2018/06/19

フリーエネルギーの実験はこれでしばらくお休み

フリーエネルギーのプロジェクトを中断しないといけない事態になった。
どうも、最近、CMOSオペアンプがよく壊れる。どうしてだろうか。
今日も、回路が朝と同じ動作をしない。
調べるとデュアルオペアンプの片方のマイナス入力がVDDとダイオードでつながっている。
おかしい。
おかしくないもう片方のオペアンプを使っても、コイルがピューピューいうし、明らかに電気を食っている。
いろいろな部品を調べたら、セラミックコンデンサの容量を測定したあとに回路が治ったので、
どうも何者かにセラミックコンデンサに異常な電荷をチャージされ、オペアンプのマイナス入力端子を壊し、
その後も誘電ヒステリシスによって特性がおかしくなっていたようだ。
容量を測定することでエレクトレットのようなおかしな電荷のチャージはなくなった。

そして私の背景にあるものを探ると、これは実は決して、陰謀とか集団ストーカーではない。察しがついている。
知識があればコンデンサーをかなりの電圧に充電することなど全く簡単なことなのだ。
そして私には陰謀や集団ストーカーなどではなく、敵が存在するのだ。そこもまたピラミッドパワーの研究をやっている。
もうこれ以上フリーエネルギーの研究ができる環境などではない。

とにかくこの回路を試してほしい。実は左半分はこんなに単純なのに、MPPTとしても使えるはずだ。
これはコンデンサーが直前のサイクルの電圧を覚えているからできる。
15kΩは金属被膜や集合抵抗をおすすめします。
インダクタは東北金属(今はNEC/TOKIN)のSN400の巻線を解いて半分づつにしてバイファイラにしたものだ。
とりあえずこれで電池の電圧が上がるかもしれない。回路をシミュレーターにかけたところで何もないはずだ。
今までの実験のとおり、電池はある程度熱エネルギーを変換して電気を出すので、それを戻すだけだ。
検証はまだ完全ではない。いざというときに使えることを祈る。
この回路がラスト?
・・・・・・・・
オシロスコープで波形の反応がなかった。この回路もだめで、このじめじめ温度で電池が勝手に復活するほうがマシということかな。
ただ、上手く行ったときは 半固定抵抗でオペアンプの2つの入力の電圧をきっちり揃えていたような・・・
半固定抵抗を使いもう少しだけ実験を進めたが、やはりフリーエネルギーではない。しかし発振の仕方が特徴的で、やはりMPPTの効果があると思われる。
リニアテクノロジーなどがすごい専用ICを用意して作ってきたMPPT制御が簡単にできるとすれば 一大事だ。

悔しいが、なんかだめだ。
そして、フリーエネルギーで悩み抜いてきた私としては、THRIVEやSIRIUSやヘラトリトピックスをみて、いくら高尚な目的とか心の中で言い訳しても、やはりフリーエネルギーの研究はほぼ人間の我欲だ。気がついたら我欲だ、自分たち人間のためだけのものだ、
やっていて科学の研究の雰囲気じゃないなとは感じていた。マジだ。すぐ前の記事も見てください
フリーエネルギーとかに関する問題は 頑張らない 解決法が良さそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント