FC2ブログ
2017/11/04

都市伝説:オカルト 浄水場に絶対に必要なもの

私はたまに水道施設などのインフラに興味を持つことがあります。
浄水場は人間が汚した川の水をきれいにして飲めるようにする大事な施設で、大量に電気を使います。
浄水場の見学に 大人になっても 一回いってみたり、地図で浄水場を見つけて周りを一周したりします。
しかし、おかしな浄水場がある。
とにかくいつもリククーブログを見ている都市伝説サイト様には結構なネタになるでしょう。
このきじははなしはんぶんでみてね!

[絶対に必要なものがある浄水場]

神奈川県企業庁の谷ケ原浄水場は、
毎年6月第一日曜日に見学が開かれ、親子が入って様子を見れるところです。
とても気持ちが良く、四角い池は整って配置され、沈殿池からとてもきれいな水が出てきました。
職員は農家の性格に近そうですが、所長はさすが偉い経営者の波動がしていました。
ちょっと首を向けると水神様の祠がありました。

[絶対に必要なものがない浄水場]

広域水道企業団の相模原浄水場は、暗くて妙な工場の雰囲気がします。
監視カメラと不法投棄厳禁の警告が塀には貼られ、
周りにはなぜか鉄屑回収、リサイクルショップ、病院、など、汚いものを扱う施設が充実。
水神様の祠はありませんでした。

川崎にある長沢浄水場は、目の前の鉄塔が大島てるに載っているなど、色々変なことが起きていそうです。
幾つかの自治体の所有する施設がありますが、その周りで変なことが起こっています。
どの自治体・企業団の施設にも水神様の祠はありませんでした。

何が必要なのか

これらの浄水場はもちろん急速濾過の設備が全部あります。
しかし水は周囲の波動を吸い込んで増大する作用がある。人間の悪い波動が水に入って、増大すると、浄水場のまわりがおかしくなる。
本当に水を清めるには、水神様の祠が必要です。これは自然を尊敬し、心にも良い水を与えるのに、重要なことです。
残念ながらそれを浄水場に導入するには、「企業庁」のように営利を目的とするのを加えないといけないようです。
ふざけたことをいうなと画面に怒りをぶつけたあなた・・・いつもの「狸の水呑場」のサイトで水神様の記述を探してください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント