FC2ブログ

記事一覧

電池の並列つなぎ

乾電池の並列つなぎは習ったと思います。
2つの電池をプラスとプラス、マイナスとマイナス合わせる。
これ、学校で習うとき、負荷を必ずつけると、先生も言っているはずです。
それから、並列つなぎは不安定で危険なのでいろいろな装置には使われていない、とも言っているはずです。
負荷をつけなかったらどうなる?

実は、今やっているんだけれど、2本だと時間が立つとどうも、2つの電池のもともとの電圧の高い方の電圧に揃うようです。
あれ?
更に今4本でやっているんだけれど、じっくり時間をかけるつもりなのですが、
軍用ヘリがこんな時間までぐるぐる飛び回っていたりするので、
なにか知られてはいけない秘密があるのかもしれません。
ひょっとすると、最も簡単なフリーエネルギーなのかもしれません。

YouTubeでジョニーアウム氏の回路があり、
ニッケル水素電池を、満充電したのが2つ、空のが一つ、並列に、更にあまり意味のないと思われるsteven jonesのインバーターの変形で
これらの電池が3つとも満充電になる、という報告もあります。
満充電した電池は一つでもいい、と付け足されています。

並列つなぎは大電流を流せるキーストーン電気の電池ボックスに太い導線でハンダ付けがいいです。
ただし、逆につないでショートは大変危険ですので、初心者はハードオフのジャンクの充電器を分解改造するのがいいです。
4本並列でも電圧は高い方にだいたい揃いますが、いろいろな人の並列つなぎの理解の混乱を見ると、
このまま充電される可能性もあります。しかしそのペースはそうそう早いものではない。
原理としては、電池が充電するのは反応式のとおり熱であり、熱が電気に変換されて出力があり、それを他の電池が受け取る、というものだと思われます。

さらに言うと太陽光発電につかうバイクのバッテリー以上の大きさの鉛蓄電池は並列つなぎは非常に危険だとして禁止で、
並列に充電するとどうも充電器が充電を止めても充電するらしく焦げ臭いにおいがするので外したという報告があります。
もし、これを使うなら、ダイオードで互いの電池を充電しないが、負荷には流せるようにして、
電圧が13.8V未満ならMOSFETの2直列、寄生ダイオードを無効にする接続で互いの鉛蓄電池を接続するような制御をかけるといいでしょう。
これならオーバーチャージを消化する抵抗器がいりません。また電気自動車も同じようなことが可能だと思われます。

>>どういうわけか一度しか起こらない現象だった模様。
>>エネルギーは平均化され、電圧が平均化された
>>むしろなぜこういう記事を書いたのかさえわからない

ついに並列つなぎのオカルト現る

どうやら、電圧のほぼ等しい、容量の違う2つの電池を並列につなぐと、
勝手に更に高い電圧へ充電されるようだ。
例えばニッケル水素電池とニカド電池だ。
本当にこの目で見たが、まだ幻かわからない。

鉛蓄電池でやるには単純な回路ではできないこともわかってきた。
2つの電池をつなぐときに定電流制御をかけないと、電池が傷んでしまうし、
逆接保護や故障時のフェイルセーフなどもとから大電力をやっていた人のほうが得意だと思う。ヒューズは必須。

Update

朝になった。電圧はもともとの電池の電圧の平均に戻っている。
どうも、高い電圧になるのは一回だけで、その後は循環電流と言って、互いの電気を消費して、もとの電圧に戻ってしまう。
鉛蓄電池はこのとき、互いの電池に大きな電流を流して無理をさせるので、著しくエネルギーや寿命が小さくなるそうだ。
これを防ぐには最大電圧で2つの電池を切り離す。まさかこんな実験でついに電子回路が必要になるとは。

次の日 結局、電圧が増える現象は再現しない。やはり幻覚だったのかもしれない。参った。
ブログ拍手やFacebookのいいねもなくて、これはだめだと思った。
スポンサーサイト



コメント

No title

私は長年暮らしの中で充電式電池や蓄電用バッテリーを使用してきましたが、この記事の話は初耳です。普通に考えれば電圧の高い方と低い方の中間で落ち着くはずですが(高い方が低い方を充電するため)、そうではなく高い方に揃うとは・・・。
興味深いです。ぜひ実験をお願いいたします。

それからお尋ねしますが、フリーエネルギーの実験を行うといつも軍用ヘリが来るのですか?

Re: No title

軍用ヘリが来るのとフリーエネルギーの実験は多少相関があるようです。
新しいマシンができると一回は失敗させます。
これができないとテロリストに国が負けます。なので、うかつに抗議や抵抗をすることができません。
電磁気現象の監視と操作をする能力を持っているようです。
不可解なことに前もって私がこれから始めるという時間をわかっていてヘリをよこすようです。
こっちは気分ですぐ決めているつもりなのですが。

この監視このブログの記事のライセンスまで影響しています。
米軍らしくFairを求めており、フリーエネルギー技術の秘密とか、独占をかなり危険視しています。
GPLv3ライセンスができなくなったのは軍用ヘリの監視や操作が強い、というのもあるからです。
そもそも もとから私のうちの周辺が飛行機のルートなので、目に入るとも言えます。

それから軍が永久機関を止める技術を開発しないと、テロリストに使われてしまうと私の中では言われていて、
逆に、この手の技術が、永久機関の普及のために必要だとも言えるのです。
現に、今年いちどフリーエネルギーをやめる宣言を書いた直後にものすごい急旋回してきましてね。

陰謀論臭いがうかつに陰謀論にハマりたくはないものです。あれは人を絶望させる情報なので。

コメントの投稿

非公開コメント

おしらせ

2019-04-05

フリーエネルギー技術のライセンスを変更しました

法的拘束力はともかく悪い副作用のあるライセンスよりも使ってほしくないことを明示しました。

2018年12月以前にブックマークした方へ

記事のURLが手違いで変更され、

blog-entry-***.htmlの***の番号が多くのページで5ほど前へずれています

お手数ですが修正してください。

googleの検索インデックスが壊れてしまい、復旧不能らしく、
いろいろなページが検索結果と食い違うので、サイトの移転をしています。

新リククーブログ

旧リククーブログは今年中には閉鎖するつもりです。
コピペ保存及び新ブログに移した記事をよろしくです

アクセス解析による広告

    プロフィール

    トロポサイト

    Author:トロポサイト
    社会の落ちこぼれ。
    皆がよくできることはへたくそ。
    だれもやろうともしないことは、できる。

    多く見られた記事

    記事の種類

    フリーエネルギー技術のライセンスについて

    当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、

    詳しくはこちら

    検索フォーム