FC2ブログ

記事一覧

Openindianaにgnumericのインストールに成功

はい。
Openindianaだと、なかなかオフィスいれづらいですね。
Libreofficeはまったくパッケージがなく
Openofficeですら3.1を入れるかドイツの非公式パッケージ入れる。ダウンロードが遅い。

どうする?
gnumericは軽量な表計算ソフトですがとくに統計処理など、計算の正確さはピカイチで、日本語もある程度対応しています。

oiにはgoffice-0.8.17のパッケージがあります。これをまず入れて、
開発用のパッケージも一式入れておきます。system-headers automake autoconf libtool getttext などです。
今回ではgccはsfeリポジトリのバージョン4.6を使います。

それから、gnumeric-1.10.17をコンパイルします。

cd build
tar xf ../Downloads/gnumeric_1.10.17.orig.tar.bz2
cd gnumeric-1.10.17
#--with-gnomeをとると日本語が有効になるかも
CC=/usr/gcc/4.6/bin/gcc CXX=/usr/gcc/4.6/bin/g++ ./configure CFLAGS='-O2 -g -mtune=native' CXXFLAGS='-O2 -g -mtune=native' PERL=/usr/perl5/bin/perl --with-gnome --prefix=/usr --with-pic
gmake
su
Password

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おしらせ

2019-04-05

フリーエネルギー技術のライセンスを変更しました

法的拘束力はともかく悪い副作用のあるライセンスよりも使ってほしくないことを明示しました。

2018年12月以前にブックマークした方へ

記事のURLが手違いで変更され、

blog-entry-***.htmlの***の番号が多くのページで5ほど前へずれています

お手数ですが修正してください。

googleの検索インデックスが壊れてしまい、復旧不能らしく、
いろいろなページが検索結果と食い違うので、サイトの移転をしています。

新リククーブログ

旧リククーブログは今年中には閉鎖するつもりです。
コピペ保存及び新ブログに移した記事をよろしくです

アクセス解析による広告

    プロフィール

    トロポサイト

    Author:トロポサイト
    社会の落ちこぼれ。
    皆がよくできることはへたくそ。
    だれもやろうともしないことは、できる。

    多く見られた記事

    記事の種類

    フリーエネルギー技術のライセンスについて

    当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、

    詳しくはこちら

    検索フォーム