FC2ブログ

記事一覧

サラウンドヘッドホン「自作」の記事 索引

イントロダクションはこちら

サラウンドヘッドホンをつくる


どうやら簡単につくれると話題の3号 4chサラウンドヘッドホン 入門向き 改良の余地あり
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

いま残っている最古にしてまだ研究中の二号機 左右上下最大8chが可能
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

最大12chを可能にした欲張りな「レンコンフォン」 まずはここをみて「作るだけ」
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-93.html
さらに配線をつくるには「レンコンフォンをマトリクスサラウンドにした」をみる
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-144.html
さらにもう一機作り、比較できる記事 ここにも配線がいっぱい載っている
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-158.html

英語の記事が実は用意してある!海外にもひろめてください
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

いちおう載せておく、史上初の自作できるサラウンドヘッドホンの記事
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

まだアイデアだけ、肩に載せるサラウンドヘッドギアを作ればヘッドトラッキングなしでその場にいる感覚をもたらすか?
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

自作サラウンドヘッドホンを使う


開発ノウハウといいつつ効果的で安全な自作サラウンドヘッドホンの使いかたに説明を割いたページ 後半まるで取扱説明書
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

サラウンドヘッドホンを開発、改良する!


まずはサラウンドの原理原則の説明から!
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

70年代のサラウンドのテクノロジーを参考にしよう。「こんなにあるスピーカーマトリクスの種類」
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

三次元マトリクスサラウンドの提案、ただし、数学に強くないので、うまく理論になっていない。参考程度に。
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
こんな記事書いていうが どうやら耳のそばでは平面サラウンドをしっかりすれば高さ方向の情報も付いてくるかもしれない

自作なのに音質がすごい、L対-Rが1:1の極限まで来た。「真打ち登場」
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

サラウンドヘッドホンは 前方左30度 右30度にスピーカーを付けただけで出来る 他に何もいらん 驚きの実験
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-353.html

音の哲学を極める

オーディオの道にはいっているわたしですから、やはり癖の強い独自の哲学はあります。

なんで、わたしは特許をとらないのか?無料公開するのかが書いてある
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

「サラウンドはなぜ普及しないのか?」 サラウンド学習会ブログにある 冨田勲先生の 講義録とともに考えよう
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-188.html

わたしはピュアオーディオには疑問を持っています。「オーディオ趣味の泥沼から抜け出よう」
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

「オーディオは正しい音ではいけないのか?」正しい音が何か、その定義が定かでない。楽しい音を目指そう
https://rikukuu.blog.fc2.com/blog-entry-143.html
なおいまでは聞いた音質より音の向きが正確に再現できるかがもっと客観的だと思っています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム