FC2ブログ
2017/04/26

アルツハイマーを40Hzの光点滅で治す機械について

ぜひ最後まで目をお通しください

アルツハイマーがなに、40Hzの光の点滅を毎日1時間見続けるだけで治るだと?
そんなんだったらそういうのほしいと思っている人 結構いるはずです。
それがまだラットの実験で、人間でも本当なのかはまだ確証がないが、どうも本当でもそれを用いた機械が売られるのか
疑問なんです。

試しにパソコンの動画を作ってみました。 パソコンがついていけずに、横線のノイズが入って、見ていられません。
おそらくPCゲームで使うパソコンとディスプレイで、80Hzや120Hzのリフレッシュレートがないと、まともに表示できないでしょう。
多くのパソコンは60Hzで実際には秒間30枚ぐらいが限度です。

またアルツハイマーの治療にいろいろな仕事が関わってきています。彼らの仕事がいきなりなくなることが受け入れられるとは思いません。
LEDの光点滅は何かの効果があることはもうわかっていますが
このサイトに詳しいですLEDによる光 - Mind-Craft
日本でそういった機械が売られないでしょ?代替医療の分野になってしまうのです。
今回はMITが理論から作って納得いきそうな説明をしてくれていますが、いろいろな病気に400Hzぐらいがいいという意見もあるし、赤色LEDなら皮膚に浸透して皮膚病や美容にいいとも言います。
とにかくLEDの点滅実験はまだ医者の処方にできず自己責任でやるものになってしまいます。

そこで、このような問題はフリーエネルギーとおなじだ、オープンソース・・・とはいえない。
というのも工業高校の電子科や大学の専門課程で生き残っていける脳があったらLEDの点滅ぐらいやり方は誰でもわかる、
よく見えるようにパワーLEDの点灯を考えてもジュールシーフの大きいので間に合うからその電源を断続すればいい。
胡散臭いフリーエネルギーとは全く違うのです。
だからそういった人が家族に答えて作ってやるとか、自分のボケを何とかするとか、そういった普及になってしまうと思います。
もしちんぷんかんぷんであれば、おそらく上記のMind-Craftさんに特注してもらうことを考えると思いますが、
あの分野の機械は電子科卒なら自分ですごく安く作ってしまいますからね!
そしてこの手の機械の効果は、皮膚が治ることも含め、自分でやってみないと。私も自分の感想はあるがどうとは言えません。
海外では
Gamma Bulb
Gamma 40Hz light therapy
という照明があり、高めですが、40Hz周期で光ってくれます。

最後に・・・
代替医療の分野では脳波と同じ周波数のビートを聞かせるというヘミシンク、バイノーラルビート、サウンドドラッグがあります。
という事は音でも脳に作用しそうです。
40Hzは特別な工夫がなくとも、ヘッドホンで聞くことができます スピーカーは小型だときついので、サブウーファーがあるといいでしょう。
パソコンの音声編集ソフトで40Hzのサイン波を発生させて聞くと?
Study of Alzheimer’s Patients Finds Low Frequency Sound Stimulation Improves Cognition - Alzheimer's News Today
本当に効果があるという論文がある。