FC2ブログ
2014/09/09

太陽電池を使いたいが、屋根や壁につけたくない 窓越しにしたい

窓に太陽電池をかけて発電したい。
しかし、一般的には、窓越しではろくに発電しないと言われています。
しかし、裏の手があったのです。

それはアモルファスシリコン太陽電池を使うことです。
高気密住宅で使われる、断熱効果まで持つエコガラスは太陽電池に必要な光をかなりなくしてしまうのですが、
そんな中でもアモルファスシリコン太陽電池は直射日光の3分の2の発電能力があります。
これは私が小型のニカド電池チャージャーについていたもので測定したもので、
カーバッテリーが上がらないようにする太陽電池はアモルファスシリコンなので、
その一番大きいものを探してください。
直射日光で7W、ということは窓越しでなんと4.6W出せる可能性があります。
残念だが値段は安い太陽電池の倍はあり安くとも9000円ぐらいです。下記は保証と説明書付きです。
Amazon | ソーラーチャージャー SE-400S 取扱説明書(日本語)、保証有
ただ実は特に普通の太陽電池でも窓に立てかけて発電できます。ただ出力はざっくり半分になります。
また太陽電池を窓ガラスに立てかけるというのは戦略が必要です。
12時に南中するときは5月〜8月、発電は期待出来ません。そこで太陽が窓に当たる朝か夕方を狙ってください。
東や西の窓に太陽電池を出したり、南に出すときは左右の端っこにおいてください。
できれば窓の上の半分か3分の2は開けたままで、太陽電池は下の方においてください。
左右のどちらかというのは西の窓にも出せたら右、東の窓にも出せたら左、当てはまらなくても左右のどちらかに決めてください。
とくにくもりガラスでは窓にピッタリ太陽電池を合わせてください。
たまにバッテリーが上がるのはしょうがないです。6月なんて独立太陽光やっていればみんな苦労すると思われます。
あとはよくある独立太陽光発電のやり方と一緒で、チャージコントローラーとバイクの電池とインバーターも用意。
つなぎ方は各自で調べてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント