2015/10/16

Nemukeフォントのその後とフリーフォント大辞典

私troppositeがつくり、このブログのフォントカテゴリに紹介記事のあるNemukeフォント
奇妙な書体であり、使われているシーンを見たことがありません。同人誌ならあるのかな?
クリックで拡大>>こんな感じのフォント

これを載せたいと、翔泳社から問い合わせをいただき、
ありがたく承諾したのですが、
Nemukeフォントは縦書きにエラーがあると、結局見送りになりました。
あれ修正版を出したはずですが、みなさんどうですか?

ところが・・・
出来上がった「続・和文フリーフォント集」が送られてきたのでみると?
「FGポテ明」「FGポテミックス」なる、見慣れない名前のフォント、この本のプロデューサーが作ったみたいだ?
しかも、わてのNemukeによくにているが、Nemukeにあった不気味さがほとんど全く消えているのは恐れ入る。
ポテ明はわてのHOKKORIに似ている。これも落選したフォントです。

FGシリーズにはfontforge+potraceでベクタライズした特徴が出ている、丸が◇に近い形のグリフが見えるものも。
FGシリーズはこの本の少なくとも1/4ぐらいはある。インターネットで要登録でダウンロードのFGシリーズが匿名で買えます。

これを私はどう受け止めていいのかわかりません。
フォント業界だから、ゴナと新ゴの違いよりはあると受け止められるでしょう。
とにかくこのふぉん、おっと本には80種類のフォントが紹介+DVDでついてきます。
これが\2100とね。フォント厨は急げ!