2018/05/31

熱で充電する電池の真実とは

そう、充電池から無制限に電気を取り出すなんて、無謀なことを考えたものです。
確かに充電は金属の脱水反応ですが、室温でニッケルから水が離れるなんてそんなに起こり得ない
何をやっても段々電圧が減ってしまう

しかし、どうも電圧が減らない方法があるらしいので。
それは、電圧が上がると負荷に電気を流し、下がると止めるアナログフィードバック回路において、
負荷に圧電ブザーをつけて、ホワイトノイズがあるポイントで電圧基準を調整するのです。
もしくはピークホールド回路とコンパレーターを使い、コンパレーターの方で電圧オフセットを調整するのです。
つまり、電池なのに出力はランダムノイズの脈流になるみたいなのです。
これは乱数発生器と抵抗器の熱雑音によく似た現象です。
単3VOLCANO(1.45Ah)のばあい10〜20mAはとれそうですが、ランダムノイズなので評価は難しいです。

ところでこの回路は作動するのか?
この回路は作動する
レールツーレールオペアンプは抵抗器に電流が流れるとすかさずFETをOFFにするようにつくった
が・・・
抵抗器には思い切り電流が流れ、満充電で4Vを超えるVOLCANO3直列に対して、3.4〜3.6V程度の電圧がかかり、
なぜか電池の電圧も抵抗器の電圧も適当に変動している。しかもさっき電池の電圧が増えた。3.5Vから一気に3.7Vになり、また減っている。
この回路は何だろうか。何を引き起こす回路なのか。普通なら電源電圧が常に上昇する時のみ作動するはずなのに。
→またしても回路間違い 上のオペアンプの入力が逆になっていた

降参


だめだ。春先にうまくいった回路でも、微分回路のほうも相当に努力したが、何をやっても、電池が減る。
温度の高い環境で電池が活性化しないなにかが今の電池には入っており、それこそが、熱による充電をなくしてしまうのです。
前の記事で書いたとおり、春先にて可能な実験であり、そうでない場合、
たぶん、一番最初に行った、ドイツ人の熱で充電する電池特許の実験が必要です。WO/2008/128406
オリジナルは負極が鉄錆とすず、電解質はマンガンとカリウム、正極が多孔質カーボンですが、
日本でやるには私が最初にやったような実験で、あらかじめ表面を錆びさせた鉄板が負極、電解質は水と減塩しお(塩化ナトリウム+塩化カリウム)正極は備長炭になるでしょう。
そしてこれまでに実験した回路はそのままこの電池の放電管理回路になるはずです。
なぜなら勝手に充電されるために放電して一定の電圧に保たないと、本当に故障するからです。

あれ?

かつてインダクタの回生で電池の性能が回復したようなことが起こっている。
実験に使った電池はなぜか充電時間が明らかに長くなっている気がするし、そのうちのいくつかは放電器にかけて容量がざっと1.5倍に増えている可能性がある。
フリーエネルギーこそは得られた確証がなく、得られてもわずか数mAだろうが
どうも一定の電圧(もしくは一定の時間が経つまで)まで放電し、また回復を待つという回路は、充電池のストレッチ回路であり、より多くの電気を飲み込んで吐き出す準備体操になっているみたいだ。
またラジコンマニアさんとかやってみますか?

まてない

2018/6/8
今日も適当なアイデアでいくつも永久機関回路やろうとして失敗しまくった。
待てません。
一刻も早く通常のクリーンエネルギー技術や、安全な原子炉の開発のニュースがみたいです。
それはみんながのぞむすぐ明日のための技術なのです。
当面の課題は大規模蓄電システムでしょう。知識も経験もコストもより少ない、災害、戦争や文明後退に耐える、持続的に管理できる制御回路もお願いします。
再び回転変流機やアンプリダインなどが出現するかもしれません。

なんと

何をやってもうまく行かないと思っていたら、CMOSオペアンプ NJU7043が傷んでいて、これ自体が結構な消費電力を持っていた。
いや2SK4017も何個も壊しているし、どうも精密CMOSデバイスは苦手だ。ちなみにP型MOSFETとロジックICはめったに壊さないのも不思議だ。
夏でもこんなに静電気体質である覚えはない。とりあえず高耐圧FETとオーディオ用オペアンプを持ってきた。


[LICENSE]本当に誰もが必要とする技術は誰かが権利を独占することはできないというのがこのブログの姿勢です。公知の技術になるでしょう。ドイツ人の特許も日本では平成24年に拒絶査定されています。
2018/05/24

電車の異音発生が多い

JR東日本の管内に住んでいるのですが、最近は電車の故障が多くなりましたね。
この前721系の変圧器が燃えたが、一次側20kVで最低800kVAもあろう変圧器が屋根に乗るほど小さくなるのだと思いました。
首都圏でも自殺に混じってたまに電車そのものが故障しますね。

日本製の品質が危ないの記事で書いたとおり、日本の技術教育は狂っている。
もはや子供はゲームさえできればよく自分で作り出すことをダサいと思っている。
先生も説明できない。やる気がない。実験は指示通りだから自由な研究ではなく、ひいてはとっさのトラブルには無力。
そうです、残念だが、テクノロジーがどんどん進歩するに連れ、その保守点検にはますます多くの難しい知識が必要になる。
そして力仕事ができる工業高校の生徒は技術をやる気がない。
実はそう、日大アメフト部のハラスメントは他の体育会系の部活でもよくあると叫ばれていますが、もはやロボット研究同好会でもそうなのです。
日本人は文系だったり、体育会系の人が多いので、難しいことはできない。
VVVFで直流モーターのブラシの交換はいらなくなったが、とにかく電車自体がハイテクで難解になった。
信号設備もそう。よく信号トラブルがある
もはや反日JR労組は難しいからわかりませんでしたと言い訳できるでしょう。

もう一つ。私はE233系のドアを開けっ放しにする方法を知っている。脆弱性の放置はたまにある「ドア故障」で電車が止まる事態に直結します。

では、どんな技術の進歩がいいのか。それは同じ電車にあります。
ボルスタレス台車はかつてのコイルばねがたくさん表に出ている重たい台車よりかんたんな仕組みなのに、乗り心地は格段に良くなっている。
こんな技術の進歩、
もう一つは「ガンプラ」です。現代のガンプラはとても作りやすく、接着剤もいらない。塗装をしなくてもそれなりに見える。アニメのガンダムやザクそのものに見える。
若い人は昔のガンプラと比べた記事を見てみてください。
また信頼性を考えると実はオーバーランE235系ではなくE233の時点でハイテクすぎると考えていいでしょう。
かんたんに実現できることをわざわざ難しくやるという、コンピューター運転・信号システム、VVVF周りも1990年より多分余計に複雑になっているでしょう。
今の電車は徹底的にネジを隠しますが、お客様はそんなにネジにこだわってはいないと思います。
今の工業デザインは穢れのない理想的な人間をイメージして作っているようだが、実際の人間は混雑で結構悩ましい毎日を送っている。そうするとデザインと人間が不似合いになってしまい車内で落ち着かない。
クールデザインではなく心理学的な効果ももたらすべきです。

また、他の乗り物も同様です。車もハイブリッド車やe-POWERで電気で走る時代です。トラックも排気ガスセンサーなどいろいろな装置がつきました。自動ブレーキは完全な自動車のコンピューター制御を意味します。
こんな時代に整備士は対応できるでしょうか。整備士が対応できる車を作っているのでしょうか。
トラックの場合だと直せる整備士は排気ガスセンサーを掃除すれば部品交換の手間が省けるという、知識があるのです。
また工場などの大規模システムもコンピューター化やIoTです。

私の難解で高度な素晴らしい作品ができた!という開発者のエゴは結構です。これからは技術はみんなのものです。
難解で高度な技術は保守点検など様々なコストを引き上げて、ますますお金がかかり、とんでもない知識を要し、環境を汚します。
ハイテクなどではなくいったんできてしまえばやり方が受け継がれる程度の技術を多く使うべきです。
JR北海道の新型H100はシリーズハイブリッドですがインバーターの音が聞こえません。おそらくこんなしくみ
12相の誘導モーターは一度回ってしまえば単相、また2,3,6相でも動かせるので配線をつなぎかえればトランスミッションになる。変圧器のタップと組み合わせると多段制御ができる
打ち捨てられていたような簡単な技術を使えるのは実は日本人です。海外に抜かれている通りハイテクが得意ではないのです。本来は簡単に大きなことをやってしまうことが日本人の神髄なのです。それは脳の力ではなく心の力なのです。

もしあなたが整備担当なら・・・おそらく、コンピューターの知識が必要です。まずアナログ量を数に変換して、オルゴールみたいに命令通りの手順で人間の意図した処理をやって、出力も最後はアナログです。
自宅のパソコンの分解やメモリ・HDDの交換、CPUの交換もやってみましょう。
デスクトップなら中を開けるとまず大事なのが掃除。それから何か挿せそうなスロットがあるぞ・・・
今の機械はパソコンやスマホに手足がついたような仕組みになっています。
フィードバック制御やPWM、コンピューター自身の内部計算などのアルゴリズムも覚えたほうがいいでしょう。
それからインターフェースといってコンピューターが外部から情報を集め、外部に出力するための仕組みも知識が必要です。車のエンジン制御や電車のVVVFはもはやコンピューターのインターフェースの一つなのです。
マイコンの端子にモーターをつなげれば即回りだすということはない。むしろマイコンが壊れます。インターフェースは外部になにか働きかけるための手足になる。
USBみたいに都合よく挿せば認識とは限りません。昔のコンピューターのままの部分も多く、Z80の知識もどこかで役に立ちます。
更にセンサー自体までマイコンを搭載してデジタルデータにして送信してしまいます。
コンピューターの暴走の知識も必要です。電源装置や冷却が不安定だともうとんでもない動作をします。プリウス、アクアには噂が多いが、整備不良でコンピューター暴走ならありえます。端子の接触不良でも一大事です(NHKロボコンでよくある)。コンピューター周りはかなりやわで精密なので気をつけてください。
2018/05/21

リククーブログのURL変更

https://rikukuu.blog.fc2.com/
にこのブログのURLが変更されました。
プライバシー対応の時代に適用しましたが、このブログはトラフィック監視を逃れると潰される可能性もあるので、試験的です。
なのでHTTPのリダイレクトは302となっております。
追記:どこからなのか詳しくは言いませんが やはりHTTPSでも誰かがトラフィックを見ているのは間違いないようです。
だからってTorを使うと他人の犯罪が自分の罪になったりする。
とにかくやましいことはしないのが肝心だし、やましいことをしていないのなら、堂々と監視を受け入れるしかないでしょう。
せめてLinuxを使ってみませんか?
2018/05/19

その高性能本当に必要だったの?

100%自分の話
Windowsがどうも調子が良くない いつも何かやっているせいでやりたいことができない
パソコンにArch Linuxを乗っけて、使いたいように使いたい
私のパソコンは2018年5月で全部 メモリ8GB CPUはターボで3GHzでPassmarkスコアが2500を超えている
Passmarkスコアは一番安いパソコンで700ぐらいが普通
新品だった頃は中堅クラス以上の製品

どうせなら、LinuxにSSDを搭載してしまえ
更にfirefoxやChromeのアクセス情報はprofile-sync-daemonでメモリ上だ。
DNSもパソコンにキャッシュしてもらおう。DNSをいちいちプロバイダーに引いてもらうのは迷惑らしいし
もう何も速度の低下がない

三日後
SSDはチョー速い なんでもサクサクだ。
インターネット閲覧も激速だ
なんて幸せなんだろう

3ヶ月後
はあ。
10分も無駄にできない。インターネットを急いで色んなサイトを見まくって
知識を蓄える欲が出る。しかし今のインターネットには大した情報はすぐにはやってこない
昔からやってきた私は更に焦る。パソコンは激速なので直ちにページを出してくれる
速読しまくる どんなニュースを見るかはもう「誰が」決めているのかすらしらない とにかくクリックだ

1年後
気がついたら、5chとかアンチカルトとか日本批判ブログとか某財団とか、暗い情報だらけを見るようになっていた
ポン子は1時間まるまる取られるから見たくない。気がついたらまた気味の悪い動画を見ている
風を引いたり疲れたり歯が痛かったり 時間を使う感覚にもう余裕がない そして嫌なコンテンツを見る
LinuxをHDDに載せ替える。しかもUSB2.0接続で、転送速度が出ない。オンメモリのアクセス情報はやめた。ちょうどいい速度が幸せ
そうだ・・・HDDにLinuxを戻したのは今回だけではなかったはずだ!
Xorgの画面描画をGPUにあっていないmodesetドライバーにしたこともあった!

どうでしょうか。
自分の精神にあっていない高性能というものが存在するのです。
ちょうどいいパソコンを選ぼう。パソコンだけでなくきっといろいろな機械に自分にあったものがあるはず
どうもこの心の幸せのためにパソコンの部品を選ぶという見方をしている人はどこにもいないことがわかったが
これからは必要だと思われるので公開しました
逆に必要だと思われる装置を作っているチャンネル>https://www.youtube.com/user/mudadukuri 結構幸せになるでしょ?
WindowsにSSDは標準搭載のパソコンも増えているから、似合っているでしょう。
LinuxにSSDは悪魔的な速さだ Linuxのネット民の主な使いみちは「古いパソコンの再生」
ガチの研究やサーバー目的でないただのネットユーザーは現役バリバリのパソコンのSSDに入れて無茶苦茶
ガチのPCゲーマーはOptane買おうぜ!

この問題のより良い解決策

はい。この問題はノートパソコンに「マウス」をつけることで解決できそうです。
ダイソーの青色LEDマウスがすごいカーソルの反応が早くて、すばやく次へ行けるので、上級者にはいいですね。
あと大事なのがスクロールホイールで、滑り止めがなくて力を加えるわけにも行かず、Linuxではゆっくり動かしてゆっくりスクロールするようになったらこれが効いて安心して使えるようになった。
USB2.0のままだがSSDとbtrfsの圧縮ストレージに戻すことができました。
dispcalGUIでICCプロファイルをもとに画面のいろを調整できたのも
カーネルコマンドラインに"amd_iommu=fullflush pci=ecrc=on"をつけて高速でエラーのない設定にできたのも良かったです。
つまり良い馬には良い鞍を スポーツカーには運転技術を 良いパソコンにはよい画面やマウスやキーボードを というわけです。

ついでに
Steamに昭和30年代を再現したゲームが出現、大きな盛り上がりになっているようです。
その画面サンプル動画を見て涙が出そうになった。俺は日本はいい国だと思って生まれてきたのに、その雰囲気や波動はなくなり、魂が隣人とバトルする修羅場になっていた
私の生まれる前のもう一度あったかい昭和みたいにするには、いろいろな工夫が必要で、モノや金、豪勢な旅行、権力を手に入れるのをやめて、そこそこの暮らしでみんなと仲良くするのが必要です。
学力も必死で手に入れようとすると心がついには壊れてしまう時代です。それにそこまで苦労してその後がよくなるとは限らない時代になったのです。受験戦争は魂を狂わす異常なものであり、しょっちゅう嘘が教科書に書いてあり、先生は嘘も教えます。
現代の弱虫はこうした世の中に耐えなければなりません。
どうでしょうか。昭和30年代はどんどんダムや電灯、鉄道や道路が整備され、自然が残っていながら、一応の暮らしはできるようになっていく時代だったのです。
テクノロジーも、自分の心をだめにするものはさっさと捨て去るのが大事だ、ということなのです。
2018/05/18

自然エネルギー、フリーエネルギーの時代の心構え

これからは太陽電池、風力、水力、その場でエネルギーを自然界から取得し、蓄えて、みんなで使う時代が来ています。
ドイツではもう環境に優しいエネルギーの研究が進んで、太陽電池はいろいろなうちにあり
アパートは高性能断熱とエンジン自家発電で空調がそのエンジンの排熱で動くので、すでに熱効率はほぼ1なのだそうです。
吸着冷凍機の技術があり、エンジンの排熱で冷房などお手の物でしょうね。

しかし、日本でもう一度言っておかないといけないことは、こうした自然エネルギーは決して自然界や社会に死をもたらしてはいけないものだということです。

20世紀の戦争でどの国も大量に石油を使いました。大東亜戦争は石油の輸入が止まったのも理由のひとつ。
石油は森のものではなく地下から汲出す鉱物資源だった。 石油は人間だけが汲み出せるので人間に与えられた燃料の側面が強い。
残念だがウランも人間だけが取り出せて使える。人間が核戦争で瀕死になってきたのは現代だけでなく神話に描かれているのだそうです。人間の我欲で人間だけが何度も滅ぶようにできているのです。地球にはわざとウランが用意されているのです。

自然エネルギーなど、いろいろな生命が使う、宇宙から与えられたエネルギー、を出し続ける機械は、このような戦争に使われるのが嫌いでしょう。
そうなったら侵略する方では出力は低下し、安定せず、軍隊はかっかいらいら 更に自然界の創造的なエネルギー(生命力や負のエントロピーとも言う)を破壊に使うと、石油よりも大幅に業(カルマ)を食らい、国がボロボロになるでしょう。

つまり、物事には側面がある。石油やウランを使う代わりに人間は、自分たちだけでなく自然界とともに生き我欲による争いやエネルギー枯渇をやめなければならない。

これらができるようになって、初めて、ついに直接熱から電気を取り出すような永久機関が普及できるのです。
まず、日本人の心を省エネのエコにする必要があるのです。