FC2ブログ

記事一覧

スピーカーを理想呼吸球に近づけろ!

記事の番号がずれてしまいました。
もしかして:Openindiana
実際にできたスピーカーはYoshii9小型改良

新しいスピーカーを思いつきましたが
まだ、実験していません。
ステレオ再生の理想により近づけると思います。
是非、あなたが実験してみてください。



発泡スチロールの半球が、手芸店などで売ってあります。
なかは空洞になっています。

半球の片方に穴を開けドライバー(音をならす本体)を半球のなかに向けてセットします。
それに、もう一つの半球をはめ込むと
球状のスピーカーができます。

発泡スチロールの半球を耳にかぶせて叩くと耳にものすごくうるさい音がきます。
軽くてよく動くので発泡スチロールを振動体にしたスピーカーを作っている方もいます。

このスピーカーはなかのドライバーが出した振動を空洞の空気が伝え、
さらに発泡スチロールを振動させます。
その振動の仕方が、風船が膨らんだり縮むのと似ているという自分の考えです。
サッカーボールにたくさんスピーカーを仕込んだような変な多面体スピーカーより
スッキリしているでしょ?

ドライバーは小さくて振幅の大きいものがいいと思います。
問題は接着剤です。振動をよく伝える固まっても柔らかいものがいいかも。
半球くっつけるのはセロテープ、それも三ヶ所でもいいのかな?

自由につかっていいけれど頼むからこれで特許とらないでくれ!!自分のアイデアなんだから。
万が一過去のなにかの特許と『まずい 抵触する』と思ったらコメントください。

追記!

えー、自分がやってみたんですけれどね。
低音がまるででないですね。
スピーカーが安物で、3ワットのプラスチックコーンで振幅が足りなさすぎるんですね。
コーン紙の裏に入っているバネを取り去れればいいのですが。
もっと、3ミリぐらい振幅が欲しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム