2014/12/13

炊飯器がまずくなったら、コンセントプラグを磨こう

炊飯器って、何年も使っているとまずくなる、経年劣化は常識でしょうが、
炊飯器は可動部分が少なく、半導体技術も進んでいるので、そうは壊れません。
ではなんでまずくなるのか?

炊飯器は5A、10Aも電流を消費します。これは、電機業界なら接触不良をなくす努力をするレベルです。
そうでなければ接触点が熱くなり、壊れます。
であるからして、家庭でも炊飯器のコンセントプラグ、それにつながっている延長コード、タップのコンセントプラグをよく磨くことによって、
電流がよく通るようになり、火力が復活するのです。

私は炊飯器、延長コード、タップのコンセントプラグを消毒用アルコールで磨きました。あとでホコリとアルコールが残らないようにしてください。
相変わらずプラグはキャラメル色ですが、結構ご飯の味がよくなっています。
本当はピカールを使うべきかもしれません。

これでご飯の味がよくなったら記事の下にある拍手ボタンを押してください。検証になります。