FC2ブログ

記事一覧

slackware HOWTO 3 64ビット環境の整備

slackwareもx86_64の環境ができて、数年になる。
パソコンが、PC/AT互換のまま、64ビットを直接扱えるようになった。
MS-DOSはわからないがFreeDOSから64ビットのOSまで全部動く。
これで、メモリーも8GBとか16GB、さらにどんどん増やせる。

しかし、slackwareの64ビット版では、
32ビットの今までのバイナリが動かない。
ソースコードからコンパイルしないといけない。
Windowsなら、64ビット版でも何事もなかったように今までのプログラムが動く。

オープンソース、フリーソフトウェアならこれでも、特にslackwareならコンパイルも動作も問題がないし、
有志が64ビットのパッケージを用意してくれる。
自分で作ったプログラムもソースコードさえあれば
もちろんスクリプト言語はperl,ruby,python,PHP,common-lisp,guile(schemeが動くらしい),awk,m4,多分殆ど無修正で動くし
C言語だとvoid型とlong型が64ビットになったとかちょっとしたことを覚えて修正できる(ソースコードによっては大きな変更が必要)。
企業から提供される、そうでない、リバースエンジニアリングするなとかいうプログラムは、
ほとんど32ビットのままで、動くはずがない。
これがないと、プリンタで綺麗に写真が出ないとか、いろいろ問題がある。
オープンソースしか信用しないのであれば、HPのプリンタに買い換えたりする。
でもそんなお金などない。

32ビットのコンパイル済みバイナリを使うには、
alienという人のmultilibパッケージ、compat32パッケージを使う。
http://slackware.org.uk/people/alien/multilib/
slackwareのバージョンごとのディレクトリに行き、gcc、glibcはここのパッケージと取り替え、
新たに、compat32ディレクトリ以下のいろんなパッケージを入れる。
すでに、カーネルとbinutilsは32ビットも対応しているのでこれだけでいいのである。
うまく行けば、32ビット版しか出ていないAdobe Readerも入る(が、普通xpdfとかで間に合う)。
realplayerも動く。

ここで、compat32-toolsというパッケージも入れておく。
これは便利だ。
$ . /etc/profile.d/32dev.sh
これで、gccに-m32オプションが渡されるなど、32ビットのバイナリをコンパイルする設定がシェルに出来る。

すでに32ビットのslackwareのパッケージができているが、
これを入れると64ビット版の同じプログラムのパッケージと中身が重複するという場合に使える、
convertpkg-compat32コマンドもある。 -i <パッケージファイル> で/tmp に変換されたパッケージファイルが出来る。
うまく、32ビット、64ビット、両方のパッケージが入る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【slackware HOWTO 3 64ビット環境の整備】

slackwareもx86_64の環境ができて、数年になる。パソコンが、PC/AT互換のまま、64ビットを直接扱えるようになった。MS-DOSはわからないがFreeDOSから64ビットのOSまで全部動く。これで、メモリ

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム