FC2ブログ
2018/03/20

ついに乗用二足歩行ロボット来たる

人が乗れる二足歩行ロボットの時代が来ました。

韓国のソウル、開発した会社は韓国未来テクノロジーと読めばいいのかな?
2016年12月のアップです。

で、ここで、あれ?日本勢は?と思ったあなたのためのページです。

なんと2014年のアップロードだ。やはり日本勢のほうが先であったか
古くからROBO-ONEで二足歩行ロボの研究に取り組んできた、はじめロボットのチームです。

さらにガワもついた しかしこのガワのデザインも もろにはじめロボットだった。

動歩行プログラムが搭載され、なおも人が乗るより、むしろおもりを載せて研究中。これが2018年1月29日。
なお腕もちゃんとマスタースレーブ方式で自在に動かせます
これまた韓国も信頼性がないことは十分にわかっているはずなので、まだまだ遊園地で乗れるのは先でしょう。
だがすでにレンタルできるロボが 日本に 存在した❢
LW-MONONOFU | 榊原機械 やはり群馬の秘密兵器工場がやってくれたか!
2017/12/29

日本の輸送力不足を解決するのはこれだ?

いや、日本のトラック輸送が本当にブラックだそうですね。
時間の余裕というのが絶対に無い。
しかし、例えば中央東線や東京の中央快速線の貨物はめっきり減ったでしょう。
日本には鉄道貨物の余裕があります。この配送の滞りに、近道で東海道線=JR東海に頼らなければ、もっと鉄道で貨物を運べるはずです。
じゃあ、そんなら、小さくてほかで使えないJRコンテナに載せ換え?
いや最近は中央東線でも新型コキ200で海上コンテナを運べるので、TRANCYのハーフコンテナが実際に運ばれているはずです。
しかし、それをトレーラーに載せ換えるのは つらい。
ならこれだ



アメリカはフリーダムで、こんな「車両が」通るのですね。
日本では鉄道車両としての整備点検の法律とか、屋根がかまぼこでないとか、いろいろ文句を言う役人がいるようですが、
もう人が足りないのではどうこう言ってられないのでは。
ちなみにJR貨物はこの方式はもうテスト済みで、模型まで出ていた記憶があります。
JR貨物ワ100形貨車 - Wikipedia
これはテスト後も解体されず、未だにJR貨物の川崎貨物駅に全部残っていると言われています。あとは国が動くだけです。
2017/11/04

都市伝説:オカルト 浄水場に絶対に必要なもの

私はたまに水道施設などのインフラに興味を持つことがあります。
浄水場は人間が汚した川の水をきれいにして飲めるようにする大事な施設で、大量に電気を使います。
浄水場の見学に 大人になっても 一回いってみたり、地図で浄水場を見つけて周りを一周したりします。
しかし、おかしな浄水場がある。
とにかくいつもリククーブログを見ている都市伝説サイト様には結構なネタになるでしょう。
このきじははなしはんぶんでみてね!

[絶対に必要なものがある浄水場]

神奈川県企業庁の谷ケ原浄水場は、
毎年6月第一日曜日に見学が開かれ、親子が入って様子を見れるところです。
とても気持ちが良く、四角い池は整って配置され、沈殿池からとてもきれいな水が出てきました。
職員は農家の性格に近そうですが、所長はさすが偉い経営者の波動がしていました。
ちょっと首を向けると水神様の祠がありました。

[絶対に必要なものがない浄水場]

広域水道企業団の相模原浄水場は、暗くて妙な工場の雰囲気がします。
監視カメラと不法投棄厳禁の警告が塀には貼られ、
周りにはなぜか鉄屑回収、リサイクルショップ、病院、など、汚いものを扱う施設が充実。
水神様の祠はありませんでした。

川崎にある長沢浄水場は、目の前の鉄塔が大島てるに載っているなど、色々変なことが起きていそうです。
幾つかの自治体の所有する施設がありますが、その周りで変なことが起こっています。
どの自治体・企業団の施設にも水神様の祠はありませんでした。

何が必要なのか

これらの浄水場はもちろん急速濾過の設備が全部あります。
しかし水は周囲の波動を吸い込んで増大する作用がある。人間の悪い波動が水に入って、増大すると、浄水場のまわりがおかしくなる。
本当に水を清めるには、水神様の祠が必要です。これは自然を尊敬し、心にも良い水を与えるのに、重要なことです。
残念ながらそれを浄水場に導入するには、「企業庁」のように営利を目的とするのを加えないといけないようです。
ふざけたことをいうなと画面に怒りをぶつけたあなた・・・いつもの「狸の水呑場」のサイトで水神様の記述を探してください。
2017/10/18

速報:クレジットカードの情報を盗む機械を発見するスマホアプリ

クレジットカードの磁気情報を盗んで、かきあつめる スキミングが流行っているようです。
スキミングの機械はとても精巧で、カモフラージュが得意です。
日本ではATMに仕掛けられますがアメリカではセルフのスタンドに仕掛けられます。
しかしそれを発見するのがスマホアプリとは?

SparkFunのエンジニアが作ったクレジットカードスキマー発見装置
実はスキミングの機械、スキマーは秋葉に行ったり通販で購入できる、よくあるデジタル部品で作られています。
通信手段もブルートゥースだし、大体どういった部品がどうブルートゥースで応答するのか、わかるというのです。
デジタル部品で名の通っているSparkFunという業者はそれに憤り対策を立てました。
だからアンドロイドストアで「Skimmer Scanner」というアプリを入れて、金を扱うところで周囲の電波を捉えればいいのです。
あと自動で警察や銀行に通報するような機能はないです。アナタ次第です。
Skimmer Scanner
このアプリもくれぐれも偽物に注意してください。
2017/02/04

こどもが気になる建物を見つけたが立入禁止だった

近くに水道の貯水池があって、横の土地から轟音が聞こえるんです。
そこに親子がずっと立っていて、なんなのか教えてやればよかった。

こどもが疑問におもうことって、現代文明そのものだと思います。
そこには今までになかった奇妙な物体や建物が至るところにある。人間の本能、または過去生というべきか、
そういうのが理解できないものが増え続けています。
気になる人はまず鉄道マニア、ダムマニアになるでしょうが、送電線マニアも水道マニアも円筒分水マニアもいます。

そうした気になった建物に限って、立入禁止なのです。そういった場合子供に何を見せればいいのか。
なおもちろん廃墟に行ってはいけません。

1:建物の正門にいき、スマホで門に書いてある建物の名前を検索する
実は気になる建物はだいたい公共インフラであるはずです。だからたいてい何らかのサイトが情報を開示しています。
公式サイトで説明があるのは水道施設とダムと鉄道です。
施設の名前は地名+役目になっているはずです。役目の部分で検索すれば、何をやっているのかたいていわかるはずです。
マニアのサイトに行けば、施設の中にある謎の物体の正体が明かされたりもします。
だが説明がちんぷんかんぷんだ。そこは父さんに聞きましょう。

2:グーグルマップで上から覗く
たとえばさっきの貯水池、グーグルマップの衛星写真で上から覗けます。GPS情報を送ってさっと現地を写しましょう。
そこには立入禁止で見えないはずの敷地に、水が湧き上がっている着水井がみえます。おそらく轟音はここから出ているのでしょう。
大抵の公共インフラはこれで上から覗けるし、どういう名前かも明らかなはずです。
しかし名前が何も出てこない、映らない、しかも立入禁止の看板に英語も書いてあり、法律で罰せられますとかいてある秘密基地がないとは限りません。その場合直ちに立ち去るべきです。

3:見学会がある
特にダムと水道施設と鉄道道路関係は別の施設かもしれないがどこかで見学会があり、自由参加なのか予約なのかまちまちですが
まさに子供見学会があるはずです。これらは公式サイトで発表されます。
ガスはもちろん見学会がなく、電気はまさに謎の施設である電力中央研究所が見学会をやっています。
このときばかりは子供が中に立ち入ることができるはずです。
また博物館に行けばかつて中で使われていた装置を見ることができます。いまの装置は電子化が進み見える動きをしないものが増えています。昔の装置のほうが面白おかしく見えることもよくあります。

4:学校の勉強のネタにできる
自由研究や自由課題でこういった謎の建物はうまくネタにできるし、水道と輸送と公共事業の知識はときにテストや受験に出ることだってあります。どこかで役に立つはずです。