FC2ブログ
2012/12/04

ノートパソコン(VAIO VGN-FE53B)がおそい

[[[自己責任でお願いします。 ブログなのであなたの事情には関知できません。 コメントください。]]]


今度は、中古でノートパソコンを買いました。
SONY VAIO VGN-FE53B
初めて買ったパソコンが壊れたので。

で、余計なソフトをアンインストールして、
メモリ 標準1GB を 4GB にしました。(なお後述するWARNINGを読んでね)
それからWindowsアップデートしましたが、結構もたつきます。
しょうがないので付いてきたNorton Internet Securityまで削除しましたが、
軽くなりません。
Windows 7にすると軽くなると言いますが、アップグレード版でも高く、躊躇します。

はい?何が起きている?

このノートパソコンは冷却風が後ろから出るようになっていますが、
あれれほとんど風が来ないみたいです。
どうしたものか?

掃除機を用意しました。
ノートパソコンをひっくり返して冷却口に掃除機のホースを当て、
手で冷却口を覆って中のホコリを掃除機に吸引してもらいます。
(横の冷却口は排気なので、掃除機をあてるとほこりが詰まります。 ブロアーを突っ込むといいでしょう。)
なお、ノートパソコンの裏に冷却ファンが見えるときは
掃除機の吸引力でファンを痛めないようにゼムクリップなんかで動かないようにしてからするのがいいでしょう。

すると、見違えるぐらい速くなりました。
ログイン画面までは3〜4倍、ログインしてからも常駐アイコンがパラパラ出てきます。
サイドバーはやっぱり遅いみたい。
こうして、そこそこの応答速度で使えるようになりました。

これはもうおわかり? オーバーヒート の症状が出ていたのです。
パソコン分解修理のサイトを見ると
内部の放熱器にかなりホコリが溜まっている写真が出てきます。3年使えば結構塞がるみたい。
パソコンがオーバーヒートになると、安物はダウン、そうでなくても遅くなってしまいますよ。

[そんなことしなくてもマウスとキーボードだけで治す!]
本当はファンの掃除は買い換えないためには定期的に必要です。
それと、Microsoft FixItというマイクロソフト純正の問題解決ツールがあります。
そのなかにパソコンが重いという問題の解決ツールもあるので、実行するだけでいいです。わかんなかったら自動で解決を選び何も選択肢を選べなくていいです。
こいつは「解決できませんでした」「問題は(もともと)ありませんでした」ろくなメッセージを吐きませんが
本当に早くなります。Bingだと純正でない怪しいFixItツールがでてくるのでGoogleで検索です。
この解決策はべつにVAIOでなくともよくききます。

[[ WARNING ]]
VGN-FE53Bは、メモリーを3GB以上に増設すると、異常事態の時どうにもならなくなる恐れがあります。

まず、LinuxのLiveCDを起動すると、そのあとうまくWindowsを起動できなくなる恐れがあります。
特にKNOPPIX 7.0.2です。

つぎに、起動に失敗したとか、バッテリーが切れたとかでキーボードしか使えない「日本語の出る」画面が
でるはずが真っ暗になる恐れがあります。DOSの画面は出せます。

この場合、そうです、メモリーを1枚ざしでも2枚ざしでもいいから合計2GB以内にすると、うまくいきます。
一説によると2GB+512MBでも動くらしい。
VGN-FE53Bはi945GMチップセットが2GBまでがintelの公式データです。これ以上はi965かnvidiaなんかのグラフィック機能が別に乗っている必要がある。

こんなときは、8GBの高速USBメモリーを買って、ReadyBoostを有効にします。
更新:SSDはもはや安く、動画や音楽を保存しまくるとかがなければ、十分な速度と容量が7000円程度で買えます。
遅くてイライラするなら今すぐ交換でしょう。しかし、そこまで遅くなければ、SATAの6Gbpsがフルに出せる機種が出るまで待ちたい。

[[ 変な情報 ]]
なんと、VGN-FE91Sのアップデート版のBIOSにアップグレードできます。
しかし、バージョン番号が、R200J3からR174J3に なぜかダウンしてしまいます。
しかもファンが高回転になった後低回転に戻っても謎の発信音がする。
こんなので大丈夫なのか?
やっぱり元に戻しました。兄弟機種のBIOSがR200J3のアップデートが出ていたので、それがすんなり入りました。