2016/09/06

どこでも手に入るエネルギーは存在するのか

フリーエネルギーの研究をやっていると非常に精神を消耗します。
なにかエネルギーがあって、それを取り出す、という志を持たないと心が持たない。
なんか できないのなら 他の手段を神は用意していないだろうか。
そう、どこにいても取り出せるエネルギーがある。

永久に動き続ける時計+最近気になった記事からの引用
ジャガールクルト アトモス

この「アトモス」という時計は室温付近で勢い良く膨張収縮する特殊な物質が入っており、
気温の変化で動きます。そのために振り子でなくて二分で1回転するおもりが入っている。
なんと一度の温度変化で2日動ける設計。
保存がいいと月差数秒で動ける。
弱点は精密に水平に置かないといけないこと。

気圧計 - Wikipedia
気圧を測る機械は機械式のものがあります。その名もバロメーター 航海で天気を予測できる唯一の機械だったので、その名はあらゆる指標を指す言葉になった。
気圧というのは実は相当な力であり、真空容器を馬16頭で開けた記録さえあります。
気圧計は結構頑丈に出来ているのがわかる。気圧の変化を動力に変えることができます。
そういった発明は"atmos pressure differential generator"で検索するとわかります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント