2013/01/06

ノートパソコンの画面で目が痛い、頭が痛い人へガンマ補正

今回は、ノートパソコンの画面を調整して、
きれいで見やすくする方法です。

仕事やなんかのマニアで画像ファイルや動画、画面の色味に入れ込みのある人にもおすすめです。

追記:自分で補正するのは自信などない、面倒だという人は、色補正の記事をご覧ください。

VAIOと WindowsじゃなくてArchLinuxの入っているHPのパソコンで調整します。

ノートパソコンは液晶の品質が悪いと思ったあなた。
ガンマ調整をすれば見やすくて画像も映える素直な画面になります。Probook 6550bで実証済みです。

VAIOもほら再起動した時とスタンバイから復帰した時と画面の色味が違いませんか?
もし私のFE-53Bみたいに違っていたなら画面の自動調整が本当の起動時にしか行われていません。
一旦スタンバイして復帰し、ガンマ調整を自分で行えば、またスタンバイから復帰してもまあ大丈夫。

具体的な操作手順までは説明できません。
パソコンによって、Intel、NVIDIA、AMDとATI製など画像処理のシステムすなわちグラフィックデバイスが違い
実際にガンマ調整をするにはそれぞれのシステムに付いてきた補助ソフトすなわちユーティリティをつかいます。
これは常駐アイコンが出ているか壁紙を右クリックでメニューの一覧に出ていることが多いのでそこから使えます。
デスクトップでディスプレイを別売りで買ったのならそれに付いてきたユーティリティで直したほうがいいでしょう。
本当は、Photoshop、Illustratorなどの高価なソフトにも画面の調整ソフトが付いてきます。もしそれらが入っていたらそれが使えます。

いまは取り決めみたいなものがありガンマ値は2.2、Macは1.8だったのがMac OS Xでも2.19になっています。
グラフィックデバイスのユーティリティで、ガンマを2.2に調整するのですが実際にガンマ2.2の信号を画像処理システムが出しても、
液晶がそのとおりの色味を出せないから調整するのです。
だから高価な素晴らしいディスプレイを使っていない限りユーティリティのガンマの値は信用できません。
信用したらもっと変な色味になるでしょう。
自分の勘のほうが大事です。
実際のガンマの値はインターネットに載っている画像をみて調整します。

わかりやすい調整は白黒の出方だけ調整します。が青が強めに出るのは直せません。
ディスプレイ調整の実際
裏技パソコン生活 ディスプレイの調整をしよう(後編)
など、「ディスプレイ 調整」で検索すると出てきます。
Intel、ATI、nVIDIAのグラフィックのユーティリティで校正画像を見ながら調整するのが不具合が少なくておすすめです。
調整中は目が痛いかもしれないが成功したら目が楽になっているはずです。

ややこしい方法は光の三原色をそれぞれ調整する方法です。
画面が黄色くなってお悩みの方。これで少しなら調整できるかも。
インターネットに載っている画像でも調整できますが
上の手順で調整した結果も崩れるので、ややこしゅうございます。
追記:実は色味が狂っているのは青だけのことが多いです。赤と緑は1.0のままにして、青を0.1〜0.2下げるだけでかなりの効果があります。気分はもう戻れません。

正確な色味はこのサイト>DELLのe-IPS液晶モニタ2209WAを購入しましたで調整です。
ここは、液晶を上から見た時と、下から見た時と色味が違っていても大丈夫。
やすいノートパソコンの調整に便利。

見やすいようにするにはこのサイト。
⇓の説明をまずよんで>俺ディスクロージャー - ガンマ補正の話
このページを見ればわかりやすいです。しかし、著者はガンマ=1.0が最高と言って譲らないところが不思議です。なので一番上の1.0の図で調整すると厄介なことになるかも。
2.2の図はなんと一番下にあります!
ガンマ値=2.2はもはや標準なので 写真の映え方は2.2でいいはずです。

Linuxでは、monicaというプログラムをダウンロードできます。
校正用の画像と共に、調整つまみがありリアルタイムにガンマを調整できます。
さらに、~/.bash_profileに~/.monicarcを呼ぶように設定し、~/.monicarcでxgammaを呼んで起動時に補正するようにしてくれます。

厳密な調整は、測色計という3万円する装置を買って、付属プログラムもパソコンに入れて調整します。
主にカメラマン、写真マニア、おそらくアニメ作画でも使っています。

いかがでしょうか?
目の疲れは心の疲れに直結します。職場でも工場でもガンマの調整をすれば、目が楽になり仕事がはかどります!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

JINSメガネですぐに解決しました

自分も目が痛く苦しみましたが
JINSPC用のメガネをかけて
すぐに解決しましたよ”

http://newskin.cocolog-nifty.com/blog/jins_pc/index.html