FC2ブログ

記事一覧

デュアルパラメトロン で失敗

パラメトロン2段重ね
フリーエネルギーを作る、となると、どうもパラメトリック共振に関心が行ってしまいます。
LC共振回路の、L=インダクタンスを周期的に変化させると、交流電流が発生します。
Lを変化させるにあたって フェライトコアの磁気特性がぴったりです。
フェライトは流れる磁束を多くするとLが減るところがあるので、それが使えます。それも電気でやります。
今回、TDKのZCAT-1518-0730を入手しました。4つ使ってなんとかしたいです。
普通のパラメトロンは片方のコアが飽和するときもう片方は飽和していないので、そこで相互誘導が出てしまうから
打ち消してしまえと。そうすれば入力側は単にコイルと一緒だから、力率0で行った電気が戻ってくる。
じゃあ、二段直列でいいじゃん。このとき付け足した巻線の巻き始めを逆にする。デュアルパラメトロンじゃん。
トランスの計算のサイトを元にZCATに7ターンを2つ巻きます。
入力は、いつものHブリッジで、5V 20kHz以上です。2SK3142と2SJ471で、トランジスタのSEPPでゲートを駆動しているので切り替えが速いです。発振は74HC04+RCで、デューティ調整がついているので正確に50%にでき、消費電流が減ります。
出力Cは104が2つです。

なんかうまく行かないと思ったら、このZCATは特性のばらつきがあって 巻数を少なくしてインダクタンスをどれも0.057mH程度にしました。

で、入力電流が戻ってくるのはパラメトロンよりうまく行きました。特性がいいよね。変な動作の癖がない。
負荷をかけても、大丈夫です。
しかし、毎度Hブリッジで駆動すると普通のコイルだろうと、完全に入力電流が戻ってくるわけではない。
結局、入力で0.25Wほど消費し、出力が25mWピーク行きませんでした。どこでエネルギー食っているんだろう。
パラメトリックは難しいですねえ。本当はコア材はアミドンやFair-riteの44番がいいんじゃないかと思っています。B-Hカーブがしなっているから。

え、フリーエネルギーはできないって?ついやってしまうんです。ネット広告に婚活って出るんです。ちょくちょく。

次の日 馬鹿なことに気がついた。フェライトコアを飽和させていない。飽和するとLがへり電流が増え消費電流波形にひげが生えます。

06/03 どうもパラメータ励振を用いたデバイスは消費電力以上のエネルギー投入が結局必要みたいです。
これが結論です。
私はもう、やっていて気分が悪くなる実験はしたくないです。ふつうの科学でそんなことないもの。
スポンサーサイト

コメント

No title

TV電波とかラジオ波とかwifiで発電したら電気代無料じゃないんですか?あるいは地磁気とか。http://www.nict.go.jp/publication/shuppan/kihou-journal/kihou-vol55no1.2.3.4/020206.pdf

No title

無電ラジオ
https://www.ituaj.jp/?page_id=9513
環境電波の研究が進めば地震研究も進むと思います。

Re

そうなんですよね。結局エネルギー源は周りの環境にある。
ただ今見つかっているエネルギーは環境を汚さないものは出力が弱くてとぎれとぎれですから
そこが心配なんですよね。
コンピューターの進歩はいま性能を上げるより省エネのほうが盛んですから
コンピューターが自然エネルギーで動くようになるのはいいことです。
しかし、物理的な力を使うのは相応のパワーが必要です。
今後40年ぐらいは排ガスクリーン技術と相まって結局石油で世界は持ってしまう気がします。

No title

工業製品の過剰生産が全般的な利益率低下を招いて、それが社会の不安定化につながっていると思います。原子力事故あっても電気途切れてないしね。フリーエネルギー詐欺で悩む人は良心的な人ですよね。悩まない科学者がおかしい。
兵器生産は不況期にやる公共事業なんですよ。
エネルギーは過剰なんで。むしろ発明品が自然の新しい側面を切り開いてくれないかなって思ってるんですけど。風水の地脈って地電流のことだと思う。

No title

無機物で構成された生命現象があるんじゃないの?地球ダイナモの地磁気の影響を受けて生物は行動しているのかもしれないです。
http://coub.com/view/cg27j

コメントの投稿

非公開コメント

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム