FC2ブログ
2018/02/10

KPTIによるパフォーマンス低下を取り戻したいが?

更新!本当にシステムコールやファイルシステムのつまりを計測できるベンチマークは configureスクリプトだ!
Arch Linux カーネル 4.15.3-2-ARCHで
gzip-1.9のconfigureスクリプトを noptiで起動 カーネルオプションなし 透過ヒュージページあり 透過ヒュージページ+IOMMU有効+pci_bus_perfで
timeを測定したら、それぞれ
nopti

real 0m17.582s
user 0m10.089s
sys 0m5.486s

Transparent Huge Pages 無効

real0m17.124s
user0m10.393s
sys0m5.690s

特別な起動オプションなし

real0m17.581s
user0m10.556s
sys0m5.681s

カーネルオプションに次を付加 "pci=pcie_bus_perf intel_iommu=strict"

real0m17.040s
user0m10.327s
sys0m5.674s



usrに対してsysが半分もあるのに大した差が出なかったので、

私のArchLinuxがいまカーネル4.15.3.2だから、もうこのバージョンでは徹底的にパフォーマンスの低下が抑えられているとみた。
intelのパッチがクズだといったリーナス氏以下カーネルハッカーの実力は人の事を言える以上に本物だったようです。ぜひ最新のカーネルを導入しよう!

Linuxの「Meltdown」パッチが大きなオーバーヘッドを引き起こす?--Netflixのエンジニアが指摘 ZdNet JapanによるとHuge Pagesは本当に効果があるみたいですね。
Huge Pagesは呼び出さないと使えないしメモリ領域も確保が必要です。
Transparent Huge Pages=透過ヒュージページはちょっと遅いがどのアプリでも使えます。
おそらくデフォルトで有効。有効にするには

# echo madvise > /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled


ただし本当にHuge Pagesに対応しているとくにデータベースではおかしなことになる。
#高速化ではなく省エネルギーのための最適化の時代が始まった 今俺が始めた なおSSDも標準的な性能なら大きな省エネにつながる 超高速タイプは必要なところにだけ使おう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント