この記事で最初に提示した回路にもう一度賭けてみたが、最後は失敗した。
それに部品の個体差や温度特性など、もうできない現象がある。半固定抵抗がめんどくさい。
しかしその後の実験で 速報ですまないが どうやら「やつら」はごく簡単な回路でセルフチャージ+出力が可能みたいだ。
追記:セルフチャージは疑問だがやはり電池の電圧が・・・ とにかく簡単
すでにフリーエネルギーの発明の必要はなかったんだ。出力電流は結構小さいが
戦争でエネルギーが絶たれるときとか、環境破壊でめちゃめちゃになるときとかにしか、公開できないだろう。そうでない場合、逆に世界がひっくり返る。
言えないことがあるがとにかく頑張ってください!
2018/07/08

災害に備えて太陽電池を用意する!

いま個人で手に入る最大のフリーエネルギー「太陽電池」で災害に備えよう

いざというときにモバイルバッテリーの太陽電池は全く役に立たない。満充電まで15〜40時間がかかる
40cm程度の太陽電池パネルなら窓際にかけても晴れていれば一日1回のスマホとタブレットのチャージが可能

まず、独立太陽光発電 で検索して、 必要なものを買おう。
災害が近い もしくは 来ていると、非常に高い値段になるはず
今のうちに中華太陽電池でもそれなりの品質のものを買おう

太陽電池を取り付ける場所がない場合、窓に立てかけておくが、
出力は明らかに下がるので、特別な知識が必要
2014/09/09 太陽電池を使いたいが、屋根や壁につけたくない 窓越しにしたい

スマホは 基地局が3日分のエネルギーを蓄えているので、その間に災害掲示板が使える 逆に通常のアクセスは無理
今のうちに大事なデータをクラウドからダウンロードしよう

その他、いろいろな災害対策を自分で考えること、完全に専門家を当てにするのはだめだ
EMP対策も必要かもしれない

なお 太陽電池一式を用意したら、いつもの暮らしでもたまに使ってなれておこう

すでに災害に遭われた方々は、なるべくテクノロジーに依存しない生活を考えてください
多分お金すらなくとも農家などと物々交換が可能ですし、生き延びるだけなら人間なんとかなります
職場には無理をして出勤をしない運動が流行っています。いまこそブラック上司から開放されるときです
悪しき個人主義をみんなでやめるならこんな時しかありません みんなで抜け出すべきです
2018/06/15

シガロフ効果

最近、ロシアの検索エンジンである、yandexからのクローラーが多くなってきた。.ruからのアクセスも増えた。
ロシアといえばフリーエネルギーの研究がもう少し開かれている国だ。もう一度あれを見ようか。

本邦初公開のシガロフ効果について

アンペールの法則とか、フレミングの法則はみんな知っていると思いますが、
もし、電磁石巻線の隣が電磁石だったら?
むしろ同じ巻線で磁石と巻線をやってしまったら?

最近、U字に電線を曲げると温度差が出ると、日本で観測された

skif.bizをGoogle先生に翻訳してもらうと、驚愕の理論が乗っていた。
電線をくの字に曲げるだけで、そこに力学的エネルギーが生じる。
\ →
/ →
船に乗せてまさに矢印のように前に進むという。直流、交流、関係ない。
必要なのは電流だけ。
同じようにU字に曲げてヘロンの蒸気タービンみたいにすれば、回るのだそうだ。


sigalov.png



これが可能な理由はどうもファラデーが腑に落ちなかったアンペールの法則の間違いから来ているらしい。
今なお160年も見捨てられたままの現象を1950年ごろにシガロフ博士が拾い出した。周りからは変態と思われたそうだ

更に驚くのは鉄のレールとの相互作用で 上がN 下がSの金属磁石を鉄道車両に乗せ左右の端をレールと電気接触させると(しかも、どうも車輪ではない、モーターブラシらしい)走り出すと書いてある。
もうおそロシアはよくわからん! ビクビクしている。こんなのが本当だったら我々のモーターは何だったのか?もういやだ

skif.bizは他にも多数の異端発明が載っており、第三帝国の秘密兵器の噂も少し載っている。チベットの山=巨大ピラミッドの話もあり、世界のピラミッドは線で結べることもわかっている。
破壊なく我々の文明を続けるために、何ができるのだろうか。逆に、何をやってはいけないのだろうか(この記事もビクビクしながら書いている)
2018/06/10

二重巻きで巻き数が違うコイル

近年たまに引っかかっていた現象があるんだ。

トランスのタップ、0Vのと違う電圧のタップがいくつかあるんだけれど、
0V端子から複数のタップを接続して電流を与えると、どうもインダクタンスは0みたいなんだ。
また、二重巻きコイルの片方の巻線を少なくしてもう一回並列に接続しても、やはりインダクタンスは0みたいなんだ。
この両方で、打ち消し巻きではない。
Update:静電磁界の実験:少なくとも巻線の電気抵抗が極めて少ないとき、ともに磁気が出る。電磁石になる。
Update:動電磁界の実験が完了。トランスの巻線としては、入力、出力、ともにまるで使えないことがわかった。
とりあえず、このコイルがあれば、あらゆるモーターは遥かに低い電圧で動くかもしれない。
動(dynamic)電磁気と静(static)電磁気の明確な定義はとても難しいみたいだ。
都合よく解釈すれば
そう、これらのインダクタンスのないコイルを使えば、モーターの回転を制限するものは、巻線の電気抵抗だけになり、いつでも最大トルクで、軸受の許す限り超高速回転してくれるはず。
海外のミニ四駆を遥かに超える超高速なミニカー、フェンスカーやスロットカーで使われている可能性もある。
これで電気自動車も更にやっちゃえ。
これもまた実験したい。
新しい時代だね。

RE280の65ターンコイルを8ターンだけショートコイルにしてみる。
結果、すっと起動してすっと止まる、回転数の低くてトルクの太い、無負荷電流も多い、サーボモーターのような特性になった。
残念ながらSelf Runningはならず。これは昔コアレスモーターが出る前に使われていた、電気を通す鉄の塊を芯にした電機子のサーボモーターに似ている。
というわけで dynamic電磁気がいくらかモーターに働くことがわかった。今度は非対称二重巻きコイルと行きたい。

RE280のコイルをもう一度考え直す。三極モーターは右と左でコイルの数が違うが、
片方が一つのコイル、もう片方が直列で2つのコイルで、磁束数が巻数と電流に比例するので、結局磁束数は同じであり、
こういった場合にコイルのインダクタンスは0にはならない。0にするには同じ電流で違う巻数が望ましい。
解析的に解いた(電卓を叩く)結果 先程の実験で1ターンなくなった64ターンのコイルを 内側38ターン 外側26ターンで分けて、並列につないだほうが良さそうだ。
結果わずか0.4Vで回転を始める素晴らしいモーターになった。まるでソーラーモーターだ おそらく速度起電力がないために完全に抵抗負荷になっているはずだ
安定化電源で1.25Vを印加すると無負荷で0.6Aも流れる。このとき回転を止めると、4.7A流れる。
逆に定電流源で0.9A位を流すとちょうど良さそうだ。
低い電圧を出せる電源システムも用意したい。

Update:先日言ったよね。そう、無負荷電流と回転を止めた電流がだいぶ違う。ということは相変わらず速度起電力が存在するということ。
ということで、村田製作所の特別なインバーター(切手サイズで出力がなんと6Aも用意できる。0.6V出力でも1A出すときは80%を超える効率)
でもうまく動かせなくて、結局、
未改造のRE280とのペアで、電動発電機でセルフチャージというのは、大失敗だった。
なにしろインバーターのほうが意外とギブアップする。機械接点のある直流モーターを安定して駆動できない。
世の中に出ている電動発電機でセルフチャージの動画は、どれだけ本物があるのだろうか。
むしろ日本人がそういった動画をほとんどアップしていないことに、真実があるはずだ。


[LICENSE]この技術は公知の技術となります。いやまじで公知にしないと何されるかわからない。
2018/05/18

自然エネルギー、フリーエネルギーの時代の心構え

これからは太陽電池、風力、水力、その場でエネルギーを自然界から取得し、蓄えて、みんなで使う時代が来ています。
ドイツではもう環境に優しいエネルギーの研究が進んで、太陽電池はいろいろなうちにあり
アパートは高性能断熱とエンジン自家発電で空調がそのエンジンの排熱で動くので、すでに熱効率はほぼ1なのだそうです。
吸着冷凍機の技術があり、エンジンの排熱で冷房などお手の物でしょうね。

しかし、日本でもう一度言っておかないといけないことは、こうした自然エネルギーは決して自然界や社会に死をもたらしてはいけないものだということです。

20世紀の戦争でどの国も大量に石油を使いました。大東亜戦争は石油の輸入が止まったのも理由のひとつ。
石油は森のものではなく地下から汲出す鉱物資源だった。 石油は人間だけが汲み出せるので人間に与えられた燃料の側面が強い。
残念だがウランも人間だけが取り出せて使える。人間が核戦争で瀕死になってきたのは現代だけでなく神話に描かれているのだそうです。人間の我欲で人間だけが何度も滅ぶようにできているのです。地球にはわざとウランが用意されているのです。

自然エネルギーなど、いろいろな生命が使う、宇宙から与えられたエネルギー、を出し続ける機械は、このような戦争に使われるのが嫌いでしょう。
そうなったら侵略する方では出力は低下し、安定せず、軍隊はかっかいらいら 更に自然界の創造的なエネルギー(生命力や負のエントロピーとも言う)を破壊に使うと、石油よりも大幅に業(カルマ)を食らい、国がボロボロになるでしょう。

つまり、物事には側面がある。石油やウランを使う代わりに人間は、自分たちだけでなく自然界とともに生き我欲による争いやエネルギー枯渇をやめなければならない。

これらができるようになって、初めて、ついに直接熱から電気を取り出すような永久機関が普及できるのです。
まず、日本人の心を省エネのエコにする必要があるのです。