FC2ブログ

記事一覧

FontForgeでJIS X 0213を使えるようにする

Fontforgeは日本語のエンコーディングをサポートしていますが、
種類がShift_JISとJIS X 0208とJIS X 0212で、最新のJIS X 0213はサポート外ですが
何とかならないかと
そこで、やっと見つけたのがG-HAL氏(anthyの強化で有名)のパッチですが、
どうもこのページにある指示通りやってもうまくいきません。

そこで、うーんと、手動でコンパイルしようとして苦労したんですけれど、
どうやら、ソースの解凍ディレクトリで./configureして、
plugin/のMakefileの

PLUGINS = gb12345.la


この行の最後にスペース付けてfontforge_plugin_jisx0212_jisx0213.laと追加して
plugin/でmakeすると
plugin/.libsにできますね。拡張子が.soのファイルができました。よかった。
自分はslackwareで自分でビルドしたので、パッケージ作って
/usr/local/share/fontforge/pluginsに突っ込みますね。
でました。JISX0213のメニュー項目が出ました。

ついでに、こっちでもパッチをffpjisx0213.txtで保存したので、
G-HALさんのサイトがダウンしたら取ってきてください。ライセンスも書いてあります。
これを使う場合、拡張子を.cにしてから、ffpjisx0213.laかな?

●Fontforgeってなに?
フォントを自分で作れるソフトです。
無料で手に入ります。
組版の知識がちょっと必要です。
それから、たまに落ちます。
それでも無料でフォント作るにはこれしかありません。
無料でもちょっとひねった機能が入ったりしています。オープンソースだし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

HTTPS化失敗

現在ページのURLのblog-entry-???などの番号がずれています。

2018年11月までの多くの記事で5番前にずれています。初期の記事の一部は2,3ほどずれています。

申し訳ありませんが修正の上、再度ブックマークしてください。

カテゴリーや月ごとの投稿、コメントは正しいです。

検索エンジンを使う際は、もちろんGoogleのほか、WindowsのBingも結構つかえます。

プロフィール

トロポサイト

Author:トロポサイト
社会の落ちこぼれ。
皆がよくできることはへたくそ。
だれもやろうともしないことは、できる。

多く見られた記事

記事の種類

フリーエネルギー技術のライセンスについて

当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、
11月8日 2018年 12:30 JST以降に取得されたものは
世界の情勢を鑑みて
GNU財団の定めるGPLv3での提供になります。

詳しくはこちら

ええ普通の永久機関のような機密保持契約ではありません
秘密に してはいけない というライセンスです。

商用ライセンスも受け付けていますが、
そんなにうまいこといっていません。

検索フォーム