FC2ブログ

記事一覧

太陽の光を部屋に取り入れる

昼間は太陽が照らしてくれるのに、それを遮って建物を作ってしまう人間。
昼間は太陽が照らしてくれるのに電気代をわざわざかける。

しかしそういう必要もなければ、逆に、絶対に日の当たらないところに太陽の光を届けることもできる。
レンズとモーターで太陽を追いかけ、光ファイバーや鏡で伝えるものだ。
太陽電池と違って、意外とこれらのシステムは小型で、最も導入しやすいのは一軒家だそうだ。
中には新築マンションで光を遮ったことへの保障など、いろいろな日照の問題をたちどころに解決できる。

興味があるのなら、複数の会社があるので、「太陽光照明」で検索してほしい。

追記:その他永久機関などなくても、お風呂や冷暖房など、お家の半分以上のエネルギーは今や太陽や地中熱で自給できる。
今できる!省エネ設備
スポンサーサイト



コメント

No title

私は、今ある技術を有効に使えば現状とほぼ同じ快適さをエネルギーを今ほど使わなくても実現できるのではと思います。
なぜわざわざエネルギーを投入するのか不思議です。もちろんエネルギーの投入が不可欠なものは仕方がありませんが、昼なのに照明を使わなければならないのは絶対におかしいと思います。
他にも差別したりいじめや嫌がらせなど、街や世の中を見渡すと人間は愚かだと思う事ばかりです。
このまま破局を迎えるしか無いのでしょうか?

Re: No title

もうすぐ令和時代ですね。
もう遅いかもしれません。こっちのやることがだいたい尽きてきたんです。
社会へ憤りの念をぶつけるのもいきなりやめたし
某宗教への批判も撤退したし、フリーエネルギーもやめようかやめないかさまよっています。
これは何かが起こるぞ、と。
日本人は一人ではやらないこともみんながいきなりやりますから、それを引き起こす大事があるのでは?
原発事故はなんだかんだ乗り越えてしまいまして、このままではエネルギー浪費みんなやめないと思うんです。
でも地球の資源は人類すべてが現代文明の暮らしをするには明らかに足りないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

おしらせ

2019-04-05

フリーエネルギー技術のライセンスを変更しました

法的拘束力はともかく悪い副作用のあるライセンスよりも使ってほしくないことを明示しました。

2018年12月以前にブックマークした方へ

記事のURLが手違いで変更され、

blog-entry-***.htmlの***の番号が多くのページで5ほど前へずれています

お手数ですが修正してください。

googleの検索インデックスが壊れてしまい、復旧不能らしく、
いろいろなページが検索結果と食い違うので、サイトの移転をしています。

新リククーブログ

旧リククーブログは今年中には閉鎖するつもりです。
コピペ保存及び新ブログに移した記事をよろしくです

アクセス解析による広告

    プロフィール

    トロポサイト

    Author:トロポサイト
    社会の落ちこぼれ。
    皆がよくできることはへたくそ。
    だれもやろうともしないことは、できる。

    多く見られた記事

    記事の種類

    フリーエネルギー技術のライセンスについて

    当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、

    詳しくはこちら

    検索フォーム