FC2ブログ
2011/05/29

MozcをSlackwareにいれた with SCIM

Openindianaを使っていて
無線LANはたまに切れるし、
ちょっと違和感あるし
なにより公式サイトではillumos(もじり?)とかdev_il(悪魔?)とか
なんか妙な用語が飛び出してきて不安です。
結局、精神を壊してSlackwareに戻ります。

高性能な漢字変換MozcはLinuxで使えます。
今度はSlackwareにもともと入っているSCIMをつかいます。
mozc-1.1.717.102を入れます。(なお、新しいmozcにはSCIMのモジュールが入っていません。ぜひこのバージョンをお使いください)
SCIM使うとGTKのプログラムの起動が遅いことがあった以前あったけど
chmod +x /etc/profile.d/scim.sh
した今回は遅くなりません。

えーインストールするには、
そう、slackwareお決まりのダウンロードしたソースコードからコンパイルと。

まずは依存ライブラリを入れますが
最初にgtest(google test framework)と。
cmakeを使うとmake installできないのですね。
configureを使うとうまくいくかもですがREADMEに古いやり方と書いてあります。

protobufとzinniaはすんなり入ります。
zinniaの手書き辞書(zinnia-tomoe)は普通にインストールするとmozcから使えないですね。
/usr/share/tegaki/models/zinnia/handwriting-ja.model
と置かないとダメか。

では本体のビルド。
フリーズしているように見えて進んでいたりする所があります。version.oとか。

追記:vim使ってるんでmozc-emacs mozc-emacs-helper入れてないんだった


tar xf ../mozc-1.1.717.102.tar.bz2
cd mozc-1.1.717.102/
ls
python build_mozc.py gyp
python build_mozc.py build_tools -c Release
python build_mozc.py build -c Release unix/scim/scim.gyp:scim_mozc unix/scim/scim.gyp scim_mozc_setup server/server.gyp:mozc_server gui/gui.gyp:mozc_tool
python build_mozc.py build -c Release unix/scim/scim.gyp:scim_mozc unix/scim/scim.gyp:scim_mozc_setup server/server.gyp:mozc_server gui/gui.gyp:mozc_tool
mkdir -p debian/scim-mozc`pkg-config --variable=moduledir scim`/IMEngine/`
mkdir -p debian/scim-mozc`pkg-config --variable=moduledir scim`/IMEngine/
cp -p out_linux/Release/lib.target/libscim_mozc.so debian/scim-mozc/usr/lib64/scim-1.0/1.4.0/IMEngine/mozc.so
mkdir -p debian/scim-mozc`pkg-config --variable=moduledir scim`/SetupUI/
cp -p out_linux/Release/lib.target/libscim_mozc_setup.so debian/scim-mozc/usr/lib64/scim-1.0/1.4.0/SetupUI/mozc-setup.so
mkdir -p debian/scim-mozc`pkg-config --variable=icondir scim`/
cp -p data/images/unix/ime_product_icon_opensource-32.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc.png
cp -p data/images/unix/ui-tool.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-tool.png
cp -p data/images/unix/ui-properties.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-properties.png
cp -p data/images/unix/ui-dictionary.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-dictionary.png
cp -p data/images/unix/ui-direct.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-direct.png
cp -p data/images/unix/ui-hiragana.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-hiragana.png
cp -p data/images/unix/ui-katakana_half.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-katakana_half.png
cp -p data/images/unix/ui-katakana_full.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-katakana_full.png
cp -p data/images/unix/ui-alpha_half.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-alpha_half.png
cp -p data/images/unix/ui-alpha_full.png debian/scim-mozc/usr/share/scim/icons/scim-mozc-alpha_full.png
mkdir -p debian/mozc-server/usr/lib/mozc
cp -p out_linux/Release/mozc_server debian/mozc-server/usr/lib/mozc/
mkdir -p debian/mozc-utils-gui/usr/lib/mozc
cp -p out_linux/Release/mozc_tool debian/mozc-utils-gui/usr/lib/mozc/


debianディレクトリの中にそれぞれパッケージにできる3つのディレクトリが入っているので
makepkgできます。
64ビット環境でmozc_serverが64ビットバイナリなのに/usr/libに入ってるんですが
以前の失敗のあれなのでおまじないですが
調べると/usr/libexecにもおけるようですね。

今回はSCIMに入れたのでmozc_toolの各種機能が使えます。
mozc_toolの引数が色々あって
--mode=config_dialog
--mode=word_register_dialog
--mode=dictionary_tool
--mode=character_palette
--mode=hand_writing
最後のオプションはそう、手書き文字認識!
手で文字を書くとダイアログがこの文字?
と活字を出してきますのでクリックでクリップボードにコピーできます。
書き順どおりに書くと正しく認識するといううわさ。
mozc_toolには隠しオプションもあるという噂。
スポンサーサイト