FC2ブログ

記事一覧

木彫り風の明朝「彫り明朝」縦書きベータリリース

Horiというフォントを2〜3年前に作っていました。JIS規格のグリフが入ってUNIX界隈のネットに出回っていたビットマップフォントkanji48.bdfの良さを活かし、なるべくうまく見えるフォントを作りたかった。そうすると、とりあえず見えるフォントに作ったNemuke、もう少しデザインを考えたHOKKORI、Horiフォントは丸い曲線と角が立つ、木彫りの文字のようなデザイン明朝フォントになったのです。しかし長いこと縦書きがとくにWindo...

続きを読む

新しいデザイン明朝「Hori」が完成

このサイトでやっている実験、昔のビットマップフォントをアウトライン化し、変換ツールの癖を使って新しい表現を可能にするfontforge+potraceからの自動アウトライン化 その新作が出ました。なおまだ不具合が完全に見つかっているわけでない。なのでしばらくベータです。ウェブフォントにできないかも。修正済み Kanji48.bdf からコンバートでJIS X 0212の文字が使えます。旧字体もそこそこかけるかもよ。今回は、potraceの-a...

続きを読む

Nemukeフォントのその後とフリーフォント大辞典

私troppositeがつくり、このブログのフォントカテゴリに紹介記事のあるNemukeフォント。奇妙な書体であり、使われているシーンを見たことがありません。同人誌ならあるのかな?クリックで拡大>>これを載せたいと、翔泳社から問い合わせをいただき、ありがたく承諾したのですが、Nemukeフォントは縦書きにエラーがあると、結局見送りになりました。あれ修正版を出したはずですが、みなさんどうですか?ところが・・・出来上がった...

続きを読む

和田研フォントの本当の使い道

和田研フォントという、不思議な形のフォントがあります。自動的にコンピューターで文字の部品を組み合わせて作られた、最初の日本語フォントです。これは実にマヌケな形をしています。いまどきIPAフォントだろう?どうしてこの様なマヌケな形のフォントが今でも公開されているのだろう?とにかく時代とともに拡張され文字の数がUnicode6.0の絵文字までものすごくたくさんあるのはすごいと思っていました。そう思っていました。とこ...

続きを読む

FontForgeのBlueValuesのエラーを直す方法

FontForgeは 無料で使える、唯一のフォントを作成できるソフトです。FontForgeでは、バグバグで正しいのかわからないけれど、一応Validiateという作業をしてくれます。いろいろな修正を要求されるのですが、なかにはフォントの表示自体に関係のある重要な問題も指摘されます!いちばんわけがわからないのがBlueValuesのエラーです。BlueValuesはただの数字の羅列です。これは、FontForgeがかってに推測して値を付けFontForge自身...

続きを読む

おしらせ

2019-04-05

フリーエネルギー技術のライセンスを変更しました

法的拘束力はともかく悪い副作用のあるライセンスよりも使ってほしくないことを明示しました。

2018年12月以前にブックマークした方へ

記事のURLが手違いで変更され、

blog-entry-***.htmlの***の番号が多くのページで5ほど前へずれています

お手数ですが修正してください。

googleの検索インデックスが壊れてしまい、復旧不能らしく、
いろいろなページが検索結果と食い違うので、サイトの移転をしています。

新リククーブログ

旧リククーブログは今年中には閉鎖するつもりです。
コピペ保存及び新ブログに移した記事をよろしくです

アクセス解析による広告

    プロフィール

    トロポサイト

    Author:トロポサイト
    社会の落ちこぼれ。
    皆がよくできることはへたくそ。
    だれもやろうともしないことは、できる。

    多く見られた記事

    記事の種類

    フリーエネルギー技術のライセンスについて

    当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、

    詳しくはこちら

    検索フォーム