FC2ブログ

記事一覧

Arch Linuxで、G-HAL版のAnthyをビルド

G-HAL版のAnthyはまだまだ開発が続けられており、anthy-utよりも変換精度が上がっているとのことです。
mozcがグダグダ変換をするので、こっちを使ってみます。

pkgname=anthy-ghal
pkgver=9100h_20130615
pkgrel=1
_pkgname=${pkgname/-ghal/}
_pkgver=9100h
pkgdesc="G-HAL's Anthy"
arch=('i686' 'x86_64')
url="http://www.geocities.jp/ep3797/anthy_dict_01.html"
license=('LGPL2.1' 'GPL2' 'BSD')
depends=('gcc-libs')
makedepends=('emacs')
provides=("anthy=${pkgver%_*}")
conflicts=('anthy')
options=('!libtool')

build() {
cd ${srcdir}/${_pkgname}-${_pkgver}

./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc
make EMACS=emacs
}

package() {
cd ${srcdir}/${_pkgname}-${_pkgver}

make EMACS=emacs DESTDIR=${pkgdir} install
install -D -m644 COPYING ${pkgdir}/usr/share/licenses/${pkgname}/COPYING
}

このコードをPKGBUILDとして保存し、srcディレクトリを作り、
http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/soft/nosettle/#anthy
anthy-9100h.patch13-release-2013615.alt-depgraph-120315-angie.zipdic-201101.tar.lzma を
srcディレクトリで展開し、ビルドできます。
AURで提供しないわけは、G-HAL氏のサイトの方でwgetなどによるダウンロードを拒否するので、
みんな迷ってしまうと思うからです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

多くのページで5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、Googleのほか、WindowsのBingもつかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム