2015/07/12

ATX電源のフェライトコアでオーバーユニティを目差す

2017−10−25 全面更新

UDTとはなにか


UDTとはUniDirectional Transformerの略で、単方向トランスです。
A Free-Energy Device - hyiq.org
ここに文だけですが、フリーエネルギーの装置にしてすべてが説明され、仕組み自体もわかりやすく単純で、
最後のライセンス文の代わりには驚いて、これはいけると、このトランスがちっとも追試例もないのに勝手に一人で研究していました。
EIコアに 入力巻線は真ん中、出力巻線は端っこ 出力には入力巻線の上に巻く還流巻線が存在しこれは入力巻線の磁気を増やすという、非常に不思議なものです。
なんどもなんども実験を繰り返しましたが、2回だけ、まさかこれは、という結果になった記憶があるものの、記録に残せなくて 失敗だらけでした。

明らかに成功したUDTの実験


UDT
UDT+NIC回路 配線
UDT+NIC回路 回路図
この実験を説明する前にNIC回路というものを説明する必要があります。
マイナスの抵抗を真似する回路で、フリーエネルギーの分野で語られる本物のマイナスの抵抗と違い、電源からエネルギーを取り出す必要があります。
このようなしくみは殆どの発振回路に必要なもので、抵抗と電流の向きが逆であり電気を与えるものです。
シミュレーターでもわかるとおり、1:1のトランスとコンデンサ、マイナスの抵抗と負荷抵抗をつなげると、
負荷抵抗がマイナスの抵抗の絶対値以上で発振し、それ以下ではまるで発振しなくなります。

ところが、上記のNIC回路が真似をするのは-22Ωですが、UDTを介して負荷抵抗につなぐと、それが1.2Ωでも発振します。
負荷抵抗のp-p電圧は22Ωで1050mVで1.2Ωでは180mVです。この消費電力は半分ぐらいしか違っていなく、相互誘導が一体どうなっているのでしょうか。
しかも発振周波数も極端に上がっているわけではない。それにUDTもJensenさんの言うとおりに、EIコアの真ん中のあしを削って目視できるぐらいに隙間を開け、巻数も電圧比が1:1になるようにしました。
フェライトEIコアの大きさは22*20*6mmに収まるぐらいで、信号用と言われましたが、今このサイズはスイッチング電源用ですね。

次の日の考察

早速インバーターで方形波パルスを流し回生する実験をやってみたが、いつものように完全に効率が1を切った。
やはり永久機関の実験は失敗しますね。
しかし、これは一部の分野から見れば涙が出るほど夢のようなトランスではないのか
という結論に至ったのです。
えらいことにサイリスタチョッパとかタップで巻数を変更とかしないでかなり低い抵抗をまんまと駆動して、
電源の出せる限りのエネルギーを引き出せることがわかったのです。
同じトランスで、低電圧大電流から、高電圧小電流まで、そこそこの効率で対応できるので、
例えばモーターの始動で無理がなくて瞬停しないことが考えられるし、
電熱ヒーターや真空管のヒーターの始動時も相当に抵抗が低いのですが、これも無理なく動かせるし、
オーディオアンプの出力段でよく使われる非安定の直流電源をパワーアップできるし、
それにノイズレスのシリーズ可変電源が低い電圧ならスイッチング電源の半分ぐらい大電流流せて、発熱も少ない、というのができてもおかしくないです。
それにJensenさんが早とちりしてライセンスが完全にフリーなのでどこでも使い放題です。

UDTのLICENSE

Free-energy technology is not meant to be controlled by vain and greedy parasites who wish to use a gift from God to exploit their fellow man. Free-energy technology represents a spiritual transition of the human race. Free-energy is not meant to be owned, period!


すなわち、フリーエネルギーは神からの贈り物であり、誰かの所有物にすることはできない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント