2014/03/09

FontForgeの新しいサイト、新しいバージョンが出来たのを知ってる?

FontForgeは無料で使えるほぼ唯一のフォント製作ソフトだけど、
不安定でよく落ちてデータが飛んでしまう。
何かちょっとしたことで落ちてしまう、
そんなソフトでした。

しかし、
http://fontforge.github.io/en-US/
これを知っていますか?まだ工事中ですが、ここではなんと2014年にリリースの全く違うfontforgeがあるのですね。
変な独自UIからある分野でよく使われるgtk+2の機能を使うようになりました。
全く安定して動きます。落ちません。無理が効きます。すごい違いです!
バージョンは、2.0.20140101になっていると思います。

ところが、
http://fontforge.github.io/en-US/downloads/
そうダウンロードしようとすると
あれれフル機能が使えるには120ドルを払わないといけないらしい??
FontForgeは開発が大変過ぎるのでお金が必要らしい。
こんな意地悪なように思えますが抜け穴があって
最新版のソースコードはフル機能が制限無しで提供されているので、これを自分でコンパイルすればいいのです。
しかし、Windowsでは難しすぎます。
そこで「Linux」です。
Linuxディストリビューションの開発ボランティアがソースコードからパッケージにしてくれていて
Linuxを使えば苦労なく制限無しで最新のFontForgeがインストールできます。
そりゃFontForgeはGPLライセンスで提供されているものだからそうすごいいじわるはしません。
自分もArchLinuxでNemukeフォントを作りました。ただです。しかしArchLinuxのインストールは専門知識がいります。
UbuntuやFedora、LinuxMintなどのインストールしやすいLinuxではまだ準備が出来ていないようで、
2014年後半か2015年にリリースされる最新版を待つと
確実に最新のFontForgeが提供されると思います。
もしくは、ソースコードからのビルドはLinuxであれば格段にたやすくなります。
必要なものがすでにだいたいはいっているので開発用のパッケージ一式をインストールすればいいからです。ただちょっと知識が必要です。ビルドの前にFontForgeをアンインストールするのも必要です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント