FC2ブログ

記事一覧

アクリルの箱を加工する

百均とかで売っているアクリルのきれいな箱をうまく加工しよう。ドリルで穴を開けると、ドリルが食い込んで無理がかかって、ひびが入ってしまいます。とくにNACHIのドリル刃だとひどいね。三菱の刃のほうが安定しています。それでもアクリルには向きません。リューターとリューター用のビットで高速回転で切ってみよう。熱も発生するので、その熱でズバッと穴が空きます。このとき、うまく溶けたアクリルを逃さないと、リューター...

続きを読む

リククーブログ へんてこ電子工作まとめ

記事の番号がずれたのもあって、なんかみたことない、電子工作の記事をまとめます。サラウンドの研究はこっちサラウンドヘッドホンの自作(アナログ技術で)、さらにオーディオ哲学も。材料費は結局1万円を覚悟してください。簡単にはスマホにドルビーのBoomというアプリをいれるといいです。アナログのサラウンドはかなり素朴なものです。シャー芯スピーカー東京農工大学による、空気を熱で膨らまして音がなるスピーカーの稚拙な...

続きを読む

真空管は乾電池3本で動くか

真空管は果たして低い電圧で動くことができるのでしょうか。乾電池といっても、昔は45Vのものがあったらしいのですが、単3で、ヒーター電源だけではなく、プレートも供給して、動く、といったら、皆さんどう思われますか。Yahooジオシティーズが終了するために、今のうちにこのページを見てください低電圧で高感度な真空管式再生検波回路によるラジオどうも軍用の無線機に詳しいマニアが作ったらしいこの回路は、定性的に解析する...

続きを読む

期限の切れた特許と新理論でアマチュア技術をアップ

年に10回ぐらいはj-platpatをみて特許を調べます。アナログ回路を実験しているようなひとは今はあまりいないかも知れませんが、大学の研究なら、べつです。学生ならまだまだダイオードやFETの詳しい特性を知らないとか、多いでしょう。わたしもです。パワーエレクトロニクスとか、ロボットとか、結局センサーや駆動回路はアナログだったりします。回路が複雑でオペアンプがデュアルとか4こ入りであまるとか、そもそも 特性がよ...

続きを読む

qucsが異常終了する

最近電子回路シミュレーターはみんなLTSpiceで、Linuxで使うときはLTSpiceは使えないし、前から日本では有名だった、qucsを使いたい。ところが、qucsはバージョン0.0.19で、よくシミュレーションが異常終了します。どうしてこんなにおかしくなったシミュレーターをリリースできるのだろうか。qucsの話題もさっぱり日本ではなくなりました。まずはqucs-0.0.19-rc1という試験バージョンを使うことです。どうもこれのダウンロード数が...

続きを読む

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム