FC2ブログ
2018/05/06

Windowsの都市伝説

Windowsが重くなったら、たまにLinuxのLiveCDを起動するといい
USBかデュアルブートでLinuxも起動するパソコンのWindowsはいつまでも軽い
ひょっとするとかなり効果てきめんかもしれない
それほどのライバルがLinux
しかしLinuxは悪魔的な速さだ>その高性能本当に必要?
Windowsは普通の人間がついて行ける速さを知っている

Windowsはあえて新機能を魅力的な機能にしない
クラシック音楽は美しいが、やはりK-POPを選びたい
すごい機械は持ちたい人はいないが、そこそこの機械なら持ちたい人が多い
だから一般人に合わせてあるのがWindows
自身が魅力的でないため、Macを使っているとか、Linuxを使っている気分にさせず、作業をやっていると思わせることができる
Linuxはサーバーでもスパコンでも同じく入っているすごいやつだから本質的に普及しない

Windowsはバカから自分を防護する機能が入っている
バカがわからないうちにいろいろやっても、Windowsのアップデートは止まらない、何度でもやり直すようにできている
細かい操作にもバカから自分を守るポリシーは表れている
ただしウィンドウの枠を変えるのに失敗するときなど、ハッカーに対してはかなり大げさなことをやる。この場合灰色の画面が出るだけでつかえなくなる。
だが、Linuxはコマンドの打ち間違いでシステムをズタボロにされる。何をやっても自己責任なのがLinux

Windowsには隠し機能がある
非公開APIと言われ、Microsoft自身のプログラムや、そこと協定を結んだ会社のウィルス対策ソフトが触れることができる。
Windows3.1で実装されたドラッグドロップは3.0にも存在し、Microsoft Officeが使っていたという噂もある
バージョンがアップすると、なくなることも多く、勝手に解析して作ったであろう富士通のワープロソフトがよく動かなくなった。
現在、非公開APIについて記したウェブページは全部なくなっているが、その内容は、関数の名前が不明なため、DLLの関数の番号で呼び出すというものだった
特定の順序で公開された関数を呼ぶとやたら高速、という噂もある これら、とあるオープンソースプロジェクトでは公然の秘密だという

Windowsはパクりだらけではない
例えばJavaが直接ホストの動的ライブラリを呼び出せるというのはありえないが、
実に.NET FrameworkはC++/CLIという言語を使って、実マシンのバイナリーしかないDLLを呼び出せたり、Win32のAPIを呼べたり、
あげく仮想コードとマシンの機械語の双方を混在したプログラムを作成できる。仮想マシンと実マシンのやり取りがスムーズにいく仕組みがすごい
そして以前にはこんな無茶ができる環境はあり得なかった
ほかにPowershellはコマンドラインとしてすごい現代的で、40年同じUNIXシェルではない
メールがHTMLになっているのも昔のWindowsのOutlook Expressが元祖
HTMLとjsで書いたWebページの拡張子を.htaに変えれば、デスクトップアプリの出来上がり
Windowsの魅力は常に探さないと見つからない

Windowsとオープンソース
オープンソースのソフトはなぜかWindows版もあるソフトのほうが立派で、バグもないし、無料なので大人気
開発は寄付で成り立っているが、Windows版もある方が寄付は入るだろう。
GIMPに関してはPhotoshopとの差は論争があるが、将来、GIMPでいいのにみんなPhotoshopを使うという展開になるかもしれない。そういう資本主義を完全に否定できないもどかしさ。

Windowsの昔のソフトへの異常なまでの情熱
例えば、バグのあるDLLを新しいバージョンでもわざと取って置くため、どのDLLで動くかヒヤヒヤするDLL地獄がある
再配布可能パッケージやDirectXでさえもそう
昔のソフトが動かない報告が入ると、動くようにWindowsの動きを特定のソフトのために変更し、さらに昔のソフトのバイナリーに手を付けたことさえあるらしい
おかげで、プログラムから正確なWindowsのバージョンを把握するのが、難しいとも言われる こんなときは商品名のほうをつかむ
Windowsのバージョンが8から10に飛んだのも、Windows「9」で昔のwindows95とか98とか把握するソフトがあるからだ、とも言われる
Windowsが売れ続けるための努力を惜しまないMicrosoft。

パソコンの修理
Linux:ふんだんな知識をもとにピンポイントでおかしな部分を直す コンピューターの専門家はふつうこうだったはず
Windows: チェックディスクやって sfc /scannowやって だめなら復旧 それでもだめならリカバリだね
Windows: とりあえずこの問題はウィザードかFixitだな
Windows、おまいは適当で治るのか…
さらに、パソコンが重くなった場合も、Windowsならクリーンアップとかデフラグでなんとかなるが、
Linuxならシステムを軽量化して最悪ディストリを変える。Linuxを使うとずっとそのことを考えるようになるが、
Windowsならパソコンを買い換えるだけだ。お金がかんたんに解決してくれる、Windowsの世界だ。

Windowsのビジネス
WindowsはLinuxみたいにじぶんだけよかれではない 開発ツールはドキュメントまで作りこんであるなど、そっちの方面は愛さえ感じる
Linuxの開発ドキュメントは英語だけで、ルールブックのようによくわからないものだ
Windows10は既定で使うな!という本が売れている。事実これがMicrosoftのやりかた
いろいろな違う会社のソフトを入れてもらって、どんどん強くなる デフラグでさえ様々なソフトが外部から出ている
周りにフリーソフトやいろいろな商用ソフトがあり、みんなダウンロードされ売れるようになっているのがWindowsの世界
もっともMacの世界は更にお金が必要であり、ちょうどいいようにできているのがWindows なおもLinuxは自己責任

パソコンは洗練されていない機械
なぜ、パソコンは、
寄せ集めの部品でできたPC/AT
x86の機械語がまったくぐちゃぐちゃで脆弱性がたくさん
MS-DOSは気が付いたら拡張だらけ
Windowsの評価は・・・まあね
いくら歴史があるとはいえ、軍用の技術の転用がいろいろあるが、パソコンのほうにもやってこないのがなぜ?
パソコンはいつまでも洗練されていないコンピュータとして君臨する
私の推測は 実はパソコンこそが最も互換性が高い それはアトランティス並びに隠された1万年から5000年ほど前の古代文明のバイナリがそのまま動く ということ。
そうでなければプリンターみたいな必要悪?でない洗練されていない機械などなくなっている。
古代文明のバイナリは時代を超えたハイテクであり、ちらほら商用ソフトに入っていると考えられるが
まだまだひみつにされているものは恐ろしいことができるはず スパイウェアなんて何ができるか現代科学でわからないだろうね。
現代文明はアトランティスの再来も入っており、みんなの心がけがなければ沈没がなくても滅ぶであろう
スマホにはまらずにじぶんからできることがとても多いパソコンに立ち返ろう 情報でなく心でつながろう
2018/03/30

Yahoo!カテゴリ 終了によせて

いまみんなは、スマホの検索窓で、色々検索していると思います。
検索って新しい情報に出会うための最初にやることだよね。
しかし、昨日にいたって、検索というのは自分の心の世界を広げることがないと気がついたんです。
つまり、検索エンジンは、自分の考えにそったサイトを表示するだけで、
例えば自分の政治思想の間違いは 検索キーワードを変えない限り、わからないのです。
動画検索もそうです。自分の好きな動画ばかり出てきて、自分の世界から一歩も外に出てこない。
みんな 自分の考えが大好きです。自分の趣味が大好きです。自分大好きです。
今までの自分を超えるには、自分の考えを疑う必要がある。

そんな時に紙の辞書がある。紙の辞書はとにかくめくってページに書いてあることを見れば
不思議なことに、自分にとって いくつか面白いことが書いてある。
しかも、自分の中には全くない知識で、思いもつかなかったこと。これは検索では絶対にできない。

私は小学校にWindows95が導入されたので、実はネット黎明期からインターネットを使っています。
YahooカテゴリはYahooのトップページのすぐ下からアクセスできて、適当にそのリンクを押せば、
いろいろな知識を持ったサイトに行けて、とても面白かった。
あの頃のサイトはWeb1.0なんて言われるが、本のように見やすくて、大興奮した。
Yahooカテゴリはインターネット上という辞書、その索引として機能していました。

検索エンジンがでてきて、不完全な、いらないページまで出す検索エンジンは、不思議なことに、新しい情報に飛びつく手段だった。だから面白かったことに、今気づきました。
みんな検索エンジンに飛びついた。
今の検索エンジンは性能が非常に上がったぶん、自分の世界から一歩も外に出なくなった。結果インターネットは非常に疲れるがやめられない。

最近は検索ばかりしていたが、やっと気づいた頃に、Yahooカテゴリがなくなるというのは残念で、
みんなも、検索キーワードがどうしても思いつかない場面があるはずなので、
検索キーワード索引のサイトを作る計画を立てるつもりです。

現存する、Yahooカテゴリのようなサイトは、
英語のhttps://botw.org/ Best of the Web でしょう。
Curlieというプロジェクトは日本語版も微妙に更新されています。http://curlie.org/World/Japanese/
また、インターネット上の辞書として、Wikipediaと、偏りがあるが人手でしっかりまとめているものは、ニコニコ大百科と、通信用語の基礎知識
第一印象やステレオタイプ、気になる特徴を探りたい場合は、chakuwikiがお勧めです。
これらに出てくるキーワードで、更に詳しいことを検索で手に入れることができます。
またインターネット黎明期のやり方として、検索し直すのではなく、
今見ているページのリンクを踏んでどんどん新しいところに行く、ネットサーフィンがあります。
自分が興味を持っているサイトは、だいたい、別のサイトのトップページへのリンクを持っていて、それが、全く新しい知識を手に入れる有力な情報源なのです。
NAVERまとめはわかった気にさせるのが得意だが、リンクからいけるネタ元のサイトのほうが面白いことがよくあります。
また特に好きでもない奇妙な検索キーワードを思いついたなら速攻で打ってみるのも有力です。
2018/03/09

CPU性能向上のからくり

昔はCPUはクロックがどんどん上がっていってどんどん性能が向上しました。
CPUの処理能力と言ったらクロック以外に考えられない
それ以外のキャッシュやアウトオブオーダーとかレジスタリネームというのは限られたクロックともう古い命令でいかに効率よく処理するか、という話になる。
今のCPUはクロックが上がらないのに性能がなおもジリジリと上がってゆくから、おかしい。この辺宇宙由来の超テクノロジーが投入されている、と思っていたんです。

私のCore i7 620m と Passmarkスコアが2倍以上のCore i7 7500u コア数同じ、HT、クロックもそこまで違いはない。
どこが違うのか。
バスの転送速度が2.5Gから4Gへ
メモリーの転送速度が17Gからちょうど倍になって34Gになった
まさかこんなことだとは思わなかった。一体昨今のCPUの熾烈な開発競争は何だったのか。

つまり、
安定した、Athlon 64 X2あたりのCPUコアに、今の製造プロセスでキャッシュどかもり、更にメモリー、IOの転送速度をぐっと上げるだけで、
いや、此処から先は言えないですよ。

逆に、メモリーアクセスを少なくする最適化がいかにもCPUの処理能力を引き出せるというわけです。

という事で、どうせ研究するなら、もっと、効率の良いことをみんな考えるべきなんだ!
2018/02/19

未来にどんなアプリがいいのか

パソコンからスマホへ 時代はうつろいゆくものです。
あの頃のSFの夢がかなっても、相変わらず人間は悩み深い。
iPhoneの進化も頭打ちと宣告されています。
どうすれば人間が幸せになれるのでしょうか。

<サイバネティクスの基本を忘れるな>
かつて盛んに叫ばれたサイバネティクス、人間を機械の能力で強化する文明の始まりです。
しかし、人間を強化するどころか、人間をあやして何もしなくても生きて行けるようにする、
赤ん坊におっぱいをあたえ、あやすようなアプリでいいのでしょうか。そこで人間の進化は終わり、AIに支配されるでしょう。

<アプリの質は3D技術でもコード量でも難しい数学でもない>
いや、最近のアイマスとか、すさまじいですね。夢中にさせちゃう。
でも、弱小デベロッパーでも道がないとは言えません。
昔のファミスタでも十分人間は面白いと認識します。
アプリやゲームの質は決して目に見えるソースコードだけではわかりません。
創意工夫があればとにかく自分が面白ければみんな面白いのです。それがジョブスの開発手法でした。
ジョブスは素直に怒り、素直に喜び、素直に反応した。奥底が素直な人のアイデアはすばらしい。

<開発技術について>
今グラフィックボードが異常な高値です。そう、仮想通貨のせいなのね。
多分 グラフィックボードの本業であった3D描画は 更にソフトの方を軽くすることが許されるかもしれません。
軍用や航空宇宙で使うプログラムがそう軽くなるとは思えないし、むしろさせないでしょうが、
一般人が日常で使うプログラムは、もっと軽くなる。すでにExcelよりずいぶん軽いgnumericなら、使うだろう機能は揃っているし、統計計算はExcelよりとても正確だといいます。
その他難しいことを考えずに「簡単にやってしまう」という志向が必要でしょう。そもそもコンピューターは楽をするためのものです。
コテコテの最適化を施す前に、設計上の遠回りを発見するべきです。

<クラウドは当たり前だが>
クラウドは当たり前ですね。じゃあ全ての処理をクラウドでやって、それを映すだけのスマホにしよう。あれ?1984の「テレスクリーン」ではないのか。
あまり人間を怖がらせないでくれませんか。ネットワークにつながっていればもう隠し事はできなくなるでしょう。
ここはもう使う側にこころがけが必要です。ネット規制の強い中国で人民がどういいたいことをいうかを勉強して、次の時代に備えておきたい。
つまり明らかな言葉を避けて、どうとでもとらえられるが知っている人にはああこれだとわかるような、2chの一部の板に見られる隠語やわけのわからない写真、アンサイクロペディアの嘘記事が多く使われているのです。
そうすれば切り抜けられる局面が多くなるでしょう。ネットワークを介して行うリアル犯罪は全部誰かが見ています。
そんな時代ではサイバー犯罪がより盛んになるでしょう。いつだってこの世は油断するほどに安心できる世界ではありません。
企業の側には大量の個人情報があります。ここまで何でも分かっているとぎゃくに悪いことに使うと、とんでもないカルマを生じるはずです。それは利益になりません。だが仮想通貨、オンラインカジノ、エロ動画詐欺などだましあいの世界もあります。
ウイルス対策ソフトはどこの国が作ったかが重要で、あなたが保守ならアメリカのノートンとか唯一日本製のYaraiとかでしょう。こういうこと考えたことありましたか?

<どこで利益を取るか>
開発費用があるのに、だれも払いたくない。だから無課金プレイをさせて課金を誘うのです。使う側もなかなかセコイ。
広告付きのアプリもあります。ガチャも大きな収入になります。
使う側もせこいからこういうパチンコみたいな商売がなりたつのです。
何かを得るにはどうしても失うものがあるって、このように、勉強させられるのですね。
だからわかる人にはゲーム機のゲームやスーパーマリオランがお得だってわかるのです。

<オープンソースについて>
むしろオープンソースの分野はかなり頑張っているので、ぜひ個人でも色々導入していただけたら。
企業による課金や監視もないし、ライセンスは利用なら無制限だし、そこそこに豊かな機能で、改造も効くし、自分の部屋が増えたような余裕があります。
何度も言うが個人がWindowsに縛られているうちに、企業の方がオープンソースで監視やサイバー攻撃を逃れ、やりたい放題にシステムを構築しているのです。
オープンソースの見分け方:無料なのに多機能で立派 広告や追加の課金がない 電話サポートや保証がないがバグの報告は受け付けている 公式サイトで寄附の受付をやっている ソースコードもダウンロードできる
2018/01/07

コンピューターの電池がとても長持ちする「断熱充電論理回路」の未来

コンピューターはとても熱を発することで有名ですね。
スマホでもゲームをやっているとか、アップデートしているとかであつくなったり、
パソコンには冷却ファンがあるのが普通ですね。
なぜそこまで熱を発するのか。
今のコンピューターはMOSFETというトランジスターが大量にCPUのなかにあって動いています。
その入力は 電気を貯めるコンデンサーになっていますが
コンデンサーを電池にただつないで充電すると、電気が、電線の抵抗で熱になってしまうので、ここで電気を半分失います。
この話は電源回路にかかわっている人や、コイルガンを作っているマニアでは有名な話です。
もはや小さなコンデンサーでも、少なくとも1億もCPUには入っているのですから、熱が出て当然です。
これは、コンデンサーにつながる電線をコイルに置き換えることで、充電時間はゆっくりになるが、電気を失うことはないです。
また、充電したコンデンサーから電気を捨てるのではなく、コイルとCMOSの組み合わせをうまく使うと、
まずコンデンサーからコイルを伝ってマイナスへ、CMOSを切り替えて、コイルから電源プラスに電気を戻してしまうと、
ここでもなんと いった電気が戻ってきて、かつコンピューターの処理が成り立つ。
これが「断熱充電論理回路」検索してみてください。決して疑似科学などではありません これでCPUの消費電力は10%ぐらいにできる可能性があります。
また、これでロジック回路を組むには新しい作り方を研究する必要があるようで、大学で小さな研究の段階ですが、
これで日本の半導体産業を立て直せば、有機ディスプレイもあわせて、一週間動くスマホも夢ではないでしょう。
なお、三角波をクロックに与えることで、コイルすらいらない回路もあります。
ECT - 12 - 002 1 / 6 断熱的論理回路を利用した LED 照明用 PWM 回路の低電力設計 趙 勝一、横山 道央(山形大学)
ただし、トランジスターだけは余計に高速で動作するものでないと間に合いません。
この辺、まずは体温計やらちょっとした装置のマイコンなどには導入しやすく、パソコンで使えるのはまだ先でしょう。
ちなみに単原子トランジスターがなかなか実用化されないのは、おそらく電子の一個一個はかなりランダムな動きをするので、
すべての処理の歩調を合わせるにはかなりクロック周波数が低くなるからだと思われます。
だが量子コンピュータならこの限りではありません。日立の古典的CMOSアニーリングも多分単原子トランジスターで作れば本物の量子コンピュータになるかもしれません。

その他
低電力消費とハイパフォーマンスコンピューティングの両立に向けて: 早稲田大学 笠原研究室がIBM POWERに注目した理由 @IT
gccやclangなどでは考えられない、POWERプロセッサにだけ対応の電力を使わず高速に演算するためのコンパイラー
プロセッサーのクロック周波数にまで介入できる。こういう発想は考えられなかった。
あなたのプログラムも手元で工夫して最適化して、たくさんの業務PCに適用して、電気代を減らすこともできます。
VBAマクロの最適化のコツだってネットにはあります。

産業技術総合研究所 フェロー 安藤功兒 氏 「革命的な超低消費電力のコンピューターを目指す」
使っていない時や休んでいる時にCPU,メモリ、すべてのトランジスタの0,1が固定され、電流の流れが無いコンピューターを目指している研究。
Optaneメモリと組み合わせれば断食で悟りの境地か。

むしろ
人間が働くことで食っているのに、人間を使わないでAIやコンピューター、産業ロボットに頼るという、変なことが主流になってきている。
で、それでいて、コンピューターに仕事を取られた、仕事がないからって楽なんてしたら金がなくなってしまうという展開で、
人間が人間を生かさずにコンピューターを生かしている。だから共働きとか、女性の深夜労働とか、貧困が増える。
自閉症の人はだいたいコンピューター的なことができます。そういった人物を雇ってみてください。