FC2ブログ
2018/08/09

メモリーがデュアルチャンネル動作にならない

パソコンのメモリーがデュアルチャンネル動作にならず、
メモリーを取り替えたり増設して、
同じメーカーの同じ転送速度の同じ容量のメモリー2枚でも
速度が向上しない、理論値にならないことがあります。

私が見つけたのはどうも

AMDのCPUではCPUの対応した転送速度より上の転送速度のメモリーでデュアルチャンネルをやっても
多分そのCPUの定常最大クロックまでは動作してくれるし、
(ターボ無しで最大1.8GHzのCPUの場合、DDR3-1866までは対応可能かもしれない 転送速度は0.66GB/秒減って14.2GB/秒)
この場合、CPUのクロックとメモリークロックが
同じになるため、キャッシュの待ちがなくてそれこそ本当に爆速になる

intelのCPUではintelの公式サイトに書いてある転送速度より上の転送速度のメモリーを積むと
すみませんが訂正!
公式サイトに書いてある転送速度で動く が、ノートパソコンではBIOSによってCPUクロックなどと同じように、転送速度には制限がかけられることがあるようです。
更に公式サイトに書いてある転送速度より上のメモリ同士だが、転送速度が違うメモリーは起動すらできないことがあります。
例:(DDR3-1066まで対応のCPUで DDR3-1333 と DDR3-1666 を組み合わせる)
確実な動作のためにはAMD、intel、ともに、公式サイトでCPUの対応メモリを調べてメモリーを買う必要があります。

さらに体感速度を上げる裏技がある。それはintelのCPUでもわざとハイパースレッディングやコア数を削って、
CPUのデータ長(64bit=4バイト) * クロック周波数 * コア数 = チャンネル数 * DIMMあたりの転送バイト数
で揃えることです。キャッシュへメモリーから読み込む待ち時間がなくなると快適になります。
更にベンチマーク結果もほとんど変わりない 余計な回路が動かないために電磁波を気にする人も安心
Linuxだと昔はコア数-1の数でスレッドを動かすことが多かったのも意味があるのです。
スポンサーサイト
2018/07/05

パソコンのCD/DVDドライブが調子が悪い

パソコンのCD/DVDドライブを開けると、目玉が見える。
目玉はレンズクリーナーで拭いてみた。とか、ディスクを拭いたとか、いろいろやってもできないことないでしょうか。

よく見ると、目玉の周りに巻線が見えることがあります。
そう電磁石で目玉の向きや高さを変えている。

で、磁石に釘をくっつけると、その釘が別の釘をくっつけることがある。
釘が磁石になるように、磁石でないべき部分が磁石になったら、
目玉を動かす電磁石が上手く動かない。

CD/DVDドライブの調子が悪いとき
小さなフェライト磁石を目玉の上で振りつづけ、だんだん目玉から離すと、
磁石でないべき部分の磁化が取れる。(まさかフレームが鉄とは・・・)うまくディスクを認識できる。

また、目玉を横に動かす部分の調子が悪いと ディスクの最後が読み取れない。
なんか特許でそういうのを治すものがあったはずです。
なければいきなり最初の曲や最後の曲に飛ぶというのを繰り返してみてください。
2018/06/27

資本主義とセキリュティ脆弱性

ここのところコンピューター業界の様々な分野で脆弱性が発表されています。
中には普通にすべてのパソコンに入っている部品に関するものもあります。
2012年頃までは落ち着いていたようですが、それも脆弱性が潜伏していただけです。
本当に古くから見つけ出されていない脆弱性が、まだあるかもしれないのです。

売れればいい悪しき資本主義は カルト宗教に収束します。
カルト宗教のやり方が物理的な商品もなくとんでもない金を集めます。
そして奴らは稼いだ金をそう使いません。結果経済が衰退して、彼らだけが権力を手にします。
実はソビエトでも現実的には同じようなことが起こりました。
世の中に金が回る健全な資本主義のためには、消費者が商法を見破り、抵抗する必要があります。
すでに500mlペットボトルは435mlになり、チーズは数を減らされたり、薄くなり、海外ではパッケージの小細工が広まっています。
そしてパソコンの性能が一通り必要なものになり、これ以上の成長はゆるい今、その買い替え需要は、脆弱性によるものなのです。
情報が漏れたら危ない。だから買い換える。情報を管理するためのパソコンがこのざまです。

1:紙を使う プライベートな個性が明らかにされる、落書きも、オンラインに置けば、統計に使われるでしょう。
とにかくパソコンを使うことまでのことではないことは、紙でやり取りでしょう。日本ならFAXもあります。
更にCIAでは機密資料は紙であり 未だにタイプライターがおいてあります。これがすべてを見抜いているということです。
昔はワープロやパソコンで書いた資料は大きな価値があったが、今そういった落ち着いた活字だらけの資料はつまらない
逆に手書きの資料は釘付けになるでしょうね。今はカラーコピーもあるので、プレゼンでもいけます。
人と直接会えるなら会うのも重要だし、音楽もアカペラで十分なこともあります。

2:不要な機能は使わない ブルートゥースも無線LANも必ずしも必要ではないです。必要ないソフトが動いているのもよくありません。わけわからないがインストールしちゃったというのがよく最悪のパターンです。
LINEやTwitter、増田で必要以上にくだらない話をしないのも重要です。自分の時間と、個性は あまり人や企業にかき回されないほうがいいです。
エロサイトは罠だらけだが、例外的にある種のサイトだけは見る人を怒らせると大変なために、穏やかです。それはあなたが一度は入ったサイトかもしれません。
オフィスソフトは安物は中華や韓国のものがある。高くてもMicrosoft Office365一択。お金がないならLibreOfficeにしよう。
ウイルス対策ソフトもメーカーの「国」で選ぼう。

3:アップデートはすべて受け入れる また再起動かよ また使えないのかよ だがパソコンには自分の時間が必要です。
アップデートがある限りはかなりの脆弱性が埋まるので安心です
できれば今日はこれ以上パソコンを使わないなというときに「更新してシャットダウン」や手動でアップデートをかけたほうが、落ち着きます。
BIOSやファームウェアのアップデートが入ったときは特にいきなりシャットダウンはパソコンが死ぬ可能性があります。待ちましょう。

4:強固なパソコンを選ぶこと
最初から強固なパソコンを用意するといいでしょう。女子供にもわかっている人が機種を選んであげるべきです。
今の所 CPUはAMD製 無線LANは最新規格もしくはやはり有線接続が最強かな カメラは必要ないときはテープで塞ぐ
そして安物を5年以内に買い換えるのが一番おすすめです。新型なら買ってからのアップデートもあるし、やばいとわかったパソコンから乗り換えるのも簡単です。
この点ゲーマーならどうしても高いパソコンが必要なのでゲーム機のほうが安くつくかもしれません。
無線LANならときにはパソコンの内蔵を切って新しい外付けだけを使うようになるかもしれません。時と場合によりますが、誰でも危ないような脆弱性は発見されたらネットでニュースになるのが常です。

5:スマホが安全とは限らない
実はスマートフォンも安全とは限らないし、カメラとマイクまで服のポケットに入れておくような機械ですから、
スマートフォンでも上記の注意点が必要で、アプリもあれこれ入れないでどうしてもほしいのだけ入れましょう。
アップデートが来なくなったスマホ、そろそろ変えどき。日本製はアップデートがすぐになくなりやすい。
今の所アップルなら個人情報の管理についてはポリシーがしっかりしています。
アンドロイドは自分で身を守らないといけない知識がやや多いです。だがウィルス対策ソフトが存在するのも、アンドロイドです。傘マークのAviraやパソコン用も出しているメーカーのが信用できます。
それからネット保守ならHuawei、ZTE、Xiaomi、Galaxyを避けるのは常識。え、しらない?

6:これらの文章がわからなかった女性は
とにかく近くの知識があり信用できる男にパソコンやスマホで困ったら見てもらおう。
実は私、パソコンに詳しい女性に一人出会ったことがある。
また、女の勘は重要です。くれぐれも気味が悪いと思ったら アプリなら入れない、メールなら返事しない、パソコンやスマホは新しいのにする、カメラはテープで塞ぐ、紙でできることは紙でやる、直接会えるなら会う、ときには個性をごまかす、そしてアップデートはいらつかずに待ちましょうはい。

7:お金がない場合
知識=お金 使うのが難しいLinuxを入れてみる?。程よい機能を持ったソフトがただで使えるが、問題が起こったら自己責任で対処。検索しまくるのも忘れない。運良く使えたら意外とかなりセキュリティが良い。
むしろお金がないから使うものではなく、ゲームやアプリというよりコンピューターそのものが好きな人の理想郷であり、苦手な人は地獄を見るかもね。
更に狭い門 OpenBSDが今の所一番セキュリティが強いが、いろいろ機能が使えないし、もう初心者は冷たくあしらわれる世界。セキュリティが確保できてもあなた自身が幸せになれる保証がない。
つまり日常の幸せとセキュリティはトレードオフ!金があれば新しいパソコンやスマホを買うだけさ!
2018/06/12

USB/eSATAハードディスクケースCSS25EU3BK6GでSMART情報を表示できるようにする

Century シンプルBOX2.5 USB3.0+SATA6G USBハードディスクケース CSS25EU3BK6Gの
ファームウェアを書き換えることで、S.M.A.R.T情報を表示できるようにできて、運が良ければUSBブートができるようになります。
この装置にはJmicron製のJMS561というチップが使われているようです。
他社も同じチップを使っており、cloudshell2という製品で同じ苦情が来ているので、jmicronがファームウェアの書き換えソフトをリークしました。
私もうまいこと完全に成功できなかったため、手順は詳しくは話せません。ウィルス感染なども含め、完全に自己責任です。このページを理解できない人は何もしないでそのまま使うことをおすすめします。コメント欄に報告を待っています。
なお中の基板によって違うチップが乗っている可能性もあるので、念の為には蓋を開けると出てくる金属の爪をこじ開けて基板を見る必要があります。
なおJMS561は本当はRAIDのチップだそうです。

https://wiki.odroid.com/accessory/add-on_boards/xu4_cloudshell2/firmware_upgrade ODROID WIKI

の、手順を参考にします。
JMMassProd2_v1_16_14_34.zipをダウンロードして展開します。
展開したフォルダーにjsm561_fws.zipも展開します。ファームウェアのバイナリが展開されました。

JMMassProd2_v1_16_14_1.exeを管理者権限で起動しましょう。

RD Versionにチェックを入れ、jmicronとパスワードを入れます。
もし中古パソコンでユーザー名がUSERならたぶん飛ばすことができます。

私は手違いでこいつのファームウェアを更新できたはいいものの
Jmicronが用意したINIファイルを書き換えて更新したため
Jmicron製のUSBハードディスクの情報になってしまい
シリアルナンバーも別になってしまいましたが(これって商用ソフトとかで都合が悪いのね)

おそらく Save INIで.iniファイルに製品の情報を書き出し、その.iniファイルのファームウェア指定をさっきダウンロードしたファームウェアのファイルパスに書き換えて(2つ項目があります)、Load INI して、Startを押すことになると思われます。

ファームウェアは最新が強く推奨されており、現時点でv158.001.000.004が最新です。
できれば再起動もかけてください。
Linuxでsmartmontoolsを使うときは、オープンソース界隈のハードウェアデータベースに登録されていないために、使える機能を指定する必要があります。

smartctl -d sat -a /dev/あなたのJMS561搭載外付けHDDのデバイスファイル

でSMARTが閲覧できるようになります。
UASPも有効にできるみたいですが、古いWindowsやLinuxで障害が出ることがあります。これはOSの問題であり、UASP無効のファームウェアもあります。なお相変わらずTRIMは使えないようです。
USB3.0でのUSBブートが使えるようになるかもしれないですが、端子の不良なんかでだめになってしまうこともあります。
2018/05/19

その高性能本当に必要だったの?

100%自分の話
Windowsがどうも調子が良くない いつも何かやっているせいでやりたいことができない
パソコンにArch Linuxを乗っけて、使いたいように使いたい
私のパソコンは2018年5月で全部 メモリ8GB CPUはターボで3GHzでPassmarkスコアが2500を超えている
Passmarkスコアは一番安いパソコンで700ぐらいが普通
新品だった頃は中堅クラス以上の製品

どうせなら、LinuxにSSDを搭載してしまえ
更にfirefoxやChromeのアクセス情報はprofile-sync-daemonでメモリ上だ。
DNSもパソコンにキャッシュしてもらおう。DNSをいちいちプロバイダーに引いてもらうのは迷惑らしいし
もう何も速度の低下がない

三日後
SSDはチョー速い なんでもサクサクだ。
インターネット閲覧も激速だ
なんて幸せなんだろう

3ヶ月後
はあ。
10分も無駄にできない。インターネットを急いで色んなサイトを見まくって
知識を蓄える欲が出る。しかし今のインターネットには大した情報はすぐにはやってこない
昔からやってきた私は更に焦る。パソコンは激速なので直ちにページを出してくれる
速読しまくる どんなニュースを見るかはもう「誰が」決めているのかすらしらない とにかくクリックだ

1年後
気がついたら、5chとかアンチカルトとか日本批判ブログとか某財団とか、暗い情報だらけを見るようになっていた
ポン子は1時間まるまる取られるから見たくない。気がついたらまた気味の悪い動画を見ている
風を引いたり疲れたり歯が痛かったり 時間を使う感覚にもう余裕がない そして嫌なコンテンツを見る
LinuxをHDDに載せ替える。しかもUSB2.0接続で、転送速度が出ない。オンメモリのアクセス情報はやめた。ちょうどいい速度が幸せ
そうだ・・・HDDにLinuxを戻したのは今回だけではなかったはずだ!
Xorgの画面描画をGPUにあっていないmodesetドライバーにしたこともあった!

どうでしょうか。
自分の精神にあっていない高性能というものが存在するのです。
ちょうどいいパソコンを選ぼう。パソコンだけでなくきっといろいろな機械に自分にあったものがあるはず
どうもこの心の幸せのためにパソコンの部品を選ぶという見方をしている人はどこにもいないことがわかったが
これからは必要だと思われるので公開しました
逆に必要だと思われる装置を作っているチャンネル>https://www.youtube.com/user/mudadukuri 結構幸せになるでしょ?
WindowsにSSDは標準搭載のパソコンも増えているから、似合っているでしょう。
LinuxにSSDは悪魔的な速さだ Linuxのネット民の主な使いみちは「古いパソコンの再生」
ガチの研究やサーバー目的でないただのネットユーザーは現役バリバリのパソコンのSSDに入れて無茶苦茶
ガチのPCゲーマーはOptane買おうぜ!

この問題のより良い解決策

はい。この問題はノートパソコンに「マウス」をつけることで解決できそうです。
ダイソーの青色LEDマウスがすごいカーソルの反応が早くて、すばやく次へ行けるので、上級者にはいいですね。
あと大事なのがスクロールホイールで、滑り止めがなくて力を加えるわけにも行かず、Linuxではゆっくり動かしてゆっくりスクロールするようになったらこれが効いて安心して使えるようになった。
USB2.0のままだがSSDとbtrfsの圧縮ストレージに戻すことができました。
dispcalGUIでICCプロファイルをもとに画面のいろを調整できたのも
カーネルコマンドラインに"amd_iommu=fullflush pci=ecrc=on"をつけて高速でエラーのない設定にできたのも良かったです。
つまり良い馬には良い鞍を スポーツカーには運転技術を 良いパソコンにはよい画面やマウスやキーボードを というわけです。

ついでに
Steamに昭和30年代を再現したゲームが出現、大きな盛り上がりになっているようです。
その画面サンプル動画を見て涙が出そうになった。俺は日本はいい国だと思って生まれてきたのに、その雰囲気や波動はなくなり、魂が隣人とバトルする修羅場になっていた
私の生まれる前のもう一度あったかい昭和みたいにするには、いろいろな工夫が必要で、モノや金、豪勢な旅行、権力を手に入れるのをやめて、そこそこの暮らしでみんなと仲良くするのが必要です。
学力も必死で手に入れようとすると心がついには壊れてしまう時代です。それにそこまで苦労してその後がよくなるとは限らない時代になったのです。受験戦争は魂を狂わす異常なものであり、しょっちゅう嘘が教科書に書いてあり、先生は嘘も教えます。
現代の弱虫はこうした世の中に耐えなければなりません。
どうでしょうか。昭和30年代はどんどんダムや電灯、鉄道や道路が整備され、自然が残っていながら、一応の暮らしはできるようになっていく時代だったのです。
テクノロジーも、自分の心をだめにするものはさっさと捨て去るのが大事だ、ということなのです。