2015/02/28

新しい芸術発見:シュールレアリズム地域

わたしは、新しいシュールを発見した。
それは、ある地域にいくと
近くにある建物がどうもてもとなりにあるとは思えないようなものばかり立っている地域だ。

なぜ、そこへいくのか?


わたしは はじめからそこへいこうとしたわけではない。
私は、幼い頃から現代文明がもたらした、宗教施設とも王宮とも官舎とも違う、変な建物をチェックしていた。
小学生の頃は修学旅行のついでにSUZUKI KOSAIやPOCARI SWEAT、POLA、コーンスターチ工場を車窓からインスタントカメラに収めた。
とくに、浄水場は注目していた。
規則正しく、真四角の大きな池が並んでいる、その水は澄んでいる。
移動教室で「谷が原浄水場」にいったときは最高だった。ゆっくりフロック形成池のなかで攪拌されるところを見た。
急速濾過池はエメラルドグリーンに塗装されていた。きれいだった。
水はやっぱり皆、澄んでいた。浄水場は澄んだ雰囲気のする素晴らしい場所だ。
中学の保健のテストで、唐突に私が満点をとった。皆信じられないが当然浄水場の問題だからだ。
こんかい、もっとでかい相模原浄水場と横浜水道の沈渣池をみるチャンスができたので、じゃあいこうと思った。
なお今回の「ツアー」で不法行為はまったくやっていないことを保証する。
この「ツアー」では水道施設を巡るのでタバコ一本すら捨ててはいけない!実際そういったものなどないはずだ。
侵入などもってのほかだ。

これが相模原浄水場と周辺



廃墟に出くわす

GoogleMapで規則正しい形だが枯れた池を見つけたので
そこへいったら本当に廃墟で、気味が悪いのですぐに後にした。
地図では下の方にあるはずだ。魚の養殖の研究所だったらしい。
なおこの施設、端っこが生きている。

こんなところに浄水場などあるのか

浄水場へいくには、坂を上がらないといけない。
自然にあふれた坂を自転車を押して登る、のぼったらリサイクル店の看板が見える。
廃材置き場やプレハブ置き場、木工所がある。本当にこんなところに浄水場があるのだろうか?
そこに特別な柵を見つけた。青い柵は水道施設にしかない。早速いってみる。
相模原浄水場はなぜか重たい雰囲気で満ちていた。
木々でバリアしている間に、かっこつけた管理棟や水タンクがある。お目当ての四角い池は見えない。
とにかく重たい。一周してみる。
めちゃめちゃでかい水タンクがある。2つある。一つは底の方が細くなっていて、神殿みたいだ。
周りには不法投棄禁止の看板、監視カメラの警告、
そして反対側には「廃材置き場」があるではないのか???
水を綺麗にして皆へ供給するための浄水場のまわりが、くらい林やリサイクルショップや廃材置き場なのだ。
しかも浄水場自身も雰囲気がくらく静まって重たいのだ。シュール以外の何者でもない。
きれいだが人気のない、使う宛がなさそうなテニス場が中にある。地下の水タンクの上はこんな感じで利用されることが多い。外のテニス場は賑わっていた。
記号が書いてある矢倉が見える。なんなんだ?

浄水場を後に


浄水場を楽しむことはできなかった。監視カメラもついているし、二度といかないだろう。
離れたところからでも浄水場のタンクはやたらでかい。見えまくる。
とにかくこの辺はいろいろなものの野外置き場になっているので見てほしい。バスの車庫まである。
さっきの矢倉が気になる。記号が書いてある。よってみると消防署の訓練センターだ。
そして白い巨塔は北里大学病院だ。

横浜水道の沈渣池をみる

細い道から沈渣池の周りに入る。
マンホールは横浜水道のと、広域水道企業団なるマンホールがある。マークが素っ気ない。相模原浄水場は自前の浄水場を持っている神奈川県でも横浜市でも平塚市でもない、こんな組織が運営している。
横浜水道へ通る水はこの池で細かい砂を捨て去り、川井浄水場に入ることになる。
本当にこの池の水が横浜の蛇口から出ることになる。相模原市に横浜市のマンホールがある。
水道マニアが撮った写真では、感じがよさそうに見えるが、実際は緊張した雰囲気のする
ほとんど人も来ていない楽しめない場所だった。広大な池は本当になにも捨てられていない。
しかも、シュールなのがやはり廃材置き場と唐突にあるホテルだ。唐突ホテルは沈渣池の周りならみえてしまう。
丸い神殿のようなものがある。そこからなぜか目線を感じるのでギッと向くとメガホンから叫び声が聞こえる。
何をいっているのか分からない位の声だ。多分出ていけということだろう。しかしそれぐらいではまだ知りたいのが私だ。
廃材置き場はなんと自衛隊の3トン半の廃車体だ。水道施設の周りがこれだ。何てシュールなんだろうか?

低い建物の側に入ると、轟音がどこからともなく聞こえる。静かな池に相当な流量が本当は来ているのだ。

この地域の浄化が望まれる。


水道施設がこんなに暗いとは思わなかった。まわりに変なのが立ってるのもおかしい。
神奈川県広域水道企業団のサイトも結構素っ気ないがパンフレットはちゃんと作ってあるのも注目だ。
シュールを感じたい人しかいかないことをおすすめする。
夜が一番シュールだろうが水道施設なので警察がよってくるだろう。昼間だけで我慢してほしい。
そして、ちょっとエリアを離れれば雰囲気がよくなるので、住民には頑張ってほしい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント