FC2ブログ

記事一覧

今更聞けないハイブリッドカーの仕組み

ハイブリッドカーがもてはやされるこの時代。
ハイブリッドカーは燃費がすごく良いと評判ですが、
それが、どういったもので、普通の車と違う面倒なことがあるとか、
よくわからない人は多いと思いますが
それを説明したいと思います。

エンジンの弱点

車のエンジンは、遅く回すと力が出ないのが知られています。
もとが爆発の力を元にしているので、瞬時に爆発、これを繰り返さないと力が出ません。

これを解決するために、トランスミッション、いわゆるミッションがつながっています。
ミッションはタイヤの回転の速さを遅くする代わりに回転の力を強めます。

ミッションがつながっているとどうなるのか。
車の発進時でも、高速道路を走っていても、車のタコメーターが回転の速さを表示するので見てみると、
針があるところを行き来しているはずです。そして針が急に戻るはずです。
発進時でも、高速道路でも、エンジンの回転の速さは同じです。
エンジンをより回転させるにはより燃料が必要です。
本当は、自動車は発進のときからエネルギーを食う必要はありません。
しかし、今広まっている「エンジン」はよく回転させないと力が全く出ないので、速く回転させる、燃料を食う!
ただ、歴史を見れば、未だにエンジンの代わりが見つかっていない理由があります。

モーターの出現

電気モーターは扇風機などよく使われますが、自動車に使っても大丈夫になったのは
ここ20年ぐらいです。
モーターは電磁石で磁石を吸い付け、跳ね返して動く。それには電磁石に流す電気をあやつる必要がある。
これがコンピューターの指示で大電力をあやつるIGBTの出現で簡単になり、
モーターも軽くて強くなって自動車に搭載できるようになった。
このすごい仕組みにより、モーターは遅い回転の速さで強い回転と、速くて弱い回転と、場合に応じて変えられる。
車の発進時から大きなエネルギーを使わなくて良くなった。

ハイブリッドカーができた

つまり、自動車にエンジンに加えてモーターと床下に大きな電池を搭載し、
発進時などエンジンが無駄に回転するのをモーターが車を動かしてなくし、
ブレーキ時ではモーターが発電機になり電池に電気を戻せる。
あとは適当にエンジンの発電機で電池を充電。
この、場合によってエンジンとモーターと発電機を使い分けるのに、高度なコンピューターが必要で、
長い車の歴史でプリウスまで待たなければいけなかった。

最初のプリウスは、500万円で作って250万円で売りました。トヨタが身を削ってまでしてハイブリッドカーを広め、いまでは元が十分に取れます。

ハイブリッドカーの仕組みによる問題

ハイブリッドカーのモーターと電池は高速道路で突っ走っているときはいらないので、
渋滞か、一般道で信号でよく止まるとかのほうが、どうしても燃費が良くなるのです。

巨大な電池は昔はパソコンの電池のように取り替えが必要だった。実は今でもブレーキ時に電気を全部は吸収できない。

それと、普通の車のカーバッテリーが何故かハイブリッドカーに必要で、これが実はコンピューターの電源です。
なんかあった時に巨大な電池が使えなくても大丈夫。カーバッテリーをたまに取り替えないと動けなくなります。

ミッションレバーがとても頼りないですね。ボタンを押してエンジンをかけますね。これらは単にコンピューターのスイッチです。ミッションの操作もコンピューターが行うのです。

あと、クラッシュしたハイブリッドカーに触るのは電気ビリビリかもしれなくて危ないのだそうです。気をつけてください。

プリウスの都市伝説

プリウスはモデルチェンジのたびにいかついDQNが飛びつきそうなデザインになっている。
プリウスがふざけた走りをし、たまにコンビニなんかに突っ込むのも有名である。
豊田章男社長はあんなデザインでは売れないと言っているのにそれが通る会社なんですうちはと言っていたが
あれだけのブランドなのになぜ一般人には食いつきの悪そうな顔になるのか。
むしろふざけた車だと認識してほしい理由があるかもしれない。プリウスはつまり中身もふざけているのかもしれない。
いざというときにプリウスの脳を殺す方法はないのか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム