FC2ブログ

記事一覧

ダイソンの掃除機が止まる

ダイソンのハンディ掃除機をハードオフのジャンクで掴んでしまった。
手に入れたら、徹底的に掃除を始めた。
他人のうちにあったものだし

いろいろなところを消毒した。
しかし、床掃除ヘッドをつけるとすぐに止まった。
更に、やがてバッテリーそのものがだめになった。
引き金を引いてもうんともすんとも言わず、MAXボタンを押しても、一瞬光るだけだった。

掃除機のモーター部分を力づくで開けたが、特に異常は見られなかった。

床掃除ヘッドの回転するところが弱っていると、そこも力を入れて開けて、
モーターと歯車に油をさしたが、変わらない。

新しいバッテリーが到着した。これでまた使えるようになった、はずだった。
床掃除ヘッドをつけると5秒ほどで止まり、モーターから出てくる風は温かい。

ブロアーで床掃除ヘッドに風を送ると、どういうわけか抵抗がある。
マイナスドライバーを突っ込んでみると、ホコリが満杯だ。
ヘッドのホース側、床側にドライバーを突っ込んで、ホコリを掻き出し、
最後に使えなくなったペンをホース側から突っ込んで、またホコリを掻き出した。

ヘッドのホースから大きなゴミが見つかった。
パンの袋を縛っている例のタグと、[削除済み]の袋のかけらに、大量にホコリが積もって詰まったようだった。

ヘッドのホースを真っ直ぐにして、のぞくと、横長に光が見えるようになった。
そしてダイソンのハンディクリーナーが復活した。

ここまで、ダイソンの掃除機の修理はまるでラジコンの修理でもやっているようだった。
ダイソンはサイクロン部分やフィルターなども掃除が必要で、むしろ機械好きのほうが楽しく使えるようだと思った。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おしらせ

2019-04-05

フリーエネルギー技術のライセンスを変更しました

法的拘束力はともかく悪い副作用のあるライセンスよりも使ってほしくないことを明示しました。

2018年12月以前にブックマークした方へ

記事のURLが手違いで変更され、

blog-entry-***.htmlの***の番号が多くのページで5ほど前へずれています

お手数ですが修正してください。

googleの検索インデックスが壊れてしまい、復旧不能らしく、
いろいろなページが検索結果と食い違うので、サイトの移転をしています。

新リククーブログ

旧リククーブログは今年中には閉鎖するつもりです。
コピペ保存及び新ブログに移した記事をよろしくです

アクセス解析による広告

    プロフィール

    トロポサイト

    Author:トロポサイト
    社会の落ちこぼれ。
    皆がよくできることはへたくそ。
    だれもやろうともしないことは、できる。

    多く見られた記事

    記事の種類

    フリーエネルギー技術のライセンスについて

    当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、

    詳しくはこちら

    検索フォーム