FC2ブログ

記事一覧

Openindianaにgnumericのインストールに成功

はい。
Openindianaだと、なかなかオフィスいれづらいですね。
Libreofficeはまったくパッケージがなく
Openofficeですら3.1を入れるかドイツの非公式パッケージ入れる。ダウンロードが遅い。

どうする?
gnumericは軽量な表計算ソフトですがとくに統計処理など、計算の正確さはピカイチで、日本語もある程度対応しています。

oiにはgoffice-0.8.17のパッケージがあります。これをまず入れて、
開発用のパッケージも一式入れておきます。system-headers automake autoconf libtool getttext などです。
今回ではgccはsfeリポジトリのバージョン4.6を使います。

それから、gnumeric-1.10.17をコンパイルします。

cd build
tar xf ../Downloads/gnumeric_1.10.17.orig.tar.bz2
cd gnumeric-1.10.17
#--with-gnomeをとると日本語が有効になるかも
CC=/usr/gcc/4.6/bin/gcc CXX=/usr/gcc/4.6/bin/g++ ./configure CFLAGS='-O2 -g -mtune=native' CXXFLAGS='-O2 -g -mtune=native' PERL=/usr/perl5/bin/perl --with-gnome --prefix=/usr --with-pic
gmake
su
Password

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム