2017/10/31

理想ダイオードモジュールは いらない


理想ダイオード?素晴らしい。ダイオードの機能がありながら順電圧がほぼ0Vだと。
しかし値段が高めだ。

そういえば昔、ミニ四駆をやった人が電子工作とかロボット工作をやっているでしょう。
夢パーツと言って、すごい科学的に効果がありそうな触れ込みで宣伝されながら、まるでだめなパーツがいっぱいあった。
あのときレブチューンモーターを掴んでいなければ、私の未来はもっと明るかった・・・
逆に公式大会では罠がいっぱいあり、それをくぐり抜けるのに使うのが、「ウェイト」「マスダンパー」「ゴムブレーキ」なのだそうです。
ある条件下では理想ダイオードの代わりに使える
サイリスタ・・・忘れ去られ、若いエンジニアはたぶん知らない、鉄道マニアがGTOサイリスタで駆動する電車のモーター音が心地よいなんてオーディオオタクみたいなことを言うデバイスです。
やはり3端子。アノード、カソード、ゲートがあり、 ゲートとカソードの間はダイオード。
そこに順電流を流すとアノードとかソードの間に順電流が流れるようになり、その順電圧が理論上、0です。
で、カソードからアノードに電流を逆流させると、もちろん通りません。このとき、もう一度ゲートから順電流を流さないとアノードとカソードの間に電流は通りません。

サイリスタ、私の実験では未知の逆導通モードがあるらしく、とにかくこれを理想ダイオードとして動作させるには、
アノードとゲートの間にダイオードをつけて ゲートからカソードにだけ電流が流れるようにして、
アノード、カソード間を使ってみてください。
一瞬だけ順電圧が1.2V必要です。あとは順電圧が0です。整流用でなく太陽電池などの逆流防止用なら、ちょうどいいでしょう。
もちろん50,60Hzの整流でも十分です。
問題は、大きい電流なら、MOSFETに制御回路をつけたほうが小型で高速になる、ということですが、
理想ダイオードモジュールは、いらない用途があることをがってんしていただけたら。

また、近年はゲルマラジオ向けに順電圧の非常に低いダイオードが出回っています。
だが大昔のゲルマニウムトランジスタのC-B間ショートでダイオードとして使うのが抜群に良いらしく、
わずか0.15Vで明らかな導通が見られるらしいです。
訂正:B-E間最大逆電圧VEBOが間に合えばトランジスタも選択肢になるかもしれません。

サイリスタの未知の動作モードって言ったよね?

2017−11−1 これを探るためだけの実験をしました。
サイリスタの未知の逆導通モード
手元の東芝SF10G41で実験して、判明したのが、
カソードが単3三本直列の電源+に アノードが負荷の豆電球へ 負荷は電源-に つなぎ、
ゲートを抵抗器15Ωでカソードにつなぐと、電流が流れるが、その抵抗器の電流が負荷に流れるらしく、
抵抗器が熱くなり負荷の豆電球はわずかに光る。
カソードとゲートをショートすると、電球は電池直結と同じように点灯する、
ゲート電流を切ると豆電球も消える
といったものです。なかなか複雑です。
2017/10/30

古い家電を治す方法:積セラを再加熱

今年まで私のDELL VOSTRO 1000という2006年モデルのパソコンが現役だったのね。
それ、特定箇所の積セラ(積層セラミックコンデンサで検索)がよく壊れるという噂だったけれど、
私のは分解してメーターを当てようが半田鏝でいじっていても、異常は見られなかったのです。あれは何だったのだろうか。

実は、セラミックコンデンサの類いの経年劣化は、その容量がほぼなくなる125度以上まで一旦熱すると、リセットされます。
つまり半田ごてで適当に半田が溶けない程度に積セラを触れば、冷めたときに容量が回復して電気製品そのものが治るわけです。
これは古い計測器やオーディオのセラコンでもできると思われるが、
最近の超小型の積セラはさらにこの傾向が強いので、壊れる前にやってもいいぐらいです。
なおくれぐれも通電中にこれをやらないでください。逆にエレクトレットになったりして特に小信号回路とか逝かれて見たことない故障モードになっても知りません。いや、何も妄想なんてしてないんだからね!!

試しに私の古いオシロスコープ VP-5220A これはまだ動きます。 でもやってみると
起動してから輝線の出るまでが早くなりました。
2017/10/28

EMC対策から電磁気学の限界を問う

低インピーダンス損失線路 ekouhou.net
この特許を見てほしいです。デジタル回路の信号はまったく不連続の孤立パルスであって、
それに、いつまでも連続して同じ波形が流れる、周波数の理論ではEMC対策に限界があると言って、
わざと交流理論から基本的な式に戻って、コンデンサを長ーくして基盤配線にしてしまった。
驚異の低インピーダンスはデジタルオーディオに間違いなく最適でしょう。

この特許の技術を買わなくとも、絶対にこの考え方は将来、押えておきたいです。もう周波数の時代ではないです。
周波数による研究や、オーディオを始め、もうやり尽くしているはずです。
2017/09/30

リンギングのないインダクタは作れるのか

スイッチング電源とか、パルス技術がよく使われるようになりました。
周波数やベクトルなんかでわからない世界ですが、はっきり言って逆に電気基礎Iを踏まえていれば十分にできるものです。
で、スイッチを切るとなんか正弦波がブーンと出てくる。なかなか止められない。
回路の中のLとCが共振してしまう。でも周波数の考え方で止められるとは限らない。

インダクタの巻き方をバイファイラにして、2つの線の接続は直列にしましょう。
すると何故、リンギングがあらかた消えている。どこへ行ったの?
なお高電圧巻線ではより絶縁破壊に注意が必要です。

ええ。なんの実験でこの効果を見つけたか、内緒にしておきます。
なんでも100ターンのコイルをこのバイファイラにしたら巻線どうしの容量にかかる電圧が50倍で、2500倍のエネルギーが蓄えられるなんて、言っている人がいるんですよ、実際はその容量がどこかに消えたのです。

#こんなくだらない技術中国にパクられるぐらいなら公開したほうが日本のためにはマシだ
2017/09/24

アルカリ電池を充電するには太陽電池が一番?

当方、アルカリ電池を充電する作戦をやっています。
MAXELLの古い電池をデジタルテスターで使い果たして自作の太陽電池装置で
2.7Vまで充電したところ、全く液漏れなし
金パナの充電が無事終わったら写真もアップしたいです。
20170930 金パナは順調に充電中だがやけに大食いだな
20171005 金パナは全く1.5Vまで充電される気配がないし、電池テスターでもだめだった。アルカリ電池の充電は安物のほうが良さそうだ。
20180320 そうだ。この前紹介した単純な充電回路はまるでダメだったんだ。すみません。

実は私の太陽電池装置は、太陽電池+逆流防止ダイオードが 電池と直接つながる仕組みです。
電圧が規定まで上がったらトランジスタでLEDの集団に電気を横流しするので、
電池の電圧は痛むまで上昇することはありません。
当方では低電圧CMOSオペアンプを使っているのですが、
詳しくは「シャントレギュレータ」で検索して
シャントレギュレータ - Wikipedia
だいたいwikiの図の回路で構いません。しかし太陽電池は電流源のため、R1が必要ありません。Qのコレクターと+の間にLEDをいっぱい並列に仕込みます。

カーっとたくさんのLEDが点灯すれば、いくら直射日光の中でも充電されたと否応でもわかります。
こんなのでアルカリ電池が再充電されちゃったらなんてことだ
もちろんエネループも同じように充電されます。

また、18V出る太陽電池で8.4Vの006PNi-MH電池を充電し、12Vまでたまってしまいましたが、なぜかその電池はいたんでなく、何事もなく使えたことがあった。太陽電池の力とは一体?

リククーブログは熱エントロピー減少を推進します。