FC2ブログ
2010/12/11

面白いPDFまとめその2

Jコミ!
例のただでマンガが読めるサイトですよ。
広告がはいります。自分の倫理観では小中学生向きじゃないです。

コーラ噴火実験マニュアル
もうメントスコーラ[検索!]のブームは終わったようですが、子供さんとたまにするのはいいでしょう。
アメリカで売っている「ダイエットコーク」が一番吹き上がる。

一橋祭研究2010「『鉄道趣味』を旅する。」
大学の鉄道マニア自身が鉄道マニアの生態や種類を語りまくる!
このサイトにはほかにもマニア向けのPDF資料があります。

『扇風機』
今の促成栽培みたいな設計開発は心がこもらないといってます。
ここは考えさせられますね。うーん。

トランジスタ・ラジオの開発の物語 鹿井信雄
ここには短く載っていますが、今じゃ当たり前のテクノロジを作った苦労はかなりの物です。

IBM 無限大について
大企業の社員に配られたりする小冊子のシリーズはなかなか面白いです。その中の一つがこれです。

近年における国内のポルターガイスト事例調査
日本超心理学会ですって!こんなことを研究する人がいるモンですねえ!




コンピューター系

ワープロ発明者の知られざる末路
今の日本を支えているのがかな漢字変換ですが、最初に開発した人たちの伝記。
PDFではないけれど>東芝ワープロ「日本語ワードプロセッサ JW-10」開発正史 というサイトもあります。

検索エンジン最適化 - Untitled
はい。これ読んであなたのサイトを強化しましょう。
検索エンジンの上位に乗るために躍起になるサイトの多い中、Googleがついに出しました。
当たり前でもなかなか難しいかなこれ

ウィキペディアの目的とは何か
これに簡潔にうまくまとまっています。編集するときの心得になります。
return 0; というのは、プログラミングにおいてある作業を正常終了しましたというサインをおくることです。

情報推進機構:情報セキュリティ

ここのサイトのいろんなところにPDFが隠れていて、
PDFの検索でセキュリティとかのキーワードでよくこのサイトのPDFが引っかかります。
ここみれば一からセキュリティーポリシー考えずに済むかもしれません。
私は、ここの『セキュア・プログラミング講座』をダウンロードして、
みてみましたが、
コンピューターウイルスは手品のように入ってきて情報を取ってゆくものですね。
むずかしい!

MMRC DISCUSSION PAPER SERIES Linux ディストリビューションの比較
なんで、Debianを尻目にUbuntuが急速に普及したかがわかります。
うーん、金の力は大きいです。




自分で検索するときは、filetype:PDF というキーワードが使える検索エンジンがいくつかあります。
googleはPDFを検索するとくだらないものばっかり出てきて・・・
そんなときは、Google Scholarというサービスがいいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント