FC2ブログ
2018/10/09

日本で科学技術はどうあるべきか

日本はハイテクの国だとか、素晴らしい職人の国である、と言われてきました。
いまテレビは盛んにそれを喧伝しているけれど、
実際、日本では、例えば職場でも、学校のクラスでも科学技術ってどう思われているのでしょうか。
また、なぜしばしば、日本の研究は日本の企業の予算がつかずに海外資本になるのでしょうか。

日本はハイテクの国だということになっている。しかし
アニメオタクがもはや王座を獲得したのに対して、技術オタクの地位はそう高いとは言えない。
むしろみんな日常の話から科学技術の話を避ける。
プログラミングをやっているとか、半田付けをやっているとか、逆にみんなに話したら引かれる。
みんな本当は科学技術に興味などない。結果職業エンジニアでも、本当には社会的に勝つことはない。投資もない。
工業高校の先生も、本当はどれだけ自分の教えていることに興味を持っているか、です。
日本の電子回路/デジタルの教育は非常に抽象的だったり、何も知らないものにはこう簡単にいえばいいみたいな風潮があり、
実際教科書にのっていることで奥儀までたどり着けないことが普通です。
なんとAMラジオの包絡線検波、トランジスタによるヘテロダインのアナログ乗算も理論が適当で、間違いがあるというのです。
更に真空管、FET、トランジスタの特性の違いも文で説明しないというのです。
https://ji1nzl-official.blogspot.com/にくわしい。
またあるアナログエンジニアは新しいトランジスタ回路理論の教科書を出して亡くなりました。
またCMOSばかりのロジック回路の今未だにTTLでもないECLが載っている教科書が大学で使われることもあります。
日本では科学はまだ錬金術であり、魔法の世界とほぼ同じ階級があるのです。
科学教育に裏切られた私みたいに、疑似科学にロマンを求めてしまうのです。もうすぐ永久機関の時代だとね。

NHK総合でかつてプロジェクトXという偉大な番組が毎週火曜日よる9時に放映されていました。
日本の戦後を豊かにした素晴らしい地上の星たち。技術屋がどんな困難も乗り越える。
最初はすごいウキウキしてみていたんですが、なぜかだんだん妬みがわいてきて、だんだんつぶしたくなり、最後には番組自体がつまらなくなった。
おかしい。あれほど素晴らしい番組を見てなんで心が傷つくのか、そしてそういう自分の思いがまわりまわって日本の技術を退廃させているのか?
どうもあの番組自体に問題があり やはりマスコミだから、脚色を盛大にやって、地上の星は神格化され、業界人の真の思いはまるで番組にならなかったらしい。
新幹線の島秀雄をはじめ、真の功労者をほぼ隠されています。まるで宗教とか、ソビエトのプロパガンダだったわけ。
こうでもしないと技術開発は番組にならないのが日本のおかしなところだし、みんなの妬みを誘って技術力低下なら、恐ろしい。
あまり知られていない本を読まないと、真実は見えません。たしか「メタルカラーの時代」にさえ非難があります。
実際に開発した人が著者である本、実際に会社で上司であった人が著者である本なら、信頼できるという話もあります。

また現代ではあるIT企業ではどうもカルト宗教見たく新人をその人が一番苦手な部署に必ずつかせて、
びちくそに自分の才能や自我そのものに絶望させ、ロボットにしてしまうところもあるようです。

日本という国の作りとして、心の国、情緒の国というのがある。
日本の偉大な数学者である岡潔がなぜか哲学の口演をよくやるようになる国です。
多分理詰めとか、定量とか苦手な頭なのでしょう。
その代わり心をガチガチに鍛え上げる国です。他人の思いをよく汲み取りながら、自分を思い切りねじ込むこともできます。
そういう心の次元の国です。協力するのも喧嘩するのも心でやります。

はたしてそういった日本には本来優れた科学技術は必要なのでしょうか。
むしろITが普及するとだめになってしまう。ウォークマンまでは日本だったが、iPodにやられる。
みんなが協力して働いていたのが、パソコンやスマホが割り込んできて逆にだめになる。
高度成長時代は安くて高品質が海外輸出でうけたからみんな頑張ったのであって、バブル以降はうやむやですね。
だからITで会話とか電子マネーとか苦手なのです。みんな。本当は心で全部できるからです。
心を21世紀のハイテクは置き換えようとしているのです。

それでは、結局日本はどんな発明やどんな製品で行けばいいのか?
私はグッドデザイン賞をみてなんでもないファイル(物理)とかカッターとか醤油差しとか鍋とかがいっぱいあるのを見て、
これが日本だと思わずを得ない。どれも人間の機能を置き換えるものではなく、補強するものです。
もう技術、技術、ハイテク、それをむやみに追い求める時代は終わりです。核でなくともそれで地球を壊してしまうでしょう。
人類に丁度いい技術とは何でしょうか。人類の手に負えない技術を、世界は必死に研究しているのです。
ハイテクはもう安いコストではできません。修理も運転操作も人間の頭を超えないとできない、作っただけでろくに動かせない、むしろ何に使ったらいいかわからず悪い事に使うような代物になってゆくでしょう。
人間の機能を置き換えてしまう「破壊的」なハイテクは中国やアメリカにまかせて、
日本は本当に幸せのために必要なもので売っていきましょうか。

原発の問題は自分で考えてみてください。私から言うとあんなものを動かすような精神的な用意が日本にはできていません。
堂々とアニメのザ・シンプソンズで暴走した原発を止めるというテーマをやっている国こそがうまく行くのです。

で、私だけではないのだなと思ったのは、宗教などで厳しい教育を受けている子供は、娯楽のだいたいを禁じられるが、
それこそプログラミングや電子工作、ロボットで切り抜けることが結構多いと思われることです。
これが常套手段になるはずです。科学技術で豊かではなく幸せになろう!
そのために科学技術の勉強は先生がなんと言おうと苦しまずに楽しくやろう!(Newton別冊から入ってもいいぐらい)
程よくハイテク製品を買ってそれなりにっ楽しく過ごそう!
興味のない人でもホームセンターにいって自分で簡単な何かを作ってみよう
スポンサーサイト
2018/09/15

日本の科学技術の低迷について

日本の科学技術が低迷しています。
中国に論文数や質で抜かれようとしている。
更に韓国も勢いがすごいし、アメリカも今でも世界一だ。

私が工業高校に入っていて、他のみんなはもう学歴とって仕事にありつければいい感じで、
勉強をやる気がなかった。
私自身ができない勉強をやろうとするから 今このいんちきブログを書いているわけで
それどころか日本のエンジニア全体がもう勉強が追いつかなくてなんとか仕事にありついているのね。

日本人の頭ではもう、これからのハイテクを理解するのは難しいでしょう。
家電の方です。複雑で高度で重要な技術を日本で行うのは難しい。日本人の頭が追いつかない。
だからフクイチが問題なのです。

一方でそれは未だに東北大学から出ている量子やナノテクの発表など、基礎研究って予算さえ付けば日本のほうが頭いいし、
数々の日本の発明はむしろ 単純で、高度ともかぎらないが、重要な 技術のほうだったはず。
そこが日本の得意なことだったはず。
いま調子がいい電子部品メーカーも単純で高性能なコンデンサやフィルターを作っています。
また東芝やエルピーダではなくもとから半導体専業のサンケン電気やロームみたいなメーカーも生き残っています。

また研究者の気分が大事で、間違ったことを研究していると体調が悪くなるが、正しい研究ならどんどん進むはずです。
つまり 自分の体調でわかるのです。これが生命の不思議なところです。

日本の科学技術は暗黒時代かもしれないが、今一度、得意な研究でオンリーワンの地位を日本は確立できるでしょう。




これは日本の自動車の歴史でとても有名な豊田自動織機 AA型 トヨタが最初に創った車だが、
ボディはクライスラーのデソートエアフロー シャーシーはシボレーのパクリだった
シリンダーヘッドだけパクリができなくて、自分たちで考えたところ目標の馬力が出たらしい
単にパクったのではなく材料、工作機械から日本でつくって、技術供与を受けず技を盗んで完全に日本のものとした。
これが日本の技術の始まりだ。
逆に、日本が 韓国や中国、東南アジアの技術のライセンスを受けることを、恥ずかしいと思わないのか。
下手すればそういう時代が来てしまう。

もう複雑で奇々怪々な機械を作る必要はない。このブログでもやっているが、同じことをずっと単純なやり方でできる。
20年進んでいたガラケーも本当はそういったものだった。
2018/08/25

研究室は自分の寝床にある時代

最近は工業高校の教育も面白くなく、大学は予算がつかず、研究者は金融に行っちゃう人もいて
日本の科学技術の後退も良く叫ばれています。

だれも手助けをしない、頭のいいところを発揮させてくれない、会社や研究所に行きたくない、
結構そういう人が多いと思います。

かつてチキンラーメンはおうちの離れで開発されました。
かつての職人はじぶんのうちに溶鉱炉などを持っていました。

今、自分の手で研究するときが来ました。日本では新しい発明は誰も見向きもしません。
誰も投資しません。じぶんでやるのです。

金融に務めながらでもいいからじぶんの部屋に機材を用意して自由に研究をやる時代です。
何も私のように無謀なる永久機関をやることはありません。
が、どうも超越した技術への扉がどこにあるのかは、例えば相対性理論の批判サイトがあちこちにあったり、
かつてこの科学者がこういったことを研究していたなどの、具体的数式なしのほのめかしがあちこちにあり、
自分がそういった理論を「再発明」することによって、ついに自分が今の科学を超えることができるようなのです。
誰も先生はいません。誰も予算を付けません。だが自分1人で超越するのです。

ただし人類に危害を与える技術は必ず食い止められます。モラルも考えると研究できる幅は広いとは思えず、
自衛隊ならそういった技術を導入するかもしれません。
とにかくやるべきことをやるべきです。
2018/08/14

AIと人間の違い

AIは人間を追い越してしまうのかという話題になっています。
どうも、実は科学的、数学的に人間の優位性を示せる。

AIは今のところ、機械学習を持って勉強をします。
過去がこうなら未来もこうだろう、そういう考えです。
最近のニュースで残虐な情報を学習したAIはサイコパス一直線になったそうです。
人間も幼い頃は機械学習みたいな要素が強くて、
万一周りがカルトだったりすると親の影響を逃れるのは難しいと言われています。
これは過去から未来への連続性を基にしています。
過去の情報が全てわかれば未来がわかる。決定論と言います。
人間は過去の情報を知り尽くせないので、AIの出番があるのです。

ところが数学でお手上げの現象が宇宙には存在します。
カオス現象というのは
例えばシミュレーションで計算量が爆発してどんなマシンでも計算で予測できないとか、
過去がどうであれそこから現在の情報を求めることができないという現象がある
あげく真のランダムノイズが入ると、統計的に全体の傾向性は正規分布だが、一回一回は予測不能、と。
実は生物の中でもカオス現象が起こっており、寧ろこれこそが生物であり、人間なのです。
とにかく人間はこんな状況でもちゃんと判断して行動できます。
過去を断ち切れるのは生物しかいないのです。

つまり、過去の情報が大事な分野ではAI、未来への舵を取るのは、人間しかいないのです。
人間でもちゃんとした大人になることが大事なのです。
わかりましたか?
2018/08/02

「魅力的」は本当にいいのか

いろいろな製品がハイテクにより、自分を魅せつけています。
またファッションやブーム、宗教でさえもそうです。

楽しくアフィリエイトというアカウントがTwitterにあり、どう見てもカルト宗教にやられてしまったとわかる。
その人が

魅力的=魔物

みたいなツイートをしたんです。
私はハッとした
カルト宗教こそ自分を魅せつけるものなのです

魅せつけるとは 人を依存させたり、一方的にすきにさせたり、あげく人から奪い取ることまでできる。
漢字に鬼がある、すでに古代中国で見抜いていたんですね。

魅せつける人は跡を絶たない。魅せられるのはあまり良くない。できれば自分は相手と対等に愛し合いたい。
そしてK-POPも魅せつけることに集中して何かが足りないと思っているし
パリコレは退廃化してきたし
ハイテク製品はどうでしょうか。スマホはパソコンを持っているのと同じで、実際親しみを持てるかというと疑問になっている人も多いでしょう。

では何がいいのか。それは電車とか、スーパーカブとか、カローラやカムリとか、ジムニーやランドクルーザーとか、
太陽電池とか、CASIOの時計や電卓とか、ポカリスエットとか、魅せつけはしないけどどこかで必要になるやつがいいんじゃないでしょうか。それこそ彼氏彼女もそうなのかもしれません。