FC2ブログ
2011/02/13

QtBsch3VをQt4.7.0でビルド

追記!github infomationsea/Qt-BSch3V-Modifiedを忘れていました。有志がメンテナンスしています。Qt5もつかえるそうです。
また回路部品ライブラリ(.lb3ファイル)も有志が作っています。

ソースコードはたまにメンテナンスしないと最新のコンパイラが受け付けません。
15年前のバイナリが動いたりするOSにみんなは食いついてしまう。
水魚堂の回路図エディタのページの、そうLinuxやMacでつかえるQt版が
数年前からメンテナンスが止まって
コンパイルするとなにかエラーが出ます。
moc???
これは何だ、mocはQtのウィンドウの設計図だっけ?
それをなにかプログラムが自動的にC++のソースにするんだっけ?

gcc:4.5.3 Qt:4.7.0 glibc:2.12.2 slackware-currentの環境でGO

QtBsch3V

Qtbsch3Vを
解凍したディレクトリから
$ cd qtbsch3v
$ qmake
$ make mocclean
$ make mocables
$ make

これでできました。

QtLcov

qtlcov/coord.hの頭の適当なところに

#include<stdlib.h>
#include<limits.h>


をつけて
qtlcov/application.cppの1080行目の

action->setData(QVariant::QVariant(n));



action->setData(QVariant(n));


にしますと、普通にビルドできます。

QtNlist

qtnlist/nl3c/coord.hの頭の適当なところに

#include<stdlib.h>
#include<limits.h>


をつけて普通にコンパイル。

QtNut

qtnut/bsch3com/coord.hの頭の適当なところに

#include<stdlib.h>
#include<string.h>
#include<limits.h>


をつけて普通にコンパイル。


これで回路図ツール群は一応使えると思います。
(g++がいっぱい警告出すでしょう)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント