2012/06/25

Linuxでもう一度アスキーアートデモ BB をみたい しかも64ビットで

BB、しらない?
Xじゃない
あのコンソール端末画面で、
文字だけででっかい文字や人の顔やマンデブロ集合や
3Dオブジェクトをつくり、更に動画になってるんだぞ!!
いまでいう『才能の無駄遣い』だ。
aalibというアスキーアートレンダリングエンジンのデモのために作られた。

昔はslackwareでもbbのパッケージがあって、
3日おきぐらいに見て楽しんでました。

でも、ある日slackwareのどのバージョンのパッケージもなくなってしまった。
なんでだろう。
新しく入れられない。

自分でコンパイルするとエラーが出る。
解決したと思ったらbbがいいところでsegfaultした。
ああ。

slackwareのパッケージとともに、今でも動かす方法を教えます。

libmikmod-3.1.12
https://docs.google.com/open?id=0Bz-Svnz5_Xh4ZFBLTDFDTUhXTXc
まずこれを入れます。
jack,esd,phonon,pulseaudioみたいなサウンドシステムのひとつ。
libmikmodは、バージョンが3.3.3でもうまく動くようですが、最新版では、うまく協調しない。

bb-1.3rc1-8
https://docs.google.com/open?id=0Bz-Svnz5_Xh4bzVwWkUyQWhqWWs
BB本体。
はい。Debian squeezeのパッチを当てました。http://packages.debian.org/squeeze/bb
これでよーく動いてくれます。
slackwareのチームは開発元のソースしか入れないので、非公式パッチは当てません。
でもBBの公式サイト、ソースコードはズーッとほったらかしです。非公式パッチで今でもコンパイルできるようになります。

NVIDIAのグラボで
コンソール描画がnouveauだったりするときは、
$ bb -driver slang
これで動きます。
このへんがきついところで、-driverにはいろんな値があるので、環境によっていろいろ試してください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント