FC2ブログ

記事一覧

プリウスが事故を起こす噂について

またプリウスが事故を起こしたって話題になっています。
運転手の不注意とか、トヨタが悪いって陰謀論もあるが、
私は車の整備や、運転すらやっていないが、毎年NHKロボコンで大学のロボが試合中に壊れるのを見ると、
絶対に忘れているのがあるよね。

整備不良です。

今の車はプリウスがそうであるように、電気で走っています。
電気で走るには100年前みたいに頑丈な導線をバッテリーにつけてがしっとスイッチを入れれば動くものではないです。
センサーが必要なのです。人間の歯の痛みは神経、つまりセンサーの信号なのです。
センサーを取ればそれはまるまる使えなくなりますが、
問題はセンサーが誤動作することです。
勝手に歯が痛くなったら病院行くでしょ?人間はよくできていて、そこで神経の問題だというのはほぼありえないです。
プリウスだってたくさん神経が走っていますよ。人間ほどじゃないでしょうが燃費良く走るためのコンピュータを積んでいるのです。
もはやハイブリッドカーはロボットだったのです。ギアチェンジのレバーも単に電気信号のスイッチです。
そういった神経は、カーバッテリーの線とは全く違うのです。
プリウスには今までどおりの油や汗まみれで点検するエンジンやパワー系と、
センサー、電装系は慎重に、汚れやホコリのないきれいな手袋で静電気さえ禁止のところもあるのです。
これを間違えてはいけません。微妙なコネクタの接触不良でも正しい信号が送られず、誤動作することがあり得るのです。
カーバッテリーの導線はわずかな汚れやホコリなら気にしないでしょう。しかしセンサーの線はそうはいきません。
パソコンでありえる接触不良は、もはや車でもあり得るのです。
それは接触不良でUSBメモリが読めないとか、ネットワークに繋げないとか、ではないです。事故になります。
更にほぼ確実にパワー系と電装系が交差するところがあると考えられます。電流センサーです。
モーターに流れる大きな電流を読み取り電子回路を損傷しない小さな信号を出すもので、ここがやられたら一大事です。

結論として、ハイブリッドカーの点検整備は給料をより高くつけるべきですね。
頭のいい技術者の給料が安いからこうなるのです。安い仕事とはつまりどうでもいい仕事ですから。
なくてはならない車、でも誤ると事故を起こすような車の整備士は、人間の医者のように偉いと思いますよ。
車なのに電子回路や、コンピュータの知識まで必要だし。

逆に、おかしなところが何もないハイブリッドカーは、逆にそれを分解してしまうような車検は危ないかもしれません。
異常が全く見られないときはスピード車検とか自分で車検場に乗り込むほうがいいと思われますね。
もちろんオイルやATフルード、冷却液は定期的に交換するべきでしょうが、センサーや電装はどうでしょうか。
コンピューターの業界では「正しく動いているものに触るな」というのは常識なんですよ。

こんなことがあればプリウスを治そう

1.リコール情報が出ているとき。
 なかのソフトウェアのアップデートによって、異常な振る舞いをする可能性が更に低くなります。
 安全のために、多少の燃費は犠牲にすることもあります。
 ブレーキしても狙った位置より一歩前に進んでしまうブレーキ抜けなんかはこれで治るようです。
 中古車だったり様々な事情でアップデートを受けていないプリウスがいろいろあると思われるが、
 コンピューターの分野ではできるだけ早くにシステムのアップデートを行うことになっています。
 リコールがなくてもサービスキャンペーンと称してトヨタのお店がアップデートをやってくれることもあります。
 もはや何がなくともトヨタの店に行ったほうがいいです。
2.些細なことでも点検に
 ネットの報告では ルームランプのヒューズが切れかけるときにシステムの電圧が不安定になって連鎖的にいろいろなところがバグります。
 また変なところにクルーズコントロールを追加する業者や(ABSがおかしくなる)、純正ハーネスを使わない業者にも注意です。
 とにかくいろいろな物理的で些細な異常があると、コンピュータに伝わる信号がおかしくなり、最終的にコンピュータがおかしな判断を下します。
 ということでトヨタの店で点検したほうがいいでしょう。

結論

プリウスの事故については 運転手が悪いか、トヨタが悪い陰謀論か、この2つの意見しかネット上にないことこそが、陰謀なのです。
工作員が車の整備士をやれば、いずれ「偶然の事故」でターゲットを殺すことができます。
スポンサーサイト



コメント

No title

プリウスは遠隔操作が可能のようですよ。遠隔なのでもちろん無線で。なんの意図があるかは不明ですが。
集団ストーカーと関係があるかもしれません。
プリウス以外にもアクアやレクサスも過去に暴走事故がありました。

コメントの投稿

非公開コメント

おしらせ

2019-04-05

フリーエネルギー技術のライセンスを変更しました

法的拘束力はともかく悪い副作用のあるライセンスよりも使ってほしくないことを明示しました。

2018年12月以前にブックマークした方へ

記事のURLが手違いで変更され、

blog-entry-***.htmlの***の番号が多くのページで5ほど前へずれています

お手数ですが修正してください。

googleの検索インデックスが壊れてしまい、復旧不能らしく、
いろいろなページが検索結果と食い違うので、サイトの移転をしています。

新リククーブログ

旧リククーブログは今年中には閉鎖するつもりです。
コピペ保存及び新ブログに移した記事をよろしくです

アクセス解析による広告

    プロフィール

    トロポサイト

    Author:トロポサイト
    社会の落ちこぼれ。
    皆がよくできることはへたくそ。
    だれもやろうともしないことは、できる。

    多く見られた記事

    記事の種類

    フリーエネルギー技術のライセンスについて

    当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、

    詳しくはこちら

    検索フォーム