FC2ブログ

記事一覧

FontForgeの新しいサイト、新しいバージョンが出来たのを知ってる?

FontForgeは無料で使えるほぼ唯一のフォント製作ソフトだけど、不安定でよく落ちてデータが飛んでしまう。何かちょっとしたことで落ちてしまう、そんなソフトでした。しかし、http://fontforge.github.io/en-US/これを知っていますか?まだ工事中ですが、ここではなんと2014年にリリースの全く違うfontforgeがあるのですね。変な独自UIからある分野でよく使われるgtk+2の機能を使うようになりました。全く安定して動きます。落ちま...

続きを読む

かったるいフォント Nemukeフォント 完成

眠っていたプロジェクトが復活しました。フォントを作るプロジェクトです。ビットマップフォントをアウトラインにするときに、出てくる歪をそのまま利用したフォントです。肝心なグリフを付け加え、FontforgeのValidiateを苦労して通し、アップできる運びとなりました。Nemukeフォントと言います。技術情報についてはこちらのページを見てね。日本語フォントを自動生成する!某掲示板で有名な怪談 くねくね の話しの一節を、Nemu...

続きを読む

パソコンに奇妙な文字が入っている

今日は、あなたのパソコンに入っているかもしれない、とっても奇妙な文字を教えます。これらは、Google日本語入力かLinuxではmozcの文字パレットで調べることができます。MS-IMEでもIMEパッドのウィンドウの記号を押すと文字パレットが出ます。このような漢字変換で、「きごう」「すうがく」「やじるし」「ほし」「はーと」「ゆき」「ちぇっく」などと入力すれば、変換候補の奥の方に出てきますので気づいてね。それでも出ない文字...

続きを読む

Linuxの環境でUnicode私用領域に変な文字

注意:WINDOWSではこの現象は起こらないはずです。Firefox10.0では再現しない?えー、私用領域(勝手にユーザーが文字を決められるエリア)に入っているので、自分は、slackwareを使っています。これは素のLinuxに近いので、この現象はディストリビューションの種類によらないと思われます。まずはこのページをみて。なあにこの文字?どうです?電卓やデジタル時計に出るような数字が出ましたでしょう。しかも、2ケタで一文字です...

続きを読む

FontForgeでJIS X 0213を使えるようにする

Fontforgeは日本語のエンコーディングをサポートしていますが、種類がShift_JISとJIS X 0208とJIS X 0212で、最新のJIS X 0213はサポート外ですが何とかならないかとそこで、やっと見つけたのがG-HAL氏(anthyの強化で有名)のパッチですが、どうもこのページにある指示通りやってもうまくいきません。そこで、うーんと、手動でコンパイルしようとして苦労したんですけれど、どうやら、ソースの解凍ディレクトリで./configureして、p...

続きを読む

おしらせ

2019-04-05

フリーエネルギー技術のライセンスを変更しました

法的拘束力はともかく悪い副作用のあるライセンスよりも使ってほしくないことを明示しました。

2018年12月以前にブックマークした方へ

記事のURLが手違いで変更され、

blog-entry-***.htmlの***の番号が多くのページで5ほど前へずれています

お手数ですが修正してください。

googleの検索インデックスが壊れてしまい、復旧不能らしく、
いろいろなページが検索結果と食い違うので、サイトの移転をしています。

新リククーブログ

旧リククーブログは今年中には閉鎖するつもりです。
コピペ保存及び新ブログに移した記事をよろしくです

アクセス解析による広告

    プロフィール

    トロポサイト

    Author:トロポサイト
    社会の落ちこぼれ。
    皆がよくできることはへたくそ。
    だれもやろうともしないことは、できる。

    多く見られた記事

    記事の種類

    フリーエネルギー技術のライセンスについて

    当ブログによって全く新たに開示されたフリーエネルギー技術は、

    詳しくはこちら

    検索フォーム