FC2ブログ
2017/12/27

量子コンピューターとエネルギー

いや、定性的な思考しかできなくて、すみません。

あいええ〜

量子コンピューターって ジョンタイターが言ったように、
if then maybe だから、確率で分岐など、やることが変わるんですよね。
それから量子メモリーも勝手に値が時折ひっくり返りそうだ

だから、量子コンピューターにあえて、手続き型の、ビット反転の繰り返しをさせると、
仕組みによっては電子が電源プラスへ向かう時にトランジスタ(?)のゲートを開けて、
マクスウェルの悪魔ができる。

いや、こんな妄想しかできなくて、スミマセン。 あと現代のパソコンでもなんかできないかなって。

追記:日経エレクトロニクスに出ていた❢NC-FET MOSFETのゲートソース間のコンデンサーが負性キャパシタンスになっている
まさか?
負性キャパシタンスなんて、ありえない材料だったはず。フリーエネルギーも目前。
そう、電圧を加えると直ちに充電される、いや、電圧を加えると、熱を吸い込んで、電源に電気を戻す。
という事は、パソコンで冷却ファンが要らなくなるのって、もう目前?
パソコンが電気を食わなくなるのって、もう目前?
これで仮想通貨採掘なんてやられたら溜まったものではない❢ リアル世界に貢献したいものです