2018/06/12

CSS25EU3BK6GでSMARTを表示できるようにする

Century シンプルBOX2.5 USB3.0+SATA6G USBハードディスクケース CSS25EU3BK6Gの
ファームウェアを書き換えることで、SMART情報を表示できるようにできて、運が良ければUSBブートができるようになります。
この装置にはJmicron製のJMS561というチップが使われているようです。
他社も同じチップを使っており、cloudshell2という製品で同じ苦情が来ているので、jmicronがファームウェアの書き換えソフトをリークしました。
私もうまいこと完全に成功できなかったため、手順は詳しくは話せません。ウィルス感染なども含め、完全に自己責任です。このページを理解できない人は何もしないでそのまま使うことをおすすめします。コメント欄に報告を待っています。
なお中の基板によって違うチップが乗っている可能性もあるので、念の為には蓋を開けると出てくる金属の爪をこじ開けて基板を見る必要があります。
なおJMS561は本当はRAIDのチップだそうです。

https://wiki.odroid.com/accessory/add-on_boards/xu4_cloudshell2/firmware_upgrade ODROID WIKI

の、手順を参考にします。
JMMassProd2_v1_16_14_34.zipをダウンロードして展開します。
展開したフォルダーにjsm561_fws.zipも展開します。ファームウェアのバイナリが展開されました。

JMMassProd2_v1_16_14_1.exeを管理者権限で起動しましょう。

RD Versionにチェックを入れ、jmicronとパスワードを入れます。
もし中古パソコンでユーザー名がUSERならたぶん飛ばすことができます。

私は手違いでこいつのファームウェアを更新できたはいいものの
Jmicronが用意したINIファイルを書き換えて更新したため
Jmicron製のUSBハードディスクの情報になってしまい
シリアルナンバーも別になってしまいましたが(これって商用ソフトとかで都合が悪いのね)

おそらく Save INIで.iniファイルに製品の情報を書き出し、その.iniファイルのファームウェア指定をさっきダウンロードしたファームウェアのファイルパスに書き換えて(2つ項目があります)、Load INI して、Startを押すことになると思われます。

ファームウェアは最新が強く推奨されており、現時点でv158.001.000.004が最新です。
できれば再起動もかけてください。
Linuxでsmartmontoolsを使うときは、オープンソース界隈のハードウェアデータベースに登録されていないために、使える機能を指定する必要があります。

smartctl -d sat -a /dev/あなたのJMS561搭載外付けHDDのデバイスファイル

でSMARTが閲覧できるようになります。
UASPも有効にできるみたいですが、古いWindowsやLinuxで障害が出ることがあります。これはOSの問題であり、UASP無効のファームウェアもあります。なお相変わらずTRIMは使えないようです。
USB3.0でのUSBブートが使えるようになるかもしれないですが、端子の不良なんかでだめになってしまうこともあります。
スポンサーサイト
2018/05/19

その高性能本当に必要だったの?

100%自分の話
Windowsがどうも調子が良くない いつも何かやっているせいでやりたいことができない
パソコンにArch Linuxを乗っけて、使いたいように使いたい
私のパソコンは2018年5月で全部 メモリ8GB CPUはターボで3GHzでPassmarkスコアが2500を超えている
Passmarkスコアは一番安いパソコンで700ぐらいが普通
新品だった頃は中堅クラス以上の製品

どうせなら、LinuxにSSDを搭載してしまえ
更にfirefoxやChromeのアクセス情報はprofile-sync-daemonでメモリ上だ。
DNSもパソコンにキャッシュしてもらおう。DNSをいちいちプロバイダーに引いてもらうのは迷惑らしいし
もう何も速度の低下がない

三日後
SSDはチョー速い なんでもサクサクだ。
インターネット閲覧も激速だ
なんて幸せなんだろう

3ヶ月後
はあ。
10分も無駄にできない。インターネットを急いで色んなサイトを見まくって
知識を蓄える欲が出る。しかし今のインターネットには大した情報はすぐにはやってこない
昔からやってきた私は更に焦る。パソコンは激速なので直ちにページを出してくれる
速読しまくる どんなニュースを見るかはもう「誰が」決めているのかすらしらない とにかくクリックだ

1年後
気がついたら、5chとかアンチカルトとか日本批判ブログとか某財団とか、暗い情報だらけを見るようになっていた
ポン子は1時間まるまる取られるから見たくない。気がついたらまた気味の悪い動画を見ている
風を引いたり疲れたり歯が痛かったり 時間を使う感覚にもう余裕がない そして嫌なコンテンツを見る
LinuxをHDDに載せ替える。しかもUSB2.0接続で、転送速度が出ない。オンメモリのアクセス情報はやめた。ちょうどいい速度が幸せ
そうだ・・・HDDにLinuxを戻したのは今回だけではなかったはずだ!
Xorgの画面描画をGPUにあっていないmodesetドライバーにしたこともあった!

どうでしょうか。
自分の精神にあっていない高性能というものが存在するのです。
ちょうどいいパソコンを選ぼう。パソコンだけでなくきっといろいろな機械に自分にあったものがあるはず
どうもこの心の幸せのためにパソコンの部品を選ぶという見方をしている人はどこにもいないことがわかったが
これからは必要だと思われるので公開しました
逆に必要だと思われる装置を作っているチャンネル>https://www.youtube.com/user/mudadukuri 結構幸せになるでしょ?
WindowsにSSDは標準搭載のパソコンも増えているから、似合っているでしょう。
LinuxにSSDは悪魔的な速さだ Linuxのネット民の主な使いみちは「古いパソコンの再生」
ガチの研究やサーバー目的でないただのネットユーザーは現役バリバリのパソコンのSSDに入れて無茶苦茶
ガチのPCゲーマーはOptane買おうぜ!

この問題のより良い解決策

はい。この問題はノートパソコンに「マウス」をつけることで解決できそうです。
ダイソーの青色LEDマウスがすごいカーソルの反応が早くて、すばやく次へ行けるので、上級者にはいいですね。
あと大事なのがスクロールホイールで、滑り止めがなくて力を加えるわけにも行かず、Linuxではゆっくり動かしてゆっくりスクロールするようになったらこれが効いて安心して使えるようになった。
USB2.0のままだがSSDとbtrfsの圧縮ストレージに戻すことができました。
dispcalGUIでICCプロファイルをもとに画面のいろを調整できたのも
カーネルコマンドラインに"amd_iommu=fullflush pci=ecrc=on"をつけて高速でエラーのない設定にできたのも良かったです。
つまり良い馬には良い鞍を スポーツカーには運転技術を 良いパソコンにはよい画面やマウスやキーボードを というわけです。

ついでに
Steamに昭和30年代を再現したゲームが出現、大きな盛り上がりになっているようです。
その画面サンプル動画を見て涙が出そうになった。俺は日本はいい国だと思って生まれてきたのに、その雰囲気や波動はなくなり、魂が隣人とバトルする修羅場になっていた
私の生まれる前のもう一度あったかい昭和みたいにするには、いろいろな工夫が必要で、モノや金、豪勢な旅行、権力を手に入れるのをやめて、そこそこの暮らしでみんなと仲良くするのが必要です。
学力も必死で手に入れようとすると心がついには壊れてしまう時代です。それにそこまで苦労してその後がよくなるとは限らない時代になったのです。受験戦争は魂を狂わす異常なものであり、しょっちゅう嘘が教科書に書いてあり、先生は嘘も教えます。
現代の弱虫はこうした世の中に耐えなければなりません。
どうでしょうか。昭和30年代はどんどんダムや電灯、鉄道や道路が整備され、自然が残っていながら、一応の暮らしはできるようになっていく時代だったのです。
テクノロジーも、自分の心をだめにするものはさっさと捨て去るのが大事だ、ということなのです。
2018/05/06

Windowsの都市伝説

Windowsが重くなったら、たまにLinuxのLiveCDを起動するといい
USBかデュアルブートでLinuxも起動するパソコンのWindowsはいつまでも軽い
ひょっとするとかなり効果てきめんかもしれない
それほどのライバルがLinux
しかしLinuxは悪魔的な速さだ>その高性能本当に必要?
Windowsは普通の人間がついて行ける速さを知っている

Windowsはあえて新機能を魅力的な機能にしない
クラシック音楽は美しいが、やはりK-POPを選びたい
すごい機械は持ちたい人はいないが、そこそこの機械なら持ちたい人が多い
だから一般人に合わせてあるのがWindows
自身が魅力的でないため、Macを使っているとか、Linuxを使っている気分にさせず、作業をやっていると思わせることができる
Linuxはサーバーでもスパコンでも同じく入っているすごいやつだから本質的に普及しない

Windowsはバカから自分を防護する機能が入っている
バカがわからないうちにいろいろやっても、Windowsのアップデートは止まらない、何度でもやり直すようにできている
細かい操作にもバカから自分を守るポリシーは表れている
ただしウィンドウの枠を変えるのに失敗するときなど、ハッカーに対してはかなり大げさなことをやる。この場合灰色の画面が出るだけでつかえなくなる。
だが、Linuxはコマンドの打ち間違いでシステムをズタボロにされる。何をやっても自己責任なのがLinux

Windowsには隠し機能がある
非公開APIと言われ、Microsoft自身のプログラムや、そこと協定を結んだ会社のウィルス対策ソフトが触れることができる。
Windows3.1で実装されたドラッグドロップは3.0にも存在し、Microsoft Officeが使っていたという噂もある
バージョンがアップすると、なくなることも多く、勝手に解析して作ったであろう富士通のワープロソフトがよく動かなくなった。
現在、非公開APIについて記したウェブページは全部なくなっているが、その内容は、関数の名前が不明なため、DLLの関数の番号で呼び出すというものだった
特定の順序で公開された関数を呼ぶとやたら高速、という噂もある これら、とあるオープンソースプロジェクトでは公然の秘密だという

Windowsはパクりだらけではない
例えばJavaが直接ホストの動的ライブラリを呼び出せるというのはありえないが、
実に.NET FrameworkはC++/CLIという言語を使って、実マシンのバイナリーしかないDLLを呼び出せたり、Win32のAPIを呼べたり、
あげく仮想コードとマシンの機械語の双方を混在したプログラムを作成できる。仮想マシンと実マシンのやり取りがスムーズにいく仕組みがすごい
そして以前にはこんな無茶ができる環境はあり得なかった
ほかにPowershellはコマンドラインとしてすごい現代的で、40年同じUNIXシェルではない
メールがHTMLになっているのも昔のWindowsのOutlook Expressが元祖
HTMLとjsで書いたWebページの拡張子を.htaに変えれば、デスクトップアプリの出来上がり
Windowsの魅力は常に探さないと見つからない

Windowsとオープンソース
オープンソースのソフトはなぜかWindows版もあるソフトのほうが立派で、バグもないし、無料なので大人気
開発は寄付で成り立っているが、Windows版もある方が寄付は入るだろう。
GIMPに関してはPhotoshopとの差は論争があるが、将来、GIMPでいいのにみんなPhotoshopを使うという展開になるかもしれない。そういう資本主義を完全に否定できないもどかしさ。

Windowsの昔のソフトへの異常なまでの情熱
例えば、バグのあるDLLを新しいバージョンでもわざと取って置くため、どのDLLで動くかヒヤヒヤするDLL地獄がある
再配布可能パッケージやDirectXでさえもそう
昔のソフトが動かない報告が入ると、動くようにWindowsの動きを特定のソフトのために変更し、さらに昔のソフトのバイナリーに手を付けたことさえあるらしい
おかげで、プログラムから正確なWindowsのバージョンを把握するのが、難しいとも言われる こんなときは商品名のほうをつかむ
Windowsのバージョンが8から10に飛んだのも、Windows「9」で昔のwindows95とか98とか把握するソフトがあるからだ、とも言われる
Windowsが売れ続けるための努力を惜しまないMicrosoft。

パソコンの修理
Linux:ふんだんな知識をもとにピンポイントでおかしな部分を直す コンピューターの専門家はふつうこうだったはず
Windows: チェックディスクやって sfc /scannowやって だめなら復旧 それでもだめならリカバリだね
Windows: とりあえずこの問題はウィザードかFixitだな
Windows、おまいは適当で治るのか…
さらに、パソコンが重くなった場合も、Windowsならクリーンアップとかデフラグでなんとかなるが、
Linuxならシステムを軽量化して最悪ディストリを変える。Linuxを使うとずっとそのことを考えるようになるが、
Windowsならパソコンを買い換えるだけだ。お金がかんたんに解決してくれる、Windowsの世界だ。

Windowsのビジネス
WindowsはLinuxみたいにじぶんだけよかれではない 開発ツールはドキュメントまで作りこんであるなど、そっちの方面は愛さえ感じる
Linuxの開発ドキュメントは英語だけで、ルールブックのようによくわからないものだ
Windows10は既定で使うな!という本が売れている。事実これがMicrosoftのやりかた
いろいろな違う会社のソフトを入れてもらって、どんどん強くなる デフラグでさえ様々なソフトが外部から出ている
周りにフリーソフトやいろいろな商用ソフトがあり、みんなダウンロードされ売れるようになっているのがWindowsの世界
もっともMacの世界は更にお金が必要であり、ちょうどいいようにできているのがWindows なおもLinuxは自己責任

パソコンは洗練されていない機械
なぜ、パソコンは、
寄せ集めの部品でできたPC/AT
x86の機械語がまったくぐちゃぐちゃで脆弱性がたくさん
MS-DOSは気が付いたら拡張だらけ
Windowsの評価は・・・まあね
いくら歴史があるとはいえ、軍用の技術の転用がいろいろあるが、パソコンのほうにもやってこないのがなぜ?
パソコンはいつまでも洗練されていないコンピュータとして君臨する
私の推測は 実はパソコンこそが最も互換性が高い それはアトランティス並びに隠された1万年から5000年ほど前の古代文明のバイナリがそのまま動く ということ。
そうでなければプリンターみたいな必要悪?でない洗練されていない機械などなくなっている。
古代文明のバイナリは時代を超えたハイテクであり、ちらほら商用ソフトに入っていると考えられるが
まだまだひみつにされているものは恐ろしいことができるはず スパイウェアなんて何ができるか現代科学でわからないだろうね。
現代文明はアトランティスの再来も入っており、みんなの心がけがなければ沈没がなくても滅ぶであろう
スマホにはまらずにじぶんからできることがとても多いパソコンに立ち返ろう 情報でなく心でつながろう
2018/04/02

日本製ソフトのここを良くするべき

日本製ソフト、ソニーとか、時代より何歩も先を行って犠牲になる時もありますが何が違うのか

作りが甘い

ソフトウェアってどこまでも精密に作り込めるのね。
ハードウェアはできてしまったら終わりだが、ソフトウェアはバグ修正も細かい動作もみっちり作るところは無限にある。
すると何が起こるか。日本人はいくらやっても終わらないようなことは諦めてしまうのです。
すると、とにかくガワ(UI)をよく見せるのがアップルのすごい所で、これだけで欠点を無視させることができます。
iPhoneはタッチ認識も大した精度です。スワイプだけで快感を感じさせるようにできています。いや、ホーム画面を傾けるだけで結構です。壁紙がちょっと動くのです。

セキュリティが甘い

詰めが甘いというのはセキリュティもそうです。
官公庁や企業で度々ハッキングや情報流出が起こっている。
セキリュティというのは投じることの出来るだけの投資をするべきです。
人を疑うことを知らないのもでかい。金庫が開いていても誰も盗まないこと日本ではよくあるでしょう。
人を疑わないとセキリュティの準備はやり方が思いつかない。
学校いじめも政治も経済もマスコミ、ネット工作など日本人は結局強い奴に屈するようにできている。これもまた心のセキリュティの欠陥。

囲い込み

NECのPC-9801も ソニーのウォークマン+SonicStageのDRMなど、どうも延々と成功するわけに行きません。
なぜ、終わりが来るのでしょうか。
成功したのは古くはIBM360互換の富士通・アムダール連合です。「互換」が勝ってしまうだと?
PC/AT TCP/IP UNIXクローン、HTML、XML、公開された技術が世界を制しているのです。
ついに映像フォーマット H.264 H.265 AV-1までオープンにせざるを得なくなってきているのですから、(ええあのDOLBYが根負けしてるようです)
そんな時に日本は、日立は日立、NECはNEC、SONYはSONYで独占しようとすると、逆に首を絞めます。
こんな時に、日本はと。談合を禁じているのです。ええ海外ではひどいスキャンダルですが、日本は談合で得意な担当を決めるやり方が最もいいのです。
日本はどんどん特許プールに参加せざるを得ません。
オープンソースで霊的ダルマを貯めるのが海外のやり方でもあります。
誰もが必要とする技術は、ついに誰かが独占することができなくなるのが真理なのです。これがリククーブログの一貫した考えなのです。

下請け問題

日本人は本当に真面目に働きたいのでしょうか。帰れるならかえってゲームをやりたいとか、
電車が止まったら楽になるのにとか、ラッシュは嫌だと思いながら、言葉に出さずにしまいこんでいる。
挙句匿名Twitterにミサイルが家の職場に当たればいいのになんて。悪魔が社畜をせせら笑う声が聞こえる。
一方でできるプログラマはGoogleで、自分の部屋を好きにして、休んで、なにか思いついて、猛烈にタイプすれば、世界を変える何かができているのです。
Slackは本当はサボるという意味です。Slackはハッカーの間ではいい言葉なのです。楽に成果を出す、これがコンピューターの世界なのです。
日本で根を詰めて事務仕事のごとくコードを書いてなにかいい事あったのでしょうか。それは丸投げしたくなるでしょう。
個人プレーでありながらサッカーのように全てつながるのがプログラミングです。協調性もないと他人と協力して、ひとつのソフトを作れません。
他人の善意のコミットに震え上がっているようなら最後です。
こんな時に日本の専門学校は、とにかく専門知識を覚えればできるなんて、そんなコミュ症のできる開発なんてないです。
学校単位で実際に大規模横断プロジェクトを行い、大規模開発のノウハウを身につけさせるべきです。

総論

という事で日本人はソフトウェアを作るのが非常に難しい民族だとわかる。
開発者はまず楽をして自分の利益を最大にする考え方を身につけるべきです。最も日本人らしくないが、上にいけば行くほどどうせそういう人なのですから、真似をする人権がないわけではないでしょう。
日本人の上役はついに金銭的な利益を求めていません。金銭的な利益なら欧米型の下にも金を与えるやり方が勝てます。
日本人の上役は精神エネルギーの搾取という最も高い次元の暴力が使えます。おそらく昔から。
そう捉えると、いまの日本の技術、経済、精神レベルの没落が、非常に理解しやすくなるのです。
さすが心の日本人、情緒の日本人、争い事の次元が全く違うのです。暴力なんて最も次元の低い争いなどしません。
法律を破ることももはやしません。彼らはマインドコントロールの手口を使い、我々に同意をさせます。
日本で起こっていることはスピリチュアル戦争なのです。
とにかくうつ病対策の資料には従来の日本人の感覚の逆が書いてあり、一番大事なのは、自分を愛するという事なのだそうです。神がこの言葉を言われたとする文献まであります。
日本で自分を愛していると宣言すれば、たちまちナルシスト臭ですが、
よく考えてください、いつもつかうことばがいかに自分のエネルギーを差し出してしまうか。いつもつかうことばがいかに他人への服従を求めるのか。なぜ日本だけでそのような言葉が正式なマナーなのか。

もはや開発者、日本の神々が意図したような奴隷ではないです。そのずっと下、エネルギーを使い果たして死んでしまうだけの、マンガン電池みたいなものです。
このツイッターがおすすめ https://twitter.com/NyoVh7fiap https://twitter.com/sinrizm
2018/03/30

Yahoo!カテゴリ 終了によせて

いまみんなは、スマホの検索窓で、色々検索していると思います。
検索って新しい情報に出会うための最初にやることだよね。
しかし、昨日にいたって、検索というのは自分の心の世界を広げることがないと気がついたんです。
つまり、検索エンジンは、自分の考えにそったサイトを表示するだけで、
例えば自分の政治思想の間違いは 検索キーワードを変えない限り、わからないのです。
動画検索もそうです。自分の好きな動画ばかり出てきて、自分の世界から一歩も外に出てこない。
みんな 自分の考えが大好きです。自分の趣味が大好きです。自分大好きです。
今までの自分を超えるには、自分の考えを疑う必要がある。

そんな時に紙の辞書がある。紙の辞書はとにかくめくってページに書いてあることを見れば
不思議なことに、自分にとって いくつか面白いことが書いてある。
しかも、自分の中には全くない知識で、思いもつかなかったこと。これは検索では絶対にできない。

私は小学校にWindows95が導入されたので、実はネット黎明期からインターネットを使っています。
YahooカテゴリはYahooのトップページのすぐ下からアクセスできて、適当にそのリンクを押せば、
いろいろな知識を持ったサイトに行けて、とても面白かった。
あの頃のサイトはWeb1.0なんて言われるが、本のように見やすくて、大興奮した。
Yahooカテゴリはインターネット上という辞書、その索引として機能していました。

検索エンジンがでてきて、不完全な、いらないページまで出す検索エンジンは、不思議なことに、新しい情報に飛びつく手段だった。だから面白かったことに、今気づきました。
みんな検索エンジンに飛びついた。
今の検索エンジンは性能が非常に上がったぶん、自分の世界から一歩も外に出なくなった。結果インターネットは非常に疲れるがやめられない。

最近は検索ばかりしていたが、やっと気づいた頃に、Yahooカテゴリがなくなるというのは残念で、
みんなも、検索キーワードがどうしても思いつかない場面があるはずなので、
検索キーワード索引のサイトを作る計画を立てるつもりです。

現存する、Yahooカテゴリのようなサイトは、
英語のhttps://botw.org/ Best of the Web でしょう。
Curlieというプロジェクトは日本語版も微妙に更新されています。http://curlie.org/World/Japanese/
また、インターネット上の辞書として、Wikipediaと、偏りがあるが人手でしっかりまとめているものは、ニコニコ大百科と、通信用語の基礎知識
第一印象やステレオタイプ、気になる特徴を探りたい場合は、chakuwikiがお勧めです。
これらに出てくるキーワードで、更に詳しいことを検索で手に入れることができます。
またインターネット黎明期のやり方として、検索し直すのではなく、
今見ているページのリンクを踏んでどんどん新しいところに行く、ネットサーフィンがあります。
自分が興味を持っているサイトは、だいたい、別のサイトのトップページへのリンクを持っていて、それが、全く新しい知識を手に入れる有力な情報源なのです。
NAVERまとめはわかった気にさせるのが得意だが、リンクからいけるネタ元のサイトのほうが面白いことがよくあります。
また特に好きでもない奇妙な検索キーワードを思いついたなら速攻で打ってみるのも有力です。