2017/10/19

日本製の品質が危ない

2017年は日本転落の始まりか、それとも日本だって人間の国だと受け入れられ、また高品質の国になるのでしょうか。

神戸製鋼所はずっと昔から金属のデータシートを偽装してきたことが判明したり、
日産自動車が社内での資格のない従業員に最終検査させていたり
あの日立の新型イギリス新幹線で雨漏り、システム故障、と、今までの日本がやる失敗ではないです。
追記:新型イギリス新幹線のトラブルは車体に大書きしてあるとおり「Built in Britain」が原因と思われます。
ただ、かの大英帝国が落ちぶれた原因は工場の職人がああなったのもひとつなので注意してください。

私はあぜんとしました。日本の技術がいきなりこういった転落をするのかと。
(そういえばテレビにベタに褒められると没落するって、社会環境をただすのほうで書かなかったっけ)
でも、高品質への努力って、311のときにただでたすけあった日本人でも決してただではないはずです。

また前と同じような工業高校の話をしなくてはならないみたいです。それは10年ぐらい前。かつての名門校だと大人はいう。
まず、電子科にヤンキーが入ってきた。一人ではない。10人ぐらいいた。電子科はもはやガリ勉の逃げ場、安心して勉強できるクラスではない。
苛めを受けたため、盛んに先生に訴えたが、あの頃から変態オタクが窓際から主流になりだして、声が大きく、ヤンキーが多少いなくなっても、もう今までの電子科などではない。
つまり電子科に電機技術に興味のある人が私しかいない。エレクトロニクスは学生に相手にされず、かつての遊びはきつい勉強になった。
プログラミングもみんなできないが、フォトショップで自在にコラ画像を作り、Nscriptでヱロゲの台本は書けるときた。あれ?
ついに体育祭で電子科が優勝した。開校以来初めてだと、いう。
なんでこうなってしまうのか。
苛めを回避するため勉強に打ち込み、周りの空気になり従順になるようにしつけられ、心が汚れないようにテレビや漫画を親に検閲された私は、このカオスで精神を崩した。
その私の、ときにロボット、ときに爆弾になる、周りに「ファビョる」と称される振舞で、みんな動揺した。驚くべきことに自分で調べても朝鮮の血が入っている証拠はなかった。
アスペという略語もとい差別語はまちがいなくちょうど私のクラスで生まれたものだ。しかも私が数学ができない。
先生は教科書に書いてあることを噛み砕いて説明したり、楽しい実験に仕立て上げるやる気などなかった。生徒も機械を扱い、自分で作り上げることを、楽しみにしている様子はまるでなかった。
創造やカネを稼ぐことはださく、ゲームや漫画、電子音楽やヘヴィメタル、消費活動こそクールだったのだ。他ならぬ私こそ、電子工作を家で楽しんでいる「稀な存在」だったのだ。
ロジック回路の実習に入った。みんなはケーブルで配線する教材装置で実験したが、私は回路がわかるため、ブレッドボードに74LSで組んだが、先生はなんとICと表示のLEDは渡したが最初抵抗器は渡さなかった。
案の定異常動作して、私が注意したし、私のほうがTTLの入力が無接続だと1になると知っていて先生は知らなかった。これは74HCなどCMOSでは絶対にやってはいけない。
ロボ研の先輩は遊んでばかりで、マシンを作れと言われてその元気が私ですら湧いてこないし、フォトカプラの入出力のGNDが思いっきり繋がっている弱点を見つけたが入学生が盛んにマウンティングするというとんでもないことをやってしまいどんどん先輩に煙たがれて、
部活をやめて図書館に引きこもったら、工業高校にあるまじき「導波管」などの超高周波の資料や新幹線システムの本や北斎漫画まで揃っていた。忘れ去られた優秀校の名残だ。
就活の時期が来た。驚いたことに電子科限定で其の道に入るような求人はほとんどなかった。企業も本当はすでに諦めていたのだ。
卒業式の日。放課後。だれか選択科目で作ったはずの液晶テレビ(地上アナログ放送の末期はこういうことがかんたんだったんだよ!)が教師の机に置いてあった。よほど作るということにぶち切れたのだろう。
しかし電磁気学や交流理論は私でも結構難しかった。
どういうことなのか、捉えることも、ざっと式を覚えて次へ行く学校の教育では、試験で式を使うことが魔法の呪文を唱えているような感覚だった。
今思うにむしろ電磁気学が魔法や錬金術であり、本質を追求することを禁じられた学問なのだろう。

あとほとんどのトランジスタのデータシートに、hieやhoeが載っていない。今ではろくにグラフのないデータシートも増えました。
もうトランジスタ増幅回路の時代などではなく、パワートランジスタをオペアンプで負帰還をかけて動作させる時代なのです。
更に過渡応答が非常に大事な時代になり スイッチング電源などが普及し、モーターはベクトル制御、デジタルアンプにタイムドメインスピーカーも出現して周波数やその解析の時代ではないです。交流理論から電気基礎Iに立ち返らないといけないです。
只今の世代にはIoT関連の教育をぜひ。Arduinoのおかげで、Z80より一足飛びに入出力やネットワーキングまでかんたんに勉強でき即実用。
アナログは入出力だけで、信号の処理はデジタル。精度の悪いアナログ演算はもうすぐポイですよ。
ITも含めこの時代の遅れはさすが日本。

教育現場は10年、20年先を行く。こういう大人にこういう生徒の国になる、それを覚悟してください。もちろん私もいったん気が狂ったあとに3.11がきて、慌ててやりだしたのが「永久機関の研究」ですからね。
命や豊かさを求めている東南アジアに、肥え太った日本人がかてますか。
日本が失ったもの、それは戦後教育が否定したど根性であり、Coolが打ち消した優しさや暖かさであり、工作員、スパイ、テロそしてカルトに対抗する疑いと喧嘩の心であります。
みんな奪うことに集中しすぎです。今まで色々作ってくれた大人はみんな死んでゆくルールであるこの世で、必要なものはゲーム機やソフトまでもはや自分たちで作らなくては。
さらに私みたいな、朝鮮人みたいな日本人、ええ裏工作などではなく日本人から生まれてこの性格、ありえないわけではないです。悪口は自己紹介といいます。その不正のパターン、となりの韓国と同じではないでしょうか。
日本人はさすがにそこまで高貴な血ではなく、むしろ 自ら 日本人だ、侍だと 思い込まないといけない。
私の職場の同僚はもう手遅れだ、と何度も言っていますがいうだけでやってられません!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます